【すぐ実践】キャリアデザインのための3つの方法

スポンサードリンク

キャリアを考えるって、なんだろう?

「キャリア」には様々な意味があります。たとえば、出世や昇進を表す言葉としても用いられることがあります。しかし、「キャリア」というものは誰もが考えるべきことがらです。

本来キャリアとは、就職・出世・現在の仕事等の点や結果を指す言葉ではなく、働くことに関わる「継続的なプロセス(過程)」と、働くことにまつわる「生き方」そのものを指しているのです。
(引用:ManpowerGroup

 

社会で生きていく以上は、はたらかなくてはなりません。人生の多くの割合を費やしてする「働くことにまつわる生き方」を考えるためには、自分の生き方を自分で描いていく知識「キャリアデザイン」が必要です。

今回は、キャリアデザインのための知識と方法を3つご紹介します。この記事を読めば、キャリアを考えるための準備は整ったことになります!

 

キャリアデザイン3つの方法

 

(1)「自分軸」を作る

-shared-img-thumb-YUUKI150321090I9A4199_TP_V

「自分軸」を作る意味

まず「自分軸」を作ることから、「キャリアを考える」ことは始まります。「自分軸」とは、「他人の意見に振り回されることなく自分で選択肢を選ぶための基準」です。

たとえば、あなたが転職を考える際に、「どんなタイミングで転職するか?」を考えます。そのとき、「今のキャリアを捨てて新しい業種を目指すことのリスク」をどうやって判断するでしょうか?

当然、情報収集をしますよね。今現段階でやろうと思っている仕事と今の仕事の将来的な給与の差や、安定さなどを他人やほかの事例と比べて相対的に判断します。しかし、どんなものごとも「リスク」を100パーセントなくすことはできません。必ずリスクは伴うのです。

そんなときに「自分軸」を持っていると、多少のリスクには動じずに、「やりたいことをやる」ことができます。

 

「自分軸」を作る方法

「自分軸」は、自分以外の誰かが考えたことを極力少なくして、残ったものになります。あなたが将来に悩む学生であるならば、まずは「今何となく目指している職業になぜなりたいのか?」を考えてみるべきです。

その理由がたとえば、「親から言われたから」「安定しているから」という「相対的判断」であれば、一度見直してみる必要があります。「誰から言われずとも目指すべきだ」という価値観を持つことが「自分軸」になります。

 

(2)「学びたいもの」を3つ決める

desk-1209778_640

学びたいものを3つ決めることの意味

自分軸を作ることができたら、今の自分が社会で活躍できるために何が必要かを具体的に考えていきます。その際は、「学びたいもの」を3つ決めることが大切です。なぜ3つかといえば、それが現代社会を生きていくうえで最低限の「持つべき専門分野の数」だからです。

一つの分野に特化したスキルを持つことももちろん重要です。「中途半端」はどんな世界でも通用することはありません。しかし、一つの分野一辺倒でもそれは同じこと。AIが普及し、人の手が介在する余地が減少していくこれからの社会の中では、複数分野間にまたがる人材が重宝されます。

 

学びたいものを3つ決める方法

まず1つ目は、「純粋に好きなもの」に関連して一つ学びたいものを決めましょう。Webで記事を観ることがすきなら、Webプログラミング、スポーツが好きならスポーツ関連の歴史や技術を学ぶ、など。どんなことがらでも「学問」にできてしまうはずです。

2つ目は、「嫌いなものの中から選択する」ことです。たとえば英語学習と料理と楽器の演奏がすべてにニガテ意識を持っているのなら、そのうちから1つ選んでやってみましょう。人は食わず嫌いをしやすいものです。「一度チャレンジしてみる」ことが重要です。また、「すべて一度やったことがある」という人は、もう一度やってみましょう。もしかしたら、以前のやり方が間違っていたのかもしれません。

3つ目は、「必要に駆られてやっているもの」です。「本当はやりたくないけど仕方なくやっている」ことは、みんな渋々やりますね。単純なデータ入力作業や、試験の勉強など、日常では「やりたくないこと」がありふれています。しかしせっかく時間を費やしてやっていることですから、その道のプロフェッショナルになる気持ちをもって取り組んでみましょう。

 

(3)社会の動向を知る

-shared-img-thumb-PAK93_shibuyasukuranble20130615_TP_V

社会の動向を知る意味

社会の動向を知るとは

①時事的な問題から国際問題まで、色々な情報にアンテナを張ること
②情報に関して、自分の意見を持つこと

の2つを指します。

様々な情報を持ち、情報に対して建設的な意見を持つことは、ただスキルを持っている人よりも「課題解決力」が増大します。なぜなら、複合的な問題に対して「解決しよう!」という意識を持つことが、「自分のスキルを何かに生かす」ために最も重要なことだからです。

 

社会の動向を知る方法

IKIKATAコラムでは、情報を入手するために役立つサービスを紹介しています。

ビジネスパーソンの定番!社会を見据える5つのメディア(クリックで記事にジャンプします)

ビジネスパーソンの定番!社会を見据える5つのメディア(クリックで記事にジャンプします)

社会の動向を踏まえて、社会と自分を改めてつなぎ合わせることで、自分の将来が「独りよがりなもの」ではなくなります。

 

まとめ

B&W Man In Fashion Jaket Straightening Tie

今回は、「キャリアデザイン」をするために必要な事前知識と方法を3つご紹介しました。

キャリアを考えると一言でいっても、この作業はとても時間がかかりますし、難しいことでもあります。過度に「独りよがり」になってしまったり、社会に振り回されたりする可能性があります。

しかし、ご紹介した知識を活かせば、そういったことは解消されます。「自分の方向性」を自律的に定めるために、ぜひ実践してみてください!

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。