「頭が働かない」ときに実践すべき4つの対処法

スポンサードリンク

「頭が働かないな」と感じるときがあります。

時期やタイミングは個々人バラバラですが、自分自身の頭の回転が鈍っており、「ぼーっとしている」と感じるタイミングは、誰にでもあるものです。

頭が働かないときに休息を取れればいいのですが、休むわけにはいかない場合もあります。そんなとき、自分自身で頭が働かない状況を改善できれば、心強いですよね。

そこで今回は、「頭が働かない」状況を抜け出す方法を4つご紹介します。実践してみて、いつでも「頭の冴えた状態」が作り出せるように工夫していきましょう。

 

頭が働かないときってどんなとき?

question-mark-background-1909040_640

「頭が働かない」ときは、以下のようなケースが多くみられます。

・「文章を読んでも頭に入ってこない」
・「人の話をよく聞けない」
・「提案や議論の参加ができない」
・「ミスや失敗が多くなる」
・「注意力が散漫になる」

このようなケースに陥ってしまう原因は「脳」にあります。

現代社会ではPCやスマホで多くの情報を処理しますから、その分一昔前よりも情報処理のために使う脳のエネルギーが多くなっています。それに加え、生活している以上は心配事や悩み事、その他様々なことに精神的な疲労が溜まっていきます。それらが、「脳」に大きな負荷を与えるのです。

「脳」は、体重の2%しか重量がありませんが、エネルギ消費量は全体のうち18%。この消費量は筋肉や肝臓などといった、身体の他の部位に比べても圧倒的なのです。

そして、その「脳」をフル回転させて取り組まなくてはいけないものごとの量が、脳の回復速度や摂取する栄養量を上回ったとき、脳が追い付かなくなり「頭が働かない」という状況に陥るのです。

では、そのような状況に陥らないようにするために実践すべき方法を今回は4つご紹介していきます。

 

「頭が働かない」ときに実践すべき4つのこと

idea-2123972_640

「頭が働かない」状態に陥る要因は「脳」にあります。ですので、まずはそれを改善する方法を実践するべきでしょう。そしてそのあとに、「頭を働かせる工夫」をすることが大切です。

 

(1)足りない栄養を補う

 

単純作業であれば全然できるのにも関わらず、話したり考えたりといった作業はできないということがあります。その理由は「脳が疲れているから」なのです。

そんなときは、まず簡単に栄養を補給できる手段を持っておくことが大事です。たとえば、シゴトをしているときにはついつい水分補給を忘れがちになることがありますから、飲み物はこまめにとっておくべきです。また、脳のエネルギー源は「ブドウ糖」ですので、炭水化物を摂取することが大切でしょう。

頭が働かない状況が継続している方は、そもそも「食生活」「食習慣」に問題がある可能性があります。「頭が働かない」→「シゴトが長引く」→「帰宅して食生活がだらける」→「頭が働かない」…と悪循環に陥っているのかもしれません。

悪い食習慣は、脳の活動を鈍らせてしまいます。脳へ栄養を回す食生活が、「頭が働かない」状態の根本的な解決策であるといえるでしょう。

 

(2)ものごとに取り組む”優先度”を変える

 

「栄養」も大事ですが、「頭が働かない」ときには取り組むものごとをしっかり見極めないといけません。いつもは難なくこなせることでも、「頭が働かない」状態では不可能なことなのかもしれません。

そういった場合は、「取り組むものごとの優先度」を変えてみるのが方法のひとつになります。それも”簡単”と感じるものから、優先度を高くしてやっていきます。

最初はいつも通りうまくいかなくても、実際に始めていくうちにいつもの調子が戻ってくることがあります。そのキッカケをつかむことができれば、「勢いに乗る」ことができますよね。

ストレスが溜まってしまって頭が働かない状態が継続してしまうことは、よくあることです。だからこそ、自分に対してなるべく「負荷のかからない工夫」をする必要があります。

 

(3)自分の行動に対する「チェック」を増やす

 

頭が働かないときは「注意力」が散漫になりがちです。「今日は失敗したからやめておこう」という判断も大事です。しかし、シゴトでは、そういった判断を実行に移すことがほとんどの場合難しいものです。大抵は、「今日はなるべく手を付けたくないけど、やらなくてはならない」という場合がほとんどです。

そんなときにできる最大の工夫は、「自分の行動」に関して「これで大丈夫か?」と抜け漏れやミスを見逃さないための「チェック」を通常より一段階増やすこと。いつもよりも注意力が散漫なときは、それに見合うレベルの「チェック」を行えばいいのです。

たとえば、通常、「書類の誤字脱字のチェック」を3回しているのであれば、「頭が働いていない」と感じるときは4回のチェックを行う、といった工夫です。

 

(4)思考の整理

 

今考えていること、これから取り組まなければならないこと…頭をごちゃごちゃにしてしまう「考え事」がたくさんあると、その分エネルギーを使います。頭が働かない要因になることは間違いありません。

そこで、まずは「思考の整理」をしてみることが大切です。頭の中で考えることを一度「アウトプット」すると、その分、頭がすっきりします。

思考の整理の方法には様々なものがありますが、特に大切なのはスケジュール管理でしょう。近日中の予定から、一月後の予定まで、見渡すようにTodoや予定が管理されているとその分「思考」にも余裕ができます。

【すぐできる】仕事の不安を解消できる5つのスケジュール管理法をご紹介!

2016.07.19

大切なのは、頭の中だけで抱えていることをできる限り”減らす”ことです。そうすることで、考えるための「頭のスペース」を確保することができます。

 

「頭が働かない」ときに、どういう工夫をするのかが重要!

StockSnap_CB8PFQR6E9

今回は、「頭が働かない」状況に陥ったときにすべきことを4つご紹介しました。

「頭が働かない」ことの要因は、「脳」にあります。よって、その観点から工夫をして、脳に負荷を与えないような習慣と、ストレスをためない工夫をする必要があるのです。

また、(3)自分の行動に対する「チェック」を増やす (4)思考の整理 といった「頭の使い方」の工夫も大切です。人は、いつでも準備万端というわけにはいきません。上手に自分と付き合っていくことが大切でしょう。

仕事がなかなか上手くいかない…? 転職すべき人とは?

仕事がなかなか上手くいかない...? 転職すべき人とは?

 

「頭が働くなる状態」は、今回ご紹介した方法を実践することで改善することができます。

しかし、頭がはっきりしていても仕事がなかなか上手くいかない、楽しく働くことが出来ていない状況が続いている場合は、仕事がなかなか上手くいかない原因がほかにあると考えれます。

そのひとつが「今の仕事が自分に合っていない」というケース。この場合、自分自身のパフォーマンスを最大限発揮できない環境に身を置いていることになります。

転職サイト大手の「リクナビ」が調査した「転職理由の本音ランキング」では

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

参考:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10 – リクナビNEXT

と、上位3つの転職理由のうち、1位と3位が「人間関係の悩み」を原因として退職しています。悩みの主たる原因は人間関係にあることが多い以上、転職も自分自身の生活や仕事の仕方を見直す上で重要な選択肢のひとつといえるでしょう。

下記では、転職者におすすめの「転職サービス」をご紹介しています。また、ランキング形式でもご紹介していますので、転職者の方はぜひ下記を参考にしてくださいね。

オススメの「転職サービスランキングTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。