【本を読むと眠くなる?】「活字を読むとき」に眠くならないようにする5つの方法

スポンサードリンク

活字を読むと「眠くなってしまう」「ウトウトしてしまう」そんな方は多いでしょう。それはただ単に「疲れているから」「睡眠不足だから」という理由だけではありません。

活字に触れるとき、たとえば読書をしているときに、「つい眠ってしまう」ということにはきちんとした理由があり、対策をきちんとすることで改善することができます。

読書週間や活字に触れる機会をえようとしても、眠くなってしまっては時間をムダにしてしまうだけになってしまいます。今回は、寝てしまって時間をムダにせず、しっかりと活字に触れる時間を確保するための5つのヒントをご紹介します。

 

なぜ、活字に触れると眠くなるのか?

OOK9V9A6886_TP_V

(1)単純作業だから

 

読書しかり、資料を読み解くのもしかり、「活字を読む」というのは単純作業であるということができます。人は、基本的に単純作業をすると眠くなってしまいます。

特に、活字の場合は「読み飛ばす」「わからないところは無視する」という無意識がはたらきやすいと考えられるため、集中できなくなったり、眠くなってしまったりということは当然起こりうるのです。

 

(2)リラックスしてしまうから

 

読書などは特にそうですが、シゴト中であったとしても、活字に触れているときの身体は「リラックス」しているといえます。姿勢を崩して頭と目に体力を回し、活字に触れるためのパワーにしているからです。

ですが、その体力を持っているはずの頭と目が「活字慣れ」していないと、身体が眠くなってしまいます。こればかりは、活字に触れる機会を多く取ってなれるしかありませんが、「そのような状況に陥らないための方法」を実践すれば、眠くなる状況を避けることができます。

 

(3)「難解」な単語や文章が出てくるから

 

活字というのは、画像や動画と比べて、「情報がイメージとして伝わりにくい」表現方法です。当然、書いてある言葉、乗っている言葉の意味が分からなければ文章の意味を理解することは不可能でしょう。

そして、自分にとってわからない情報が増えてたまる一方だと、理解するどころか「思考停止」してしまいます。要するに、「単純作業」をしていることと、ほとんど同じになってしまうのです。

 

さて、なぜ活字を読むと眠くなるのか、3つの理由を紹介しました。

読書するとすぐ眠くなってしまったり、「活字」に対する耐性があまりなかったりする人は、以上3つの理由のどれかに当てはまっているでしょう。

次に、そのような方々のために「眠くならない方法」について紹介していきます。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。