【PDCAより効果的】目標達成にはTEFCASの法則を活用しよう

スポンサードリンク

ビジネスパーソンたるもの、「達成したいこと」は組織内でも、個人としてもあるはずです。それは、「売り上げ目標を達成する」という利益に直接つながる全社的なものから、「プログラミングのスキルを身に着けたい」などのような個人的なものまで様々でしょう。

それら「目標」を達成するためによく使われる法則は「PDCAサイクル」が代表的です。これは、「Plan→Do→Check→Action」という流れで、達成したいものや質の維持を図るための手法になります。

しかし、このPDCAサイクルには、ある種「限界」があります。その限界とは、「そもそも、Planができていなければ始まらない」というものです。

今回は、PDCAとはまた異なる視点から目標達成を図るための法則「TEFCAS」について解説します。

 

なぜ、「PDCA」ではなく「TEFCAS」なのか?

goal-1141472_640

 

PDCAサイクルは、まず最初のプロセスである「Plan(計画)」を練る必要があります。それは、ある程度のスキルや考えるための枠組みが整っている場合に効果的なものです。

たとえば、「プログラミングのスキルを向上させる」という目標があるのであれば、具体的にどんな言語を学ぶべきか?(ex.japascript,ruby)という学ぶ対象に加え、一日何時間プログラミング学習に使うか、また、どんなサービスを作るかといった様々な計画を立てます。

その計画立案は、すでに「プログラミングをある程度知っている人」であれば効果的であるといえます。しかし、そもそもプログラミングはどういうものであって、どこから手を付けていけばいいのかわからない方は、計画そのものすらおぼつきませんよね。また、計画を立てることにとらわれてしまい、具体的な実行ができなければ意味がありません。

PDCAはまず「計画」から始まります。しかし「TEFCAS」はまず「Trial(試行)」から始まります。まだ達成していないことについて大切な時間を費やすよりも、達成したい目標のために、「まず行動する」ということがカギになります。

 

「TEFCAS」とは?

 

TEFCASは、6つの具体的行動の頭文字をとった言葉で、マインドマップを考案したトニー・ブザン氏によって提唱されました。

「TEFCAS」とは? (参考:成功への道、TEFCAS思考法とは?

「T」・・・「Trials(試行)」

「E」・・・「Events(実行)」

「F」・・・「Feedback(反応)」

「C」・・・「Check(チェック)」

「A」・・・「Adjust(調整)」

「S」・・・「Success(成功)」

図にすると、このような構図になります。

59d14bd50bfc4ee13dc1c4a36b22ed34

 

「TEFCAS」の中身を知る

 

では、TEFCASの具体的な内容を解説していきます。今の自分の具体的な目標を思い浮かべながら、読み進めるとより効果的です。

 

(1)「Trial(試行)」

trial-1169770_640

試行のフェーズでは、してはいけないことが2点あります。

1.戦々恐々とした姿勢で、「おためし」感覚で何かを始めること
2.計画を入念に練り、「近道」を探そうとすること

新しく始めることである以上、「近道」はなく、あるのは毎日の積み重ねです。それを避けることを考えず、一番最初に「できる」ものからチャレンジしていきましょう。ここでは、綿密な計画性よりも、随時、できるものから試すという
”行動優先”の心構えが大切です。

試行の段階で行き詰っている人は、「モデリング(真似る)」をしましょう。自分がなりたい人物像を身近、もしくはメディアで見つけ出し、理想をイメージとして持っていくことが大切です。

 

(2)「Event(実行)」

running-1245640_640

試行する具体的な行動が見つかれば、次はその試行を実践する「場所」「環境」が必要になります。その場所を見つけて、とにかく「トライアンドエラー」を繰りかえしましょう。そこで得た失敗を、次のフェーズに持っていくのです。

ここで注意するべきなのは

1.簡単な方法を探さないこと
2.甘い話に乗っからないこと

何かを達成するために行う行動は、精神的な負担が伴います。それこそ、逃げ道を探してしまったり、うまい話に乗っかりそうになったり、場所や環境のせいにしそうになることもありますが、そこをぐっとこらえる姿勢が大切です。

 

(3)「Feedback(反応)」

feedback-1213042_640

Eventによるトライアンドエラーを繰り返したら、「Feedback」を得るための材料がたくさん集まったことになります。成功する方法を思考の中で探すよりも、行動の中で発見する。「百聞は一見にしかず」を地で行くことになりますね。

そこから、「失敗した理由」「あまりうまくいかなかった理由」をとことん考えます。そして、次はどうすればいいのかを考えます。また、自分の行動を見てくれていた人から、客観的な指摘を受けることも大切です。

ここで注意するべきなのは

1.「外部環境」のせいにしないこと
2.「自分の能力」に悲観しないこと

新しいことに挑戦する場合は、ともすれば「失敗する原因」を外に求めたくなるのが人の心理です。「自己正当化」という防衛機制が働くことが原因です。しかし、適切なフィードバックを得るためには、このような心理的要因を排除する必要があります。

失敗から学びを得るためには、「モチベーション」を得ることが不可欠です。失敗でくじけないための思考法に関しては、下記を参考にしてください。

参考記事:失敗から学び続けるにはどうすればいいのか

また、モチベーション構築のためには、目標に対して「向上心」が大切です。向上心が足りない方は下記記事も参考にしてください。

参考記事:あなたは当てはまる?向上心がない人の6つの特徴と解決策!

次に改善するべきポイントを、これまでの実行から導き出しましょう。

 

(4)「Check(チェック)」

hook-881444_640

フィードバックし、改善策を洗い出したら、次はその改善策のうち、どれを選び実行に移すかを決めます。また、今していることに対して、どうしたらフィードバックを活かすことができるかを考えます。

その際は、あらゆる改善策のうちどれを選ぶかが非常に重要です。改善策があっても、それが互いに相反するものであったり、同時に行うのは不可能なものであったりすると、フィードバックで得られた改善策を十分に活用することができません。また、具体的にどういう風にフィードバックを活かすのか、実践するのかを入念に考えましょう。

 

(5)「Adjust(調整)」

wrench-34929_640

改善策のうち、取り入れるものを決めたら、具体的に試行していきます。そして、(1)~(4)を再び繰り返します。あくまでも、一回きりのチャレンジでは、完全な成功を導くことはできません。

具体的な改善策を講じて実践に移すことともに、「気持ち」の面でも、失敗にとらわれないように「切り替え」をするフェーズでもあります。

このプロセスを維持して、その改善のスピードを加速度的に上げていく継続力が大切になります。

 

 

(6)「Success(成功)」

board-1097118_640

最後は、「成功」です。これまでの項目を着実にこなした果てにあるのが、Successになります。「試行」の前に、成功のイメージをもって一つの目標に取り組むことが重要です。

また、このTからAまでの試行錯誤の実践自体が、ある意味では「成功」と表現することができます。「大きな成功(目標)」のために、小さな小目標としての成功を積み重ねていくという観点が重要です。

 

「TEFCAS」を積み上げていく

pexels-photo-110252

目標を達成するためには、「試行錯誤」「トライアンドエラー」を覚悟する姿勢が大切です。キャリア理論の一つ「プランドハップンスタンス」では、キャリア形成はそのほとんどが、「偶然」に左右されるといわれていますが、それは長期的な成功であれ、一つ一つの目標あれ、同じことなのではないでしょうか?

一つの目標を諦めずに追い続け、達成するためには、ロジカルな方法を活用する必要があります。「TEFCAS」は、その方法として最適なものといえるでしょう。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。