【テクニック】プレゼン直前に確認しておきたい4つのポイント

スポンサードリンク

今回は、プレゼンを目前に控えている方向けに、プレゼン前に確認しておきたいポイントを紹介していきます。

プレゼンを上手におこなう方法といっても、様々な方法があります。たとえば、資料作成の準備や資料の見易さ、レイアウトの工夫に関すること。もしくは、発表中に緊張しないようにする方法などのことです。

しかし、今この記事を読んでいる方の多くは「明日、もしくは近日中にプレゼンを控えている人」でしょう。切羽詰まった状況で「長期的に身につけるべきスキル」を知ったところで、今日明日にそれが身につくわけではありません。

もちろん、何度も工夫して少しずつ上達するスキルの方が小手先のテクニックより大事です。しかし今回は、プレゼン直前の方々向けに最低限確認しておきたいポイントを紹介していきます。また、「プレゼンをするために最低限どんなことを確認すべきか?」を知りたい方も、チェックしてみてくださいね。

プレゼンにあまり慣れていない若手の方や学生の方は、特に要チェックです。

 

プレゼン直前に確認したい4つのポイント!

pexels-photo-139496

(1)ベネフィットを伝える

 

ビジネスパーソンの場合、自社の製品・サービスや、自分の企画案に関するプレゼンをするでしょう。その際に、「商品・サービス」や「企画」の”特長”ではなく、「ベネフィット」を伝えることを意識します。

自分が紹介したい事柄に関してよく用いるのは、「メリット」の観点です。これは、「利点」を伝えること。このサービスはどういう風に「すごい」のかを伝えることになります。しかしそれだけではなく、「ベネフィット」つまり、この商品・サービスによって聴き手側にもたらされる利益まで踏み込んで話をします。

それは決して企画プレゼンだけではなく、何かの説明をするためのプレゼンでも同じ。「このプレゼンを聴くことで、聞き手側にどんないいことがもたらされるのか?」をこちらから提示してしまえば、興味を失われずに済むでしょう。

 

(2)「つかみ」を意識する

 

「つかみ」とは、プレゼンが上手な人がほぼ例外なく上手な技術です。しかしそれを真似しようとしてもすぐにできるようになるのは不可能でしょう。お笑い芸人の真似をしても面白くないのと似ていますね。

ではどうするか? 比較的簡単なものを真似するのです。つかみには様々なやり方がありますが、「質問」「統計・数字」「ストーリー」の3つがあります。

「質問」

「飛行機が墜落する確率と、宝くじが落ちる確率、どちらが高いと思います?」と聴き手も一緒に考えてくれるような質問を投げかける「つかみ」です。

のちに話す内容とまったく関係のない質問をする必要はありませんが、これから自分が話そうとしていることのうち一つを問題形式にして、聞き手に投げかけると、聴き手との一体感が生まれます。

「統計・数字」

「飛行機は「0.0009%」で墜落するといわれていますが、8200年間乗り続けて事故にあうか会わないか、くらいの確率なんですね。ちなみに…」と、具体的な数字や、統計上のデータ等を引用して話すと、情報を受け取る際の信憑性が増します。

もし、事前に準備していたデータで正確な数字や統計データがある場合は、プレゼンできちんと言及する、もしくは、それをそのまま質問にしてしまうこともできます。

自分が話す内容に自然と興味を持ってもらう流れを作るためには、数字や統計データをうまく使うことが大事ですね。

「ストーリー」

「実は、このサービスにはキッカケがありまして、1か月前に…」と、その内容に関するエピソードを入れて話を進める「つかみ」になります。

ストーリーは、特にプレゼンで紹介するものに関して個人的な発想やキッカケがある場合に用いることができます。

ただ粛々と内容を述べるよりも、ほどよくプレゼンターの主観が垣間見える方が、聴き手としては共感しやすいです。

 

「質問」「統計・数字」「ストーリー」…あなたが直前に控えているプレゼンの内容のうち、特に当てはまりやすい「つかみ」を実際に準備してみましょう。

もちろん、その場の雰囲気やタイミングによっては難しい場合があるので、無理は禁物です!

 

(3)ノイズを減らす

 

「要するに…」「えー…」と、自分は気にならないけど、聴き手が気になる…そんなフレーズに注意しましょう。

自分の話を注意して聴いてもらう分だけ、「繰り返しのフレーズ」は聴き手側にとって「ノイズ」になります。内容は良いのにも関わらず、このノイズによって、全体の印象が悪くなってしまうのはもったいないことですよね。

言葉に詰まったり、次に話すことを考えたりするときは「焦り」がありますから、その分「沈黙」が怖くなることもあるでしょう。しかし、数秒間の沈黙は、逆に聴き手を集中させるキッカケにもなります。

沈黙を怖がらず、余計な言葉をなるべく入れずに整理されたプレゼンを心がけましょう。

 

(4)資料をそのまま読まない

 

もし、あなたがしようとしているプレゼンが「資料を読んで終わり」というものならそれはやめるべきでしょう。綿密に作成された資料は、聞き手に安心感と関心を呼び起こすものです。しかし、「見ただけでわかる情報」を再確認することにしかならないプレゼンでは、聞き手を退屈させてしまいます。

資料には必要最低限のことだけを記載し、あとは口頭で話す。そのくらいの割合でいいでしょう。プレゼン資料以外にも、詳細情報が記載された資料はあるはずです。それの中からあくまでも聴き手にとってベネフィットがある部分を伝えるわけですから、全てを伝えようとはしなくていいのです。

資料をそのまま読むのを止めると、不安感がありますし、ノイズにもつながる危険がありますが、それよりも「聴き手の退屈」の方が避けるべきことであるといえます。

 

プレゼン前に確認してみる

StockSnap_TBJ9OPDGMK

今回は、プレゼンを控えている方向けに最低限確認しておきたいポイントを4つご紹介しました。

「ベネフィットを伝える」「つかみを準備」「ノイズを減らす」「資料ではなく口頭で」この4つに注意して、これから予定しているプレゼンをおこなってみてくださいね。

このうちの一つを意識するだけでも、以前とは全然違うプレゼンになるはずです。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。