「生き方」に悩む人へおすすめする「人生を変えるための本」10選

スポンサードリンク

「これから先の自分の将来はどうなるんだろう?」「どういう考え方をもって自分は生きていくべきなんだろう?」

人として生きる以上、自分の人生や生活に自信が持てなかったり、シゴトやプライベートのできごとを通じて自分の「生き方」に悩むことは、誰にでもあることです。

しかし、生き方に関しては様々な人が人生論や哲学を説いており、具体的な行動から考え方まで、様々なことを学ぶ方法があります。

今回は、そんな「生き方を学べる本」をIKIKATA監修のもとご紹介していきます。あなたにもきっと「刺さる」本があります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

目次

生き方を学ぶためのおすすめ本10選!

 

(1)生き方―人間として一番大切なこと-稲盛和夫 著

 

「ビジネスマンの指南書」として名高い本著『生き方-人間として一番大切なこと』。

ビジネスパーソンのみならず、生き方に悩み考える人は「自分はどうやって幸福になれるのか?」を考えます。そういった漠然とした不安を抱えているときは、稲盛氏のシンプルな答えに立ち戻ることが大切です。

そのシンプルな答えとは、「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という掛け算式。本著を読めば、自分の道を進むときに、「何を考えればいいのか?」が明確になります。

 

(2)自分の小さな「箱」から脱出する方法 人間関係のパターンを変えれば、うまくいく!-アービンジャー・インスティチュート 著

 

生き方として必ずテーマになるのが、「人間関係」。人と全く付き合わず人生を過ごしていくことは容易なことではありません。だからこそ、私たちは生涯を通じて、人間関係のパターンを変えて柔軟に生きていくことが必要です。

本著では、あなたが人間関係で秘めている「ホンネ」が図らずも相手に伝わってしまうそう。その状態を「箱の中」と説明し、それを改善する方法について解説しています。

「自分の小さな箱」。それをどう見据えるかどうかで、あなたの生き方も変わってくるでしょう。

 

(3)減らす技術-レオ・バボータ 著

 

2007年にブログ大賞を受賞した人気ブロガーのレオ・バボータ氏の「人生をシンプルにする方法」についてまとめられた本著。

忙しいビジネスパーソンであれば、情報や知識、スキルや経済的余裕と、「シンプルではないものごと」に生活が支配されがち。そんなときこそ、「シンプルに生きる」ことが大切です。

本著では、彼が提案する「人生をシンプルにする方法」が6つにまとめられています。

・制限する
・本質に迫ることだけを選ぶ
・シンプルにする
・集中する
・習慣化する
・小さくはじめる

もっとシンプルに、楽しく生きるための人生。一度本著に目を通してみるべきでしょう。

 

51-dHTiT8kL

引用:https://www.amazon.co.jp/

 

(4)スタンフォードの自分を変える教室-ケリー・マクゴニガル 著

 

人生を考えるうえでは、「自分は何を達成したいのか?」という目標が大切です。しかし、「意志」が強くなければ、目標に向かって行動し続けなければなりません。

本著では、心理学、経済学、神経科学、医学の各分野から「自己コントロール」に関する最新の見解が述べられています。「がむしゃらに頑張る!」ような精神論ではなく、明確な方法を知り、ものごとを進め、ストレスと上手に付き合うことが大切です。

 

(5)人を動かす-デール・カーネギー 著

 

生き方を考えるということはつまり、他人と「協力」し、「一緒に何かをする」ということです。他人に映る自分をどういう風に創っていくか。それは人生をかけたひとつの学びと言えるのではないでしょうか。

D.カーネギーの『人を動かす』は、生き方を考えるうえで必携の著作。彼は、人を動かす秘訣」を本書で述べています。人間関係においては、「人を非難し、傷つけることはまったく無益」と彼は言います。

人との完成の中では、避難ではなく「相手を理解する」ことが大切。そしてそのためには、「相手に『自己重要感』を与える」必要があるのです。

生きるうえで、人との関係性に悩むときは、本著をぜひ紐解いてみるべきでしょう。

 

(6)道をひらく-松下幸之助 著

 

ビジネスパーソンの中で、「松下幸之助」という名前を聞いたことがない人はいないでしょう。彼は、戦後ベストセラー歴代2位である本著で、世の中の多くの人に「人生のあらゆる局面で通用する考え方」を示しました。

「素直に生きる」「心配またよし」などなど、ついつい日常の中で忘れがちだけど、それでも不変な事実を人生の洞察の中で活きたものとして提供してくれる本著には、あなたの人生を考えるキッカケがたくさんあります。

 

(7)お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ-糸井重里,邱永漢 著

 

人生において、「経済的」な悩みは切っても切り離せないもの。「お金は汚い」というイメージだけで生きていくのではなく、きちんとお金のことを考え、自分の考え方を見直していく強い姿勢が重要です。

本著でも、お金のことを考えると「汚い」「うしろめたい」とつい思いがちな日本人独特の感覚を指摘しています。経済的な不安や悩みを抱えている方には、ぜひ人生論として本著をおすすめします。

糸井 欲望にかかわることを、自分の中では「ないもの」にしたがる……。 邱 そういう生き方や発想はどこからきたのかというと、やはりサムライに要求されている資質なんですね。私利私欲がないのが人間としての正しい生き方なのだと自分にいい聞かせなければ、サムライなんてとてもつとまりませんよ。

(本文p.66より引用)

 

(8)7つの習慣-スティーヴン・R.コヴィー 著

 

『7つの習慣』は、最近では漫画で読めるものなどもあり、比較的内容を簡単に知ることができます。でも、ここはぜひ本著を手に取ってみてください。

シゴトでのマネジメントや時間管理、そして人間関係。学生ならば進路選択など、あらゆる局面で通用する「大切な習慣」が述べられています。

具体的なノウハウ本を読むよりも何倍も「価値」が詰まっている本著。ぜひ習慣づけてみてはいかがでしょうか。

 

(9)夢をかなえるゾウ-水野敬也 著

 

ある青年がゾウの形をした神様から課題を与えられ、それを実行していくことで人生を変える物語。あまりビジネス書を読まない方でも、肩に力を入れず読むことができる本著。

この「ゾウの神様」から与えられている課題は、「食事は腹八分にする」「トイレ掃除をする」などといった「具体的なこと」です。しかし、具体的な課題から、奥深い「人生の考え方」を学ぶことができるでしょう。

生きているうえで自分にとって大事な「理念」がないと感じているのであれば、真っ先にこの本に目を通してみるべきです。

 

(10)嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え-岸見一郎,古賀史健 著

 

”人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである”

このように、数々の格言を遺した心理学者・アルフレッド・アドラー。アドラー心理学は、今でも大きな影響を及ぼしています。

テーマである「嫌われる勇気」とは、自分の生き方を貫こうと思ったときに必ず現れる「他人の評価」への受け止め方のこと。他人の評価を気にしすぎず、自分に価値があるということを実感するための方法が本著を貫く考え方になります。

 

「生き方」を考えるためには、「追体験」と「学び」が必要である

 

今回は、あなたが「生き方」を考える際におすすめの書籍を10冊ご紹介しました。

簡単に読める本から、世界的名著まで、様々な本を紹介してきました。これら10冊に共通しているのは「追体験による学び」と表現することができます。

「他人の人生の追体験」とそこからの「学び」こそ、生き方を考えるうえで重要です。今回ご紹介した本は、どれもがその用件を満たしているでしょう。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。