いつまでが第二新卒?知っておきたい第二新卒の転職方法

いつまでが第二新卒?知っておきたい第二新卒の転職方法
スポンサードリンク

「自分は第二新卒に当てはまるのだろうか?」…転職活動を進めていく上で、自分の社会的な立ち位置を理解しておくことは、転職活動を有利に進めていく上で大変重要なことです。

第二新卒は、今回記事で述べていくように定義があいまいです。また、第二新卒としてあなたが当てはまっている場合、「有利な点」「不利な点」が存在することを理解した上で転職活動を進めていくことが大切です。

そこで今回は、「第二新卒っていつまで?」という疑問を解消するための情報に加えて、第二新卒の方が転職活動をする際に注意すべきポイントについて解説しています。

第二新卒はいつまで?

第二新卒はいつまで?

「第二新卒はいつまで?」という疑問に対する答えとして、一般的な第二新卒の定義を見ていきましょう。

第二新卒は、一般的に学校を卒業し就職をした後、数年内に離職し転職活動を行なう若手求職者を指します。また多くの場合、卒業後1~3年程度の求職者に対して、第二新卒と呼ぶようです。

参考:第二新卒・既卒って何?|言葉の意味とメリット・デメリット – エン転職

上記は大手転職サイト「エン転職」で掲載されている「第二新卒」の定義です。

よって、第二新卒に当てはまる時期は、下記のようになります。

  • 新卒入社後3年以内で会社を辞める方
  • 大学卒業後1〜3年が経過した求職者(転職者)

それ以外の20代の方は「若手」と呼ばれ、大学卒業後に就職していない方は「既卒」と呼ばれます。

第二新卒は「大学卒業後3年以内に新卒入社の会社を辞めた方」

第二新卒は「大学卒業後3年以内に新卒入社の会社を辞めた方」

第二新卒に当てはまるかどうかの違いは「大学卒業後3年以内に新卒入社の会社を辞めた方」になります。たとえば、3年以上勤め上げて転職する方は若手の転職者になりますし、大学卒業後フリーターとして仕事をしていた方や、仕事をしていなかった方は「既卒」と呼ばれます。

しかし、「第二新卒」に当てはまらない場合でも、第二新卒向けの転職サービスは基本的に既卒の方やフリーターで正社員を目指す方も対象にしていますので、第二新卒に当てはまらないからと言って、「転職がうまくいかない」というわけではありません。

第二新卒に当てはまらない方でも、自分の求める転職先を見つける方法は多数あります。下記記事では、既卒やフリーターの方が活用できる転職サイト・転職エージェントをご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

第二新卒の転職活動で注意すべき3つのこと

第二新卒の転職活動で注意すべき3つのこと

第二新卒に当てはまる時期を確認した後は、実際に第二新卒の方が転職活動を行う際に注意すべきことをご紹介しています。

1 転職したい時期の3ヶ月前から転職活動をすべき

第二新卒の方は今回の転職が初めてであると思います。ですので、いつごろから転職活動を始めるべきかの検討がつきにくいですよね。

転職活動は2週間〜1ヶ月ほどの長さで行うこともできますが、第二新卒の方の場合「転職には失敗したくない」という思いを強くお持ちの方が多いため、3ヶ月ほどの余裕を持って在職中に転職活動を行うことをおすすめします。

在職中の方以外でも、特に離職中の方は「3ヶ月」と期限を設定して転職活動をしましょう。スケジュールをあらかじめ決めておき活動し始めることで、「なかなか働きたい場所が見つからない」という状況になってもネガティブになりづらくなります。

2 福利厚生だけではなく「熱意ある志望動機」を見つける

前職をネガティブな理由で退職した方や、現在離職中の方が陥りがちなことは「給与」「人間関係」「残業時間が無い」といった労働条件や福利厚生面だけで仕事を探すことです。もちろん、福利厚生や労働条件がきちんとしたところを探すことは重要なことです。

しかし、「やりたい仕事」を見つけることも、転職活動では同時に行う必要があります。現に、企業側が第二新卒に求めている第一の基準は「熱意があること」です。

「マイナビ転職 中途採用状況調査」

引用:https://mynavi-job20s.jp/guide/guide02.html

参考:第二新卒とは? – マイナビジョブ20’s

よって、採用されるための一番の近道は「この会社に入りたい!」「この仕事がしたい!」という明確な志望動機を持つことになります。これまでの経験や「仕事で楽しいと思えたこと」を慎重に洗い出していきましょう。

未経験職種に応募することも、第二新卒の場合は難しいことではありません。また、基本的なビジネススキルは前職で学んでいることが多いため、企業側としてもあなたを採用するメリットが多くあります。後は、熱意をしっかり志望動機として言葉にしていくことが大切です。

スポンサードリンク
いつまでが第二新卒?知っておきたい第二新卒の転職方法

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。