仕事がもっと楽しくなる!仕事に積極的になる4つの方法

スポンサードリンク

なにごとも「積極的になる」ことは重要ですよね。

特にシゴトや日々の業務は、「やる気を全く出さず、ただ淡々とこなす」よりも、積極性をもってチャレンジングに取り組んだ方が”楽しく”なります。

当然ですが、シゴトは「長い時間」を要するものです。自分が自由に使える時間よりも、仕事の割合の方が多いのが一般的でしょう。ならば、その時間を楽しく前向きに過ごせた方がいいですよね。

そこで今回は、シゴトに対して「積極的に」なる方法を4つ紹介していきます。シゴトへの取り組み方を、今回ご紹介する4つの方法をもとに改めて考えてみてくださいね。

きっとシゴトが今よりも”楽しく”することができますし、「やる気」も増してくるでしょう。

 

シゴトに対して「積極的」になる4つの方法とは?

question-mark-background-1909040_640

(1)失敗を反省し、仲間に共有してみる

 

「失敗を繰り返して自分の糧にするべき」ということは、誰もが一度は言われた(もしくは、何らかの自己啓発書で読んだ)ことがある言葉でしょう。

自分が今取り組んでいる個別の業務について、今回よりも次回、次回よりも次々回…と常に先を見据え、改善点を見出して次回以降の業務に活かすことは重要です。それはいくらシゴトに慣れてきても、仕組みとして作り、継続的に繰り返していくべきことです。

参考記事:【あなたはできていますか?】正しい”フィードバック”6つの方法

また、一人で失敗を抱えるのは、よほどメンタルが強くなければ難しいでしょう。もし、「一人で何かの失敗とその挽回に努めることがニガテ」だと考えている場合は、仲間に「失敗に対するアドバイス」をもらいにいき、同時になぐさめてもらうことも大切です。

一人や二人、そういった失敗を共有することができる仲間を創れば、失敗を余計に恐れずシゴトに前向きになることができますね。

参考記事:失敗から学び続けるにはどうすればいいのか

 

(2)効率を求め過ぎない

 

ITの導入や、AI研究の盛り上がりなど、様々な分野で「効率化」がよく使われるようになってきました。それが直接の影響ではありませんが、「効率を第一に!」と頑張りすぎるのは、あまり得策ではないでしょう。

前回より今回の結果をよくすることは、(1)でも触れたように重要なことです。しかし、その意識が自分を追い込むようでは、逆に自分の行動を制限してしまうことにもなります。

特に、若手のビジネスパーソンは目の前の一つのことにじっくり集中して学びとる姿勢こそ重要ですから、そのシゴトを「早く終わらせる」ことの優先順位を一つ下げてみることが必要でしょう。ニュアンスは難しいのですが、「効率化を効率よく達成すること」はほとんど不可能です。

ある程度、知識や経験がたまっていなければ効率化をすることはできません。(特に業務フローだけではなく顧客との関わりあいなど個別のケースが多くある場合はそうですよね)

まずは、”目の前のこと”から経験と知識を得ることを第一優先にする意識を持ちましょう。そうすれば、効率化に右往左往することなく、目の前のシゴトに積極的に取り組めるようになります。

 

(3)一つ一つから学べることを「定義づけ」する

 

(2)にもあるように、目の前のことに積極的に取り組むことは重要です。

しかし、たくさんのタスクを抱えていたり、初めてのことに取り組まなければいけなかったりするときは、目の前の「結果」「作業」にとらわれ過ぎてしまい、「このシゴトで得られる”学び”」をないがしろにしてしまうことがあります。

「結局、なんのためにこれを成し遂げたんだ?」ということを繰り返した分だけ、得られたであろう学びをムダにしてしまったと考える姿勢が大切です。そうすると、今取り組んでいることやこれからすることから「学べること」「学びたいこと」を定義づけしてシゴトに取り組むことができます。

人は、「あの時の経験があったから、今がある」という風に、過去の経験から学びを得ることができます。それはとても大事なことです。しかし、それだけではなく、リアルタイムで学べる部分をしっかりとっていく積極性を持てば、正しいカタチで目の前のシゴトに積極的になることができるでしょう。

 

(4)休日を使って勉強してみる・学んでみる

 

「平日だけでへとへとなのに、なんで休みの日までシゴトのことを考えなくちゃいけないんだ…」そう思う方も多いでしょう。実際、休日は自分のために時間を使うことを最優先したいと考えますよね。

しかし、発想の転換をすると、「休日にシゴト関連の勉強や情報収集をする」ことで、自分の自由時間以上に時間を費やしているシゴトを有意義にすることができるともいえます。チャンスは「休日」にこそ隠れているのです。

特に、あなたの今いる業界や職場が、「学んでも学んでも奥が深い」ような魅力的な業種、職種であれば、休日を使ってまで学ぶべきです。そして、ほとんどの場合、世の中のシゴトは魅力的です。「モノは考えよう」ということですね。

自分の多くの時間を費やすシゴトに対してフルにコミットしてみる。一度、そういうやり方で積極性を持てば、シゴトに対する意識も、持てる知識も変化するでしょう。

逆にとらえれば、そういった積極性を持っても「楽しくない」場合は、今後のキャリアを見直す機会ととらえるべきです。よって、どう転んでも、自分にとって”得”なのです。しかし、無理はしないでくださいね。

 

積極性を持てば、今よりももっと楽になる、楽しくなる。

idea-2123972_640

今回は、シゴトに対して積極的になる方法を4つご紹介しました。

・失敗から学ぶ
・効率を求め過ぎない
・学べることを定義する
・(休日を使って)勉強する

この4つを意識していくことで、シゴトに対して積極的になることができます。冒頭でも述べたように、せっかく長い時間を費やす「シゴト」ですから、その間ずっと積極的でいられて、楽しめる方が、人生得ですよね。また、キャリア的にも「積極的にシゴトをする」ことで損になることはないでしょう。

積極的にシゴトをするためには、ただ熱心にシゴトをするだけではなく、今回ご紹介したような方法で”上手に積極性を作っていく”必要があります。

ぜひ、意識してみてくださいね!

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。