【本を読むと眠くなる?】「活字を読むとき」に眠くならないようにする5つの方法

スポンサードリンク

活字を読むと「眠くなってしまう」「ウトウトしてしまう」そんな方は多いでしょう。それはただ単に「疲れているから」「睡眠不足だから」という理由だけではありません。

活字に触れるとき、たとえば読書をしているときに、「つい眠ってしまう」ということにはきちんとした理由があり、対策をきちんとすることで改善することができます。

読書週間や活字に触れる機会をえようとしても、眠くなってしまっては時間をムダにしてしまうだけになってしまいます。今回は、寝てしまって時間をムダにせず、しっかりと活字に触れる時間を確保するための5つのヒントをご紹介します。

 

なぜ、活字に触れると眠くなるのか?

OOK9V9A6886_TP_V

(1)単純作業だから

 

読書しかり、資料を読み解くのもしかり、「活字を読む」というのは単純作業であるということができます。人は、基本的に単純作業をすると眠くなってしまいます。

特に、活字の場合は「読み飛ばす」「わからないところは無視する」という無意識がはたらきやすいと考えられるため、集中できなくなったり、眠くなってしまったりということは当然起こりうるのです。

 

(2)リラックスしてしまうから

 

読書などは特にそうですが、シゴト中であったとしても、活字に触れているときの身体は「リラックス」しているといえます。姿勢を崩して頭と目に体力を回し、活字に触れるためのパワーにしているからです。

ですが、その体力を持っているはずの頭と目が「活字慣れ」していないと、身体が眠くなってしまいます。こればかりは、活字に触れる機会を多く取ってなれるしかありませんが、「そのような状況に陥らないための方法」を実践すれば、眠くなる状況を避けることができます。

 

(3)「難解」な単語や文章が出てくるから

 

活字というのは、画像や動画と比べて、「情報がイメージとして伝わりにくい」表現方法です。当然、書いてある言葉、乗っている言葉の意味が分からなければ文章の意味を理解することは不可能でしょう。

そして、自分にとってわからない情報が増えてたまる一方だと、理解するどころか「思考停止」してしまいます。要するに、「単純作業」をしていることと、ほとんど同じになってしまうのです。

 

さて、なぜ活字を読むと眠くなるのか、3つの理由を紹介しました。

読書するとすぐ眠くなってしまったり、「活字」に対する耐性があまりなかったりする人は、以上3つの理由のどれかに当てはまっているでしょう。

次に、そのような方々のために「眠くならない方法」について紹介していきます。

 

「活字を読む」ときに眠くならない5つの方法!

pexels-photo-228799

読書や資料を読み、その内容を理解しようとしているのに、体は眠気を増していく…そういう状況に陥らないように、今回は5つの「眠くならない方法」を紹介します。

 

(1)姿勢を正して読む

リラックスすると、人は「休憩」の状態に入ってしまいますから、まずは姿勢を正すところから始めましょう。

具体的には、「背筋を伸ばす」「机に座って読む」「外で読む」など、姿勢を正しかつ、姿勢を維持する場所に身をおいて「活字に触れる」ことが大切です。

 

(2)眠気やタイミングで読むものを変える

眠気があるときや、「寝る前」などは、「難易度の高いもの」を読むべきではありません。もし途中まで読めたとしても、後半の部分は読んだかどうかあやふやになってしまうこともあり、あまり読んだ意味がありません。

眠くなりそうなときや寝る前は、「難しい内容のもの」に触れないことが大切です。

 

(3)時間を決めて読む

「活字に触れる」時以外でも、「時間を決めて何かに取り組む」という方法は、パフォーマンスを向上させるうえで大変重要です。

特に、活字に触れると眠くなってしまう人は、時間を決めて、「時間に追われる」感覚を持って活字に触れることで、眠気を遮ることができます。

 

(4)「音読」する

実際に声を出して読む。もしくは、声をだせないときは「頭の中で”音読”する」という方法は、一定の効果があります。

読むスピードは落ちてしまいますが、寝てしまって多くの時間を浪費してしまうよりもよい方法といえます。声に出して読み、眠気の入る余地がないように工夫することが大切です。

 

(5)興味あるものから読む

眠くなってしまったり、思考停止してしまうのは「読んでいるものに興味がない」からです。さきほどあげたような「眠くなる」原因にもつながります。

また、興味のないものに関しては「知りたい!」という気持ちも起こりません。よって、内容的につまらないと感じるものには、あえて触れない工夫も必要です。

どうしても今読まなければならない資料などがある場合は、まずは興味がある文章や本を少し読んでから、「読まなくてはならないもの(本)」に触れるといいでしょう。

眠くならないためには、自分の興味を優先させることも必要です。

 

「活字嫌い」は人生の損失?

pexels-photo-55660

最近は、情報を得るうえで、必ずしも活字に触れる必要はなくなってきました。

画像や動画などのコンテンツや、「マンガで分かる○○」のような心理学の本や政治経済の本が増えているため、教養や情報を学び知るうえで活字に得意になる必要性は、一昔前よりも減っているということです。

しかし、やはり古典を読んだり、論理的な文章を読んだり、一次情報としての資料に触れる場合は、まだまだ「活字慣れ」しておくことが大切です。活字から得られる情報には、まだまだ価値があります。

「活字を読むと眠くなってしまう」…そんな人は、ぜひ今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね!

読書好き必見!読書をもっと快適にしてくれるアイテム5選

2016.07.31

また、書評や要約サービスを活用した効率的な読書もおすすめです。活字から得られる情報を大切にしていきましょう。

おすすめサービス!:一冊10分で読める! 本の要約サービス【フライヤー】

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。