Ideapartners 代表 山本一輝氏「教育現場を変えたい」 リクルートから独立し新たなチャレンジへ

IKIKATA 山本一輝
スポンサードリンク

 

今回は、地域密着の企画組織「Ideapartners」代表・山本一輝さんのIKIKATA。

リクルートを経て、「Ideapartners」として教育支援を中心に様々な企画に広く携わる山本さんですが、「教育」に携わる意識を持つにいたったキッカケと、その経緯はいったいどのようなものでしょうか?

教育支援を本格的にスタートさせた山本さんに、今の教育の課題や、教育に携わるマインド、そして「生き方」をお聞きしました。

 

具体的な業務

 

—これから独立される山本さんですが、今後どのような業務をしていくかを教えていただければと思います。

新しい仕事を始めるにあたって、ダブルワークを予定しています。

1つ目が代表を務める「Ideapartners」です。

以前の職場で培ってきたスキル。具体的にはマーケティングや企画力、クリエイティブのスキルを用いて、地域の教育機関、企業、NPO、学生団体を支援をしていく社会起業。かっこよくいうと「ソーシャルアントレプレナー」として、課題解決を支援していきます。

Ideapartnersロゴ

2つ目が新潟を拠点とするベンチャーで、教育支援を行っているNPO「みらいずworks」へ参画します。

みらいずworksは、小学校や中学校、高校にお邪魔し、ファシリテーションを用いた授業の提案や研修の企画を行い、インタラクティブな授業をするためのコーディネートを行います。

他には地域の企業などと連携し、高校生に対して「仕事のやりがい」というものを授業に取り入れたキャリア教育や、新潟県佐渡市で「地域課題解決型授業」のコーディネートなどをしています。他にも、定期的に小中高校生向けのキャリア特集の記事も新聞で掲載しています。

みらいずworksでは、主に大学生の支援、事業デザイン、冊子の企画編集・渉外などの業務を担当しています。

教育支援NPOみらいずworksロゴ

 

—Ideapartnersの仕事は、どのようなものがありますか?

日本は人口減少に技術革新、グローバル化に伴い、これまで以上に予測困難な社会となっています。例えば教育界では戦後70年で一番の変化といわれる教育改革の只中であり、具体的には2020年にセンター試験がなくなり新たな試験がスタートし、高校の学習指導要領の変更などが予定されている。

人口減少に伴いこれまでのような国際競争力の維持が困難となるなかで、アクティブラーニングやキャリア教育をより一層充実させ、世界でも通用する人材の育成が教育現場に求められています。

こうした中で、これからの社会のあり方に即した人材の育成と多様性に富んだ働き方や生き方を地域でも一層広げる必要があるのではないかと考えており、教育現場に留まらず企業、NPO、行政など、各地域の組織団体や個人の課題解決のための企画を行っていきます。

では、なんでもやるのかというとそうではなく、特に教育や地域活性化など社会性の高いテーマに対峙している団体や個人を支援していきたいと考えています。我々の団体は拠点が異なり、代表である自分は新潟、副代表は神奈川と離れています。

だからこそ、それぞれがクラウドワーカーとして個々に有するネットワークを活かして仕事をしていきたいと考えていますが、こうしたこれからの時代に合わせた働き方を自分たちが「ロールモデル」として地域で発信していくことも一つのミッションですね。

やはり教育には思い入れがあるため「教育現場を変える」という取組みを自分の地元である新潟から発信していきたいと思っています。これはみらいずworksでの業務も同様ですね。

 

今の仕事に就いたキッカケ

 

中学で受けた「いじめ」

 

大学時代から教育には関心がありまして、心理学科で教育心理学を勉強していて。教職(課程)もとっていたんですね。それを活かして仕事をしたかった。

もっとさかのぼると、中学時代、私は1年間いわゆる「ひきこもり」だったんです。小学校でのいじめが原因でした。3年間不登校でしたが、そのころにフリースクールの先生や臨床心理士の方との出会いもあって。そういう出会いがあったからこそ、(社会)復帰できたという経緯があり、高校時代に心理学を勉強したいと思うキッカケになったんです。

家庭の事情で高校時代は勉強しながら働き、進学を目指していました。勉強する時間自体はほかの高校生よりも極端に少なかったけれど、社会に出るという意味では周りよりもずっと早かったといえますし、「お金の大切さ」も知っていたといえます。

 

—それはすごい強みになりますね

今になって、そういった「社会経験」がとても大きいと感じていますね。進学も家庭の事情を理由に諦めたくなくて、大学進学のためのお金を貯めるために働いていたのですが。

それだけの思いをもって進学した大学では、「絶対講義を休みたくない!」と考えていました。「同じ学費を払うのなら、勉強しないと損だな」とも考えていましたね。そのころも週3日以上はバイトをしながら勉強していました。

年相応に「遊ぶ」ということはあまりしてこなかったんですが、そういった努力は、今も活きているといえます。

 

—山本さんには、すごく「生命力」があふれていると感じます。

 

就職と東日本大震災

 

就活の時期は、「リーマンショック」の煽りを受けて大変な時代でしたが、それ以上に私が就職してから2年目で起きた震災で「昨日まで元気に働いていた人が働けなくなる」という状況に直面したことは、自分にとって大きかったですね。仙台駅で仕事中に被災したのですが、人生のターニングポイントになりました。

また、「人って、いつ何が起こるのか分からない」そう考えたときに、自分がいつ死んでしまうかもわからないのに、残された自分がやりたいことをできないというのは、震災で亡くなった方々に申し訳ない、という風に思うようになりましたね。

そのころ、大学時代まであった「教育にかかわるシゴトがしたい!」という気持ちが薄れていたのもあって、いま自分がしているシゴトを振り返って「これは違うな」と、そう考えるようになって。

そこで、当時のシゴトを辞めて転職しようと思ったんですね。忙しさで忘れていたけれど、そこで「自分が本当にやりたいこと」に近づけるシゴトをしようと思ったのは、そういった経緯があります。

 

故郷・新潟への思いと、「修行」

 

教育に携わるというシゴトは、自分の地元である新潟でやりたいと思っていました。でも、「今、このまま新潟に戻ったとしても何にもできない」とも考えていて、そこで一旦「武者修行」としてどこにでも通用するスキルを付けてキャリアを積んで、独立ができるようになろうと思いまして。

「武者修行」としてリクルートに入社し、大学や専門学校、高校などを直接見る機会を得ました。そこでの経験は、今のシゴトに活きていますね。

 

—そういった、自分のやりたいことを現実にするための考え方も、原体験としていじめを受けたことが関係しているのでしょうか。

やはり、中学のころの体験があったので。自分は救ってもらえた、自分は運がよく復帰のきっかけとなる出会いがあったけれど、そういう機会に恵まれずに、自分の殻に閉じこもってしまう人も多い。日本には不登校の小中学生は約12万にいると言われています。

社会や自分の将来を悲観してしまっている人も沢山いて、立ち直れずにいる人も少なくないはず。日本の子どもたちはOECDの調査を見ても、将来に対する展望や自己肯定感に関しての項目は諸外国と比較し下位となっています。

いわゆる「社会の勝ち組」の人が、そういった人たちに対して何かを伝えるといっても、やはりそういった経験がない人が言うのでは伝わり方が異なってくるのではないかと私は思っていて。自分はそういう経験をして、乗り越えてきたからこそ、言えることを伝えていきたい。

自分でいうのも何ですが、僕はアウトローなキャリアを積んできています。恐らく奇抜なキャリアだと思いますが、ある意味それは「個性」といえます。その個性は、ある特定の面では優位性になり、私のブランディングにもなります。そんな僕だからこそ伝えられるものを、残せるものを、自分の人生を示して伝えていきたいと考えています。

山本一輝-プロフィール

山本一輝(やまもと・かずき)1986年生まれ。新潟県新潟市出 身。 小学校でいじめに遭い、中学校で3年間不登校を経験。そ の後定時制高校を経て大学へ進学し、教育心理学を専攻。卒業 後、飲食業界で働くも東日本大震災を仙台で被災し、転職を決 意。リクルートへ入社後、4年半東北にて大学・専門学校の広報 や組織活性の支援、高校にて進路講演の講師を務める。仕事の傍 らプロボノとしてまちづくり活動、高校生や大学生の進路支援な どに携わった。現在は教育支援NPO「みらいずwork」に参画 し、自らも企画組織「Ideapartners」を立ち上げ代表を務める。 現在これまでの経験を生かして、生きにくさを感じる若者への支 援や高校生のキャリア教育、地域の新たな価値創造に邁進してい る。

今の仕事で工夫していること・考えていること(価値観・ポリシー)

 

本質に対する「目的的な思考」

 

もともとのシゴトが「コンサルタント」や「ディレクター」だったので、「本質的な課題は何なのか」というところを考えます。「本質」です。

何かについて「これはこうじゃないか?」と考える(検討する)ときに、そのテーマ設定や、本質をクリティカルシンキングという形で多面的・多角的に考える。どうしても、(議論や考えというのは)表層的な場合があります。

たとえば、広告やCMを作る場合に、コピーを書くことが「目的化」してしまうことがある。しかし、顧客とのコミュニケーションのために(広告やCMを)やっているわけなので、本来はそこありきでやっていくというようなところですね。「目的的な思考」を大切にしています。

 

自己同一性

 

「自分はこの仕事に対して誠実であるか」「自分の中にためらいはないか」というところです。企画やアイディアに関してのためらい、悩み、「お客様に対して申し訳ないな…」というところがないかを、きちんと考え「ぶれないように」しています。

「お客様にとってよくないもの」「お客様に対して(自分が)責任をとれないもの」である商品・サービスは絶対に売らない!というところですね。

それを保つことは容易ではないですが、圧倒的な当事者意識や自信につながります。

 

—特に、シゴトの中で自分に大きな裁量があると、そういう考えを実践していくのは難しいことですよね。

そうですね。手段として、「お客様にこれを売ればいいんだ!」という風に考えてしまうことが多いのが現実です。ですが、そこで「本当はこっちじゃないか?」など、物事を本質的に問い、自分や時にはお客様に問い、常にぶれずに「自己同一性」ある種アイデンティティともいえることを意識し、解決策を出し続けていくことが大切ですね。

 

歩んできた道のりを伝えること

 

自分自身が学び続けることも大事ですが、「(自分の)歩んできた道のり」を伝えることを通じて、若者の道を開くということを考えていますね。

自分と同じような志をもった人を10人増やせば、それが数珠つなぎ になって波及していき、いずれは社会が少し変わるのではないかと 思っています。だからこそ自分と出会い、自分と一緒にシゴトをしたことで、その経験を糧に頑張ってもらいたい。

自分が出会った人のなかで少しでもいいから、ご縁があったことで「変われました!」となってくれれば、自分がシゴトをした甲斐があると思っています。

人生で価値があるものが何かと考えたとき、それは自分が死んだ後も、そこに「何かが残る」ということではないかと思います。次の社会を切り開いて行こうとする人をいかに育て上げるのか、というところを大切にしています。

 

山本さんのような職種・業種に必要なスキル

 

「今」を知ること

 

—地域社会や、「教育」にコミットしたいと考えている人たちの中で、なかなか実践といいますか、「アウトプット」までできる人って少ないということがあると思います。そうならないためには、どうすればよいのでしょう?

そのためには、業界の今を知ることが大事ですね。たとえば、さきほどの教育でいえば高校の学習指導要領の話や、2020年にセンター試験がなくなるといったこと。

地域のことで言えば、その地域の産業の特徴や文化、人口の推移や予測もちろんですが、歴史的観点も踏まえてその地域の方たちの生の声をどれだけ聴くことができるか。刻々と変化していく社会のなかで、「机上の空論」にならないようにすることが大切です。

そのためには、教育や地域にまつまわる基礎知識と実体験は必須ですね。フィールドワークなどを通じて詳しい人の話を聞くのは大事です。多面的に見るためにはマーケティングなどの知識も必要ですし、冷静に物事を俯瞰し、捉えて分析するためにはロジカルシンキングやクリティカルシンキングなどのスキルも重要になります。

 

公益性とのバランス

 

「公益性」の高いものに取り組む場合、理想とのバランス感覚が重要です。特に、地域活性化や、教育支援になると公益性が高いわけなのでそのバランスをどうとるかというところに注意しなければなりません。

こうしたものを過度に崇高なものとして扱う人もおり、中には「儲けるなんてとんでもない!」という人もいるのも事実です。

しかしビジネスとしてやっていく以上は、継続的に儲けることが大前提です。明日の社会を築いていくであろう若者たちを支援しようとするのに、自分たちが明日の生活も心配しなければならないとなっては冗談になりませんからね。

そんな中で意識しなければならないのは「Win-Win」の関係です。お互いに「お金をいただかないと(払わないと)本気になれない」というのもあると思いますね。シゴトに関してきちんとした価値を提供しなければなりませんから。

 

行動の量を増やしていく

 

—地域活性のお話と、教育のお話を聞いていると、「人を巻き込む力」というものがとても大切になってくると思います。

そのためには、「行動を起こす」それも、「考えながら動く」ことが大事だと思います。よく「行動力が必要だ!」と言われますが、そもそも行動力を向上させるためには「行動の量」必要なわけですから、量を増やしていって、行動力という質の次元に上げていく作業が必要なわけです。

そのためには、常に「ポジティブ」でいなければなりませんし、お客様があきらめても自分はあきらめないというコンサルタントのシゴトの前提みたいなものが、重要になってきます。

「自分のビジョンを作る未来志向と、質を伴う行動量」ですね。

 

最初から効率を求めないこと

 

一度失敗するだけで、「自分はこれに向いていないのかな…」と諦める人がいますが、それはほとんどが早合点です。たとえば、小学生の野球少年がリトルリーグで一度試合に負けてしまって、「自分は野球に向いていないのか…」と言い出すようなものです。

 

—たとえばさきほどの行動量のお話にしても、「結局それは効率が悪いだろう」といった意見もあると思います。

新卒の段階で、シゴトに関する効率を求めること自体が間違っていると思っています。もちろん意識すること自体は悪いことではないんです。しかし自ら失敗し、どれが効率的でどれが非効率なのかを「理解」する。これが重要です。効率を意識し過ぎて試行数が少なくなっては意味がない。

「これはいらなかったな」「これは必要だ!」という風に判断していく。数回の失敗で効率を学ぶというのが間違っています。今は最初から答えを求める人が多い。私も前職時代では、自分で考えてこないゼロの状態で「どう思いますか?」と聞かれることがありましたが、これは良くないですね。

まずは、自分なりの「完成」というものを持つ必要があります。

もちろん、それは全て個々人のせい、というわけではなく、今の社会がどこか「失敗を容認できない社会」であることにも問題もあるのだと思います。そういう社会の中で、失敗から何を学んだのか、失敗した原因は何か、ということをしっかり反省することが大事です。

その過程を経て、ようやく行動力という質的なものが伴うと考えています。

 

山本さんのような職種・業種を目指す方々へのメッセージ

 

就活で悩む学生へ

 

学生で直面するのは、「就活」という大きなライフイベントですが、私から言えることは「社会に一度出てしまえば、なんとかなるよ」ということです。何ともならなかった人はいないと思います。

だから、今の時間を最大限楽しんでほしい。それは遊ぶという単純なことだけでなく、面白いこと、楽しいことをしながら、挑戦や失敗もしてほしい。これらは全て糧になるからこそ、その後の人生が何とかなる。

そうした悩みや喜びを知る人ほどヒューマンスキルというような人間性が磨かれ、人をテーマとしたコンサルタントや教育、地域に関する仕事に活かされるはずです。

また、自分なりの「メンター」となるような人を見つけてほしいですね。そういった人を見つけて、自分の不安を取り除きながら、社会に出る準備をしてほしいと思います。

メンターはちょっと先輩という感じだと、いいと思いますね。例えば大学生なら30歳前後でしょうか。

 

なんでも学ぶ「探求心」

 

学生の皆さんは、好き嫌いせず、選り好みせず、なんでも学んでみてください。そういった「探求心」が大切です。本を読み、普段会えない人、自分と違う価値観の人と話すことです。

本を読むことも大事ですが、たとえば「旅」は、自分の発想力を活性化することができますよ。ルーティンだけではどうしても発想がストップしてしまいます。

旅先で見つけたふとしたサービスや人との会話に気づきを得ることもありますからね。それらを学生生活でどの程度やってきたかが、社会人になってからの伸びしろになります。周りの人との「差」というものは、学生のうちはあまり感じられませんが、社会人になり5年~10年経つと大きな差が出ます。

 

一生勉強

 

社会人も、シゴトやプライベートの過ごし方を考えて、学んでいくことが大切です。一昔前ならそうしなくてもやっていけましたが、これからの時代はそうはいきませんからね。

それに、大学と違って、「社会人の学び」には終わりがありません。「一生勉強」ということになりますし、「完全な正解がない」問題も多くあります。そこで納得解を求めるためには、勉強をし続けなければなりません。

 

「足るを知る」

 

「幸福ってなんだろう?」と考えたときに、「足るを知る」という考えを持っていない、知らない人が多いですね。

昔は、経済成長で、同じ会社でずっと働き続けるということが普通でしたが、今はそうではありませんよね。しかし、社会の風潮を見てみると、まだ、旧来型の幸せの在り方につられてしまっているところがあります。

そして、今の若者も例外なくそういう風潮に翻弄されています。そういう旧来型の思考を抜け出すためには、「足るを知る」ということが大切です。

たとえば、「年収750万以上になると、それ以上は年収増加に比例して幸福度は上がらない」ということが海外の研究で報じられていますが、極端な話、お金が増えることで得られる幸せは、1000万でも1億でも相対的に大差がないようです。

今のは、年収についての幸福度の話ですが、「本当は自分の幸せを得るための方法として相応しくない」とわかっているのにも関わらず、社会の風潮に「自分の本当の幸せ」が翻弄され、「自分らしい 幸せ」を見失ってしまっている。

正解はないわけですから、そういった風潮に惑わされず、人生の軸 といえるお金や仕事、生き方に対する自分だけの”納得解”を見出し てほしいですね。

 

—ありがとうございました!

 

<山本さんの諸活動に関する情報>

 

「Ideapartners」Facebookページ

Ideapartnersロゴ

「みらいずworks」公式HP

教育支援NPOみらいずworksロゴ

 

 

スポンサードリンク
IKIKATA 山本一輝

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH