転職に成功するための業界研究!4つのポイント

転職に成功するための業界研究!4つのポイント
スポンサードリンク

転職をしようと決意しているあなたは、自己分析や業界研究、企業研究などの転職準備の方法がわからず困っているのではないでしょうか。転職は、「ただ企業を探し面接を受ける」だけの作業ではなく、あなたのこれからのキャリアや、働き方を考えよりよいものにするための方法です。

今回は、転職者向けに「転職の際に必要な業界研究のポイント」を4つご紹介していきます。業界研究を適切に行うためのノウハウを掲載していますので、ぜひ参考にして頂き転職を成功させてくださいね。

業界研究とは?

業界研究とは?

転職における業界研究とは、転職したいと考えている業界全体の現状や将来性について研究することを指します。業界の企業ひとつをとっても、提供している商品・サービスは大きく異なります。しかし、その商品・サービスを販売する根拠である市場の動向や消費者のニーズ、競合の状況などは業界全体で共通しています。

業界全体の流れを掴むことで、実際に転職する企業を探すことや企業の特徴を調べることがカンタンになります。転職する企業だけではなく、その企業を取り巻く全体の流れについて知ることは、あなたがその業界で働く上でも重要になります。

転職に業界研究が必要な3つの理由

転職に業界研究が必要な3つの理由

転職において、なぜ業界研究が必要なのか? その理由についておさえておくことでより適切に業界研究を進めることができます。

1 志望動機・志望理由を具体的にするため

志望動機や志望理由は、「なぜこの企業を選んだのか?」「なぜこの業界を選んだのか?」のような企業側からの面接時の質問に対する答えになります。

その業界全体の知識や流れについて事前に研究しておくことで、「具体的にこの業界のどんな部分が魅力的だと感じ志望するに至ったのか?」を自分自身で理解することができます。結果として、志望理由や志望動機を具体的にすることができます。

2 仕事に対するイメージを明確にするため

業界全体の流れや仕事内容について理解することにも繋がるため、実際に転職してから自分がどのような仕事をするのか、どんな課題に立ち向かうのかを明確にすることができます。

転職前から具体的な企業の中で自分の働くイメージをハッキリさせておくことはできませんが、業界全体で共通する仕事や業務の流れは比較的情報収集でつかみやすいため、「本当にこの業界に転職したいのか?」を判断する材料にもなります。

3 欲している人材を明確にでき自己PRに活かせるため

業界研究を行うことの最大のメリットともいえるのは、「自己PRに役立つ」という点にあります。業界研究は、その業界ごとの課題や全体の流れをつかむことです。

その中には、「今こういった課題・流れがある」という情報の他、「こういった人材を求めている」という業界全体で求められている人材のニーズの情報もあります。業界研究では、様々な企業に共通する「人材のニーズ」を把握することができるために、業界を目指し転職活動をする方には特に有利なのです。

もちろん、「有利かどうか?」ではなく、ご自身の持つ経験やスキルはこの業界内で活かすことができるかどうか? という視点で考えておくことが重要ですね。

転職活動で必要な業界研究4つのポイント!

転職活動で必要な業界研究4つのポイント!

では、実際に業界研究を行う方法をポイントをおさえて説明していきます。4つのポイントをおさえて業界分析を進めてみてくださいね。

1 リーディングカンパニーの企業HPを観る

リーディングカンパニー(leading company)

一定の業界で主導的地位にある企業

参考:リーディングカンパニー – コトバンク

リーディングカンパニーとは、あなたが目指す業界で主導的地位にある企業です。業界内のシェア率や影響度が高い企業は、その業界内の流れや課題を最もハッキリと表しています。企業研究において「企業HPを観る」は基本的な手法ですが、企業HPはリーディングカンパニーから先に見るようにしましょう。

その業界を目指すあなたは、既にその企業の名前や販売する商品、提供しているサービスなどを知っているかもしれません。また、「その企業がどういった労働条件なのか?」という気になる情報についても調べやすいでしょう。

企業HPで業界研究をするうえで注意すべきポイントは下記の2点です。

 

企業HPを観るうえで注意すべきポイント

1 会社概要を読み込む

2 他の企業との差別化ポイントを探す

企業研究で今観ているHPの企業を参考にする場合は他の点についても見ておく必要がありますが、業界研究の場合は上記2点に注目して見ていくようにしましょう。この2つを理解することで、業界全体の事業内容や消費者ニーズ、おさえるべき業界の基本を学ぶことができます。

 

2 業界ニュースを読み社会にどのような影響を与えているかを知る

次に重要なのが「二次情報」です。「企業HP」のような一次情報とは異なり、ニュースで発信されている情報は、その業界や業界内の企業の動向を二次的にメディアの観点から観ることができます。

ただニュースを読むのではなく、実際に業界関連のニュースを読むときには下記の点に注意しましょう。

 

業界ニュースを読むときの注意ポイント

1 企業HPと比較して、業界ニュースではどのような点が課題なのか

2 「過労死」「ブラック企業」といったワードで業界ニュースが出ていないか

企業HPでは、会社概要でどのような事業を展開しているかが分かります。その情報と比較して、実際の所この業界の企業は消費者や社会に対してどの程度いい影響を及ぼすことができているのかを調べます。

たとえば、「低価格な消費財」を販売している会社が、消費者に対してどのような印象のもと受け取られているかなどは重要なポイントです。

また、業界におけるネガティブな話題「過労死」「ブラック企業」といったワードが出てきている場合は、そのネガティブな話題が起きた原因や業界の悪い特質について知っておくことで、転職活動で労働条件の悪い職場に転職してしまうリスクを下げることができます。

 

3 シェア率や決算の状況などを観る

シェア率や決算の状況などを把握しておくことも、業界研究には重要です。また、業界全体の市場規模や関連する業界についても概要をおさえておくべきでしょう。シェア率や決算の状況は、おおまかな情報をメディアサイトで検索することができます。

シェア率について検索する際には、「業界動向サーチ」がおすすめです。このサイトでは、あらゆる業界のシェア率や伸び率等をカンタンに調べることができます。

4 業界に精通したエージェントにサポートしてもらう

リーディングカンパニーの企業から順に研究を進めていくことで、その業界全体の動向について学んでいくことができます。面接時も求められている人材ニーズに当てはまる自己の経験・スキルを的確にアピールするためには、リーディングカンパニーから情報を調べていくことが重要です。

そのうえで、業界に精通したアドバイスをくれる転職エージェントに登録すれば、面接対策や給与などの条件交渉含めて転職活動を有利にすすめることができます。

もちろん、エージェントだよりではなくご自身の業界研究があってこそ転職活動は成功します。しかし、エージェントサイトは「業界研究→企業研究→選考」までの流れを実質的にサポートしてくれますので、転職成功の確率を大きく上げることに繋がります。

業界研究では実際に転職サービスを活用しよう

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

自己分析はまだ?診断ができる『リクナビNEXT』

https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s11012.jsp?pr_nm=001-lp&vos=nrnnaffb00101

https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s11012.jsp?pr_nm=001-lp&vos=nrnnaffb00101

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。

・自己分析など、転職活動に必要な情報を診断したい方。

・多くの求人情報から、希望する条件の求人を見つけたい方。

業界研究で「入りたい企業」に入ることが転職成功のカギ

業界研究で「入りたい企業」に入ることが転職成功のカギ

今回は、業界研究が必要な理由や、業界研究を行うためのポイントをご紹介してきました。業界研究は、直接的に選考や面接に繋がることではないために、どうしてもなんとなくで済ませてしまうことかもしれません。しかし、本当は「入りたい企業」に入るために不可欠な準備なのです。

今回の記事を参考にして頂き、ぜひあなたの転職を成功させてくださいね。

IKIKATAおすすめの転職サービスランキング

下記の記事では、今回ご紹介した転職サイト・サービス以外にもおすすめの転職サイト・サービスをランキング形式でご紹介しています。それぞれの特徴をおさえつつ、一番使いやすい転職サービスを見つけたいなら、下記の記事を参考にしてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

業界別・ニーズ別転職サービスを掲載中!「IKIKATA Database」

IKIKATA Database リンク
スポンサードリンク
転職に成功するための業界研究!4つのポイント

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。