説得力がない人が実践すべき5つの手法 ポイントは配慮?

スポンサードリンク

「説得力」は、経験や実務能力にまだ伸びしろがある若手ビジネスパーソンにこそ必要なスキルです。

説得力は、長く深い経験で培われる場合が多いでしょう。しかし、説得力を身に着ける方法はそれだけではありません。身に着け、向上させるための方法を実践することで、日々のシゴトの中で「説得力」を鍛えることができます。

説得力が身に着けば、営業でも、会議でも、そしてプライベートでも…あらゆるところで自分のアウトプットに対する結果、成果が向上します。

そこで今回は、「説得力を身に着けるための方法」を5つご紹介します。説得力は、あなたのキャリアや日々のシゴトに直接関わる大切なスキルです。しっかり磨いていきましょう。

 

「説得力」は「ものごとを正確に伝える能力」のこと

B&W Man In Fashion Jaket Straightening Tie

「あの人には、説得力がある」「この話には説得力がある」というときの「説得力」とは、いったいどんな意味合いなのでしょうか?

説得力を辞書で引いてみましょう。

「説得力」とは?

せっとく‐りょく【説得力】会話や文章などで、相手を納得させたり受け入れさせたりする力。「―のある話し方」
(引用:「説得力」-goo辞書

会議で提案した内容、プロジェクトや企画案の説明、依頼をするときの相手側のメリット…「説得力」を発揮する必要があるケースは、よく考えるととても多いものです。また、誰かと協力したりチームとして活動したりするときには、必ず人を動機づけるための「説得力」が必要になります。

要するに、「説得力」とは「ものごとを相手に正確に伝えるスキル」であるといえるでしょう。

若手ビジネスパーソンは、説得力を持つための専門性や実務経験、その他様々なノウハウについての知識や情報などが不足していると考えてしまいます。実際に自分の力不足を感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、今日も、明日も、あなたには「すべきシゴト」があります。「まだ経験が不足しているから…」と避けて通るだけでは、説得力を向上させる機会は永遠にやってきません。

だからこそ、説得力を身に着ける方法をあらかじめ知っておき、それを実際に現場で実践するサイクルが重要です。

 

「説得力」に対する「悪いイメージ」は間違い

StockSnap_CB8PFQR6E9

説得力と聞くと、たとえば凄腕のビジネスマンが、割高の商品を巧みに売りつけたり、半ば強引にセールスを行ったりするときの技術である印象を持つ方もいるでしょう。

説得力を持つということは、「有無を言わさず」という状況を想定してしまいがちです。なぜなら、「説得力のある相手に話をされて納得してしまった」という経験があるからです。

しかし、今回身に着けようとしている「説得力」は、そのような悪いイメージが伴うような説得術ではありません。前項でも述べたように、「説得力」とは、「ものごとを相手に正確に伝えるスキル」なのです。

よって、人を欺いたり、だましたり、都合の悪いことを隠したり…といったニュアンスは、説得力には含まれません。仮に、そのような方法で人をだまして説得したとしても、後から損をするのは自分なのです。「裏技」ではなく、”事実”と”信頼”に基づくような説得力を身に着けることが大切です。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。