【現状を変えたいあなたに】SWOT分析を使えば「すべきこと」がわかる

スポンサードリンク

「SWOT分析」は、企業の事業戦略やマーケティングの基礎となる有名なビジネスフレームワークの一つです。

あなたがビジネスパーソンであれば、「SWOT分析」を実施する経験を持つ方もいるでしょう。また、マーケティングを専攻している学生の場合も、なじみ深いフレームワークかもしれませんね。

SWOT分析はビジネスの機会をとらえるために欠かせないフレームですが、スキルアップしたいビジネスパーソンや、大学生活中に経験を積みたい、成長したいと考えている学生にとって応用しやすい「思考の枠組み」でもあります。

今回は、このSWOT分析を用いて成長するため、スキルアップするための”ミッション”を策定する方法を紹介していきます。

事業だけではなく個々人の目標達成にも、SWOT分析は便利なんです。

 

「SWOT分析」とは何か?

 

「SWOT分析」を使ったミッション策定を知る前に、ビジネスフレームワークとしての「SWOT分析」とはどんなものなのか把握しましょう。

「SWOT分析」とは?

SWOTは、S:強み、W:弱み、O:機会、T:脅威の頭文字の略した名称。自社を取り巻く環境(=外部環境)による影響と、自社の現状(=内部環境)を分析し、自社のビジネス機会を見つけていく手法です。

SWOT分析

外部環境は「機会(Opportunity)」、「脅威(Threat)」の2つで構成されており、内部環境は「強み(Strength)」、「弱み(Weakness)」の2つで構成されています。

特に、内部環境は自社でコントロールすることができるので、まずは外部環境を現状として分析したのちに、内部環境を分析するプロセスが一般的です。

SWOT分析を事業組織が行うことで、「自社や市場を取り巻く環境の変化に対応し、自分がどういった方法で自らの強みを活かせるのか」を考えることができます。

たとえば、SNSの波及によりそれ以前の広告モデルが通用しなくなった時代にいち早くサービスの方向性を変えることや、広告の効果的な手法を見極め切り替えた事業者はSWOT分析をもとに戦略を策定できた、ととらえることができますね。

SWOT分析以外にも、様々なビジネスフレームワークがあります。よって、SWOTだけを考えていれば大丈夫、というわけではありません。

しかし、自社のミクロな点から分析を行って、「機会を活用する」ことに焦点を絞ってマーケティングができる「SWOT分析」は、後述するように「個人のスキルアップ」や「自己成長」といった個々人の行動を効果的にすることに関して整合的だといえます。

 

分析を始める前に「目標」を決める

winter-road-arrow-74780

SWOT分析を活用した個人のミッション-つまり「目標」-策定の方法を説明していく前に、あなたは「どんなことを達成したのか?」を決めなくてはなりません。

SWOT分析は「ミッション」「目標」に関する策定をすることはできますが、ミッションそのものを作ることはできません。

「目標」「夢」「達成したいこと」がない方は、漠然としていてもいいので思い浮かべてイメージできるようになりましょう。「自分の理想像」をイメージするのもいいでしょう。

自分の理想像をイメージするためには、「ロールモデル」を見つけることが大切です。「尊敬する人」「ああいう風になりたいと思える人」を探すことも、夢や目標を持つために大切なことです。

参考記事:キャリア形成のための「ロールモデル」-2つの見つけ方

 

SWOT分析を個人のミッション策定に活用する!-外部環境

mindmap-2123973_640

では、SWOT分析によるミッション策定を始めましょう。紙とペンを用意するとはかどりますよ。

 

(1)「O:機会」を考える

 

まずは、自分の外部にどんな機会があるのかを分析しましょう。

たとえば、学生ならインターンシップや留学への機会、学生団体やサークル活動の幹部などの活動場所やコミュニティが「機会」に当たります。

ビジネスパーソンならば、「転職」「昇進」「プロジェクトリーダー」「部下の存在」などの自分の周辺環境が「機会」に当たります。

あなたに与えられたチャンスをどのように活かすのか。それを考えるためには、自分の外部から自分へともたらされる機会をできる限り知っておく必要があるのです。

 

(2)「T:脅威」を考える

 

次に、自分の外部にどんな「脅威」があるのかを分析しましょう。

学生ならば、「単位を落とす」「希望する研究室に入れない」「幹部として活動できていない」「アルバイトで勉強する時間がない」などのことが「脅威」に当たります。

ビジネスパーソンならば、「仕事での失敗」「マネジメントの不足」「社内政治に巻きこまれる」「会社の業績が悪い」などといったことが「脅威」に当たります。

チャンスを活かすだけではなく、自分の身に降りかかる脅威をできるだけ知り、それに対して回避策や解決策を練ることで、自分へともたらされる「機会」を十分に活用することができます。

 

SWOT分析を個人のミッション策定に活用する!-内部環境

StockSnap_CB8PFQR6E9

次に、内部環境をもとにミッション策定を詰めていきましょう。

 

(1)「S:強み」を考える

 

「強み」は、外部環境の「機会」に照らし合わせて考えます。

学生で「インターンシップへの機会」がある場合は、「インターンに参加することで通常の学生よりも早く社会経験を得ることができる」という強みがあります。

ビジネスパーソンで「転職の機会」がある場合は、「新たな業種・職種の場で、前職のスキルを活かしたシゴトができる」という強みがあります。

このように「外部環境の機会」→「機会に対する強み」を見つけることで、自分の理想像に対して今の自分のどのような「能力」を伸ばすべきかが分かるでしょう。

あなたは、発見した強みをどのように活かして「ミッション」を達成しますか? 考えてみましょう。

 

(2)「W:弱み」を考える

 

「弱み」は、外部環境の「脅威」に照らし合わせて考えます。

学生で「単位を落とす脅威」がある場合は、「勉強時間を確保するためにはどうすればいいのか?」というアプローチで脅威に対する改善策を考えることができます。

ビジネスパーソンで、「会社の業績が悪いという脅威」がある場合は、「会社に依存しないための個人のスキルアップを目指す」というアプローチで改善策を考えることができます。

あなたは、自らの「脅威による弱み」に対してどのように判断し、行動するかを決めることで、「ミッション」の達成をジャマする要因に目を光らせることができるのです。
以上、「外部環境の分析」→「内部環境の分析」→「ミッション達成のためにすべきことの策定」の一連の流れを説明しました。

 

まとめ

 

1.「外部環境」である機会と脅威をよく知ること
2.「内部環境」である強みと弱みを発見して、強みを活かし弱みを改善すること
3.強みの活用と弱みの改善で「ミッション」を達成するために「すべきこと」を見つける

 

「SWOT分析」を個人の目標達成に応用することで、自分が将来に向けて持つイメージを具体的な行動に「見える化」することができます。

 

「ミッション策定」で明日から行動に移す

pexels-photo-46274

今回は、ビジネスフレームワークである「SWOT分析」を用いて、個々人の「目標」「ミッション」の計画を策定し、「行動に移す」ための分析方法を説明しました。

どれも、それほど悩まずにリストアップできる要素ですので、紙とペンを用意して、自分で書いてみてください。その行動ひとつで、今後の将来の行動が決まるといっても過言ではないでしょう。

うまくフレームワークを活用して、自分のミッションを達成するために邁進していきましょう!

 

オススメの「転職サービスランキングTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。