【雑談が苦手な人へ】”雑談する力”を高める5つのコツ

スポンサードリンク

営業でも打ち合わせでも、突然「本題」から会話を始めるのは、できるだけ避けたいですよね。

人と会うときは当然、「会う目的」があります。しかし、「雑談」から会話を始めないと、「信頼感」や「安心感」を相手との関係において構築することはできません。それが「不信感」につながることもあります。

でも、「雑談はニガテ」と感じている方は結構多いもの。そこで今回は、雑談する力を高めるためのコツを5つ紹介します。

話術や話題がない…そう感じている方が実践できる方法を解説していくので、ぜひシゴトや日々の生活で役立ててみてくださいね!

 

「雑談」はなぜ必要なのか?

question-mark-background-1909040_640

「株式会社Gunosy」が実施したアンケート「ビジネスパーソンの雑談力に関する実態調査」では、一般的なビジネスパーソンは「雑談力」に自信がないと感じている人の数が過半数を占めることが判明しました。

参考記事:ビジネスパーソン600人に聞いた雑談力に関する実態調査 「雑談力に自信がない」新入社員が約7割!

「自分には”雑談力”があると思いますか。」という設問に対して、ビジネスパーソン男女600名のうち、「あまりないと思う」「全くないと思う」が「58.6%」にのぼっています。

雑談の必要性を感じているからこそ、このようなアンケートに対する回答がネガティブになってしまっている可能性もありますが、一般的なビジネスパーソンは「雑談力」がないと感じていることが分かります。

そこで、「雑談する力を高めるためのコツ」を知る前に、そもそもなぜ「雑談」が必要なのかを知ることで、「雑談は必要なのかどうか?」をしっかり押さえていきましょう。

きちんと「理由」を知ることで、雑談力を向上させるモチベーションも上がります。

理由は3つあります。

 

(1)「アイスブレイク」のため

 

「アイスブレイク」という言葉を聞いたことがありますか?アイスブレイクには以下の定義があります。

アイスブレイク(アイスブレーク)とは、人と人のわだかまりを解いたり、話し合うきっかけをつくるためのちょっとしたゲームやクイズ、運動などのことです。初対面の場面だけではなく、ちょうどスポーツにおける柔軟体操のように、心をやわらかくして、会議などの席で人の話をよく聴く手助けもしてくれます。(引用:FAJ:特定非営利活動法人 日本ファシリテーション協会

気兼ねなく話せる友人や家族とは異なり、「会う目的がある会話」の場合(たとえば商談、会議、打ち合わせ)は、「話す目的」が決まっています。結論や解決策を導くために話し合いをするわけですが、前述のように「突然本題から」というのは、ビジネス上、好ましくありません。

そこで、上記のアイスブレイクは「会う目的が決まっている人」との間で役立ちます。お互いの不信感を取り除くためには、「共通の話題」つまり、雑談で互いを理解することが不可欠です。

 

(2)相手を知るため

 

アイスブレイクにも繋がることですが、何よりも「雑談」をすることで、相手のことを知ることができます。「相手は何が好きで、どういう生活を送っているか?」そういった素朴な疑問を聞き、本題の前に「一拍置く」ということ自体にも意味はあります。

しかし、それ以上に、相手を知ったうえで「本題に入る」ことは、その後の商談や打ち合わせの進捗をスムーズにしてくれるという効果が「雑談」にはあるのです。

 

(3)会話における「広い視野」を持つため

 

上記(1)、(2)は、「雑談」をする意味として”よくあげられるもの”です。しかし、それ以外にも、雑談をする理由としては「会話をすること自体」に意味があるということ。

具体的には、たとえば「営業先の人はどういう趣味を持っているか?」ということを聞いたとします。そうすると、自分が知らない世界の話をしてくれることもあるということになります。

それは、確かに当初の「会う目的」にはないことではありますが、自分にとっては「収穫」です。営業先で契約をとれる…ということ以外にも、こういった「収穫を得ること」にも楽しみや充足を得ることができれば、会話における雑談力が向上します。

そして何より、「自分の知っているものごとの視野」を会話を通して得ることができます。

 

「雑談力」を高める5つのコツ

idea-2123972_640

(1)「5W1H」で傾聴する

 

雑談をしようと力んでしまうと、逆に相手の話を聞きそびれてしまいます。それでは本末転倒ですよね。まずは、「聞く」「傾聴する」ということを意識しましょう。

たとえば、「週末の過ごし方」で会話をするとします。その際には聞き方が重要です。相手が「週末はゴルフに行く」という話をしたときに「そうなんですね!」だけでは会話が終わってしまいます。

こういった「休日の過ごし方」や「この後の予定」を聞くときは、「5W1H」をとっかかりにして、話をすると話が弾みます。

5W1Hとは、「いつ(when)」「どこで(where)」「なにを(what)」「なぜ(why)」「だれと(who)」「どのように(how)」のことです。これをもとに、質問を考えると楽に話を進めることができます。

 

(2)相手の情報を知っておく

 

あらかじめ「相手のこと」に興味を持つことで、会話の幅はグッと広がります。そのためには、相手のブログやSNSなどを事前に見ておくことなどをおすすめします。もちろん「見すぎ」る必要はありませんが、「最近何をしていたのか?」ということを押さえておくと、話が弾むでしょう。

また、初めてお会いする人の場合、いただいた名刺の情報から聞きたいポイントを把握することも大切です。業務や役割から、「~をされているんですね!」とシゴトについて話をすると、相手のことを理解するキッカケになりますね。

 

(3)相手の関心に合わせた話題を収集する

 

(2)に繋がりますが、「事前に情報がわかる人」や「もうすでに知り合いの人」に関しては、相手の関心に合わせた話題を集めておく、知っておくことも大切です。

時事ネタを含め、相手の職種・業種や趣味に合わせたトピックを用意しておくと話が弾むでしょう。話が弾むだけではなく、その後の会議や商談などにおいてもそういった雑談の中から、「相手がどのような考えを持っているか?」ということを知ることもできます。

 

(4)「YES/NO」で答えられない質問をする

 

相手に質問をして話題を広げようとする場合は、「YES/NO」で答えられない質問をするように話をするべきでしょう。

具体的には、「ゴルフ以外に何かご趣味はあるのですか?」と問うと「いえ、ありません。」と言われてしまえば話が終わってしまいますが、「週末はゴルフ以外に何をされているのですか?」と聞けば、話の引き出しの範囲が広まります。

 

(5)自分から話を広げる

 

少々難易度は高めですが、「自分から話を展開すること」も大事です。自分の話と相手の話をうまく絡めて、話題を発展させる話術は、様々な機会で役立ちます。

話を広げるためには、「自由連想法」という方法が便利です。自由連想法とは、会話のキーワードの一つにフォーカスして話を広げること。

具体的には、「週末は上司とゴルフにいく」という会話から、「上司」に関する話を広げることも、「ゴルフの技術」に関する話題を広げることもできます。

自分が注目したキーワードに関してであれば、自分で話をふっておいてその後うまく話を広げることができない…ということも避けられます。自分の興味・関心の分野に、うまく話をもっていくことも、雑談をするうえでは重要です。

 

「雑談力」を磨いて役立てる

pexels-photo-228799

さて、今回は5つのコツをご紹介しました。「雑談力を高めるコツ」は得られたでしょうか?

「雑談をうまくする」と意識している間は、なかなかうまくいかないこともあるでしょう。いくらコツを知っても、その場の緊張や会話の場数によっては、コツを実践することが難しい場合もあります。

しかし、最初から何の手がかりもなく場数を踏むよりも、コツを知ることで「うまくいく」までの道のりが短くなるでしょう。雑談をうまくすることができれば、自ずと「会う目的」「会話する目的」を達成するための建設的な方法が身に付きます。

ぜひ、「コツの実践」を大事にしてくださいね!

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。