【毎日にメリハリをつけるために】忙しい人向けの時間管理法5選!

スポンサードリンク

「シゴトが忙しすぎて自分の時間を確保できない」そんな悩みを持つ人は多いでしょう。特に若手のビジネスパーソンには、そういった悩みを持つ人も多いのではないでしょうか?

「自分の時間を確保できない」原因は「忙しいから」に尽きると思われがちですが、実はそれだけではありません。「時間管理がうまくできていない」ことが原因の場合も多いのです。

「時間管理がうまくできていない」方は、本当は工夫次第で自分のしたいこと、すべきことに割けるはずの時間を無意識に過ごし、「無駄にしてしまっている」可能性があります。もしかすると、あなたは忙しいのではなく、うまく時間管理ができていないだけなのかもしれません。

余暇やリラックスするタイミングとして「有意義に使える時間」を無駄にしてしまうことは、大きくとらえれば「人生の損失」であるとも言えます。また、業務時間以外でビジネスやキャリアのことについて考えたり、そのために学んだり情報収集をしたり…という時間を確保することは、現代を生き抜くビジネスパーソンにとって重要なことでしょう。

そこで今回は、忙しいビジネスパーソンが実践すべき「時間管理術」を5つご紹介していきます。自分の有意義な時間を増やすための方法を実践してみましょう。シゴトの効率化にも繋がります。

 

ビジネスパーソンの時間管理5つの方法

mindmap-2123973_640 (1)

(1)「いつ、どこで、何のためにするのか」をあらかじめ決める

 

あなたが「意識して時間を過ごすとき」はどんなときでしょうか? きっと、「目的を持っているとき」でしょう。「~を終わらせる」「○○に取り組む」といったすべきことをあらかじめ決めておけば、目的をもって時間を確保する動機になるのです。

うまく時間を管理できない理由の一つは、「無意識で過ごしてしまう時間が多いこと」です。意識的に「コレをしよう」とあらかじめ決めてその通り実行すれば、今まで見えていなかった時間を「見える化」することができます。

まずは、今日すべきことを「いつ、どこで、なんのために」するのかを決めておきましょう。

たとえば、「業務時間外に何をするのか?」を朝のうちに決めておくと、帰宅してからの時間を有効に活用できますね。

 

(2)残ったシゴトを今日中にやるか、明日にやるかを即決する

 

「まだあれが終わってないんだよな~」と気にかけながら過ごすことは、とてももったいない時間の過ごし方であるといえます。

「今日終わらせる必要はない」ことに考えを巡らすのは時間を浪費することに繋がります。今すぐ実行するか、今日は手を付けないと決めるか。どちらに”即決”しましょう。

それでも不安が残る場合は、明日にまず最初にやるべきことを「ToDo」としてまとめるとよいでしょう。

 

(3)時間を制限し集中する

 

時間の管理がうまくできていない理由の一つとして、「だらだらとシゴトをしてしまう」ことが挙げられます。シゴトに集中するための時間は、「30分」「1時間」といった区切りごとに設定しある程度「制限する」ほうが効果的です。

シゴトだけではなく、あらゆることに「時間制限」を意識すると、細切れにした時間をうまく使うことができます。

締切や期限が差し迫って、ものすごい集中力で取り組んだ経験がある人は多いでしょう。そういった状況を自分で作り出すことで、時間を効率的に使うことができます。

しかし、焦りすぎは禁物です。ミスや失敗をしないように、時間配分を考えながら時間を決めてシゴトに取り組んでみましょう。

 

(4)今の時間の使い方を見直してみる

 

もしかすると、「今していること」「日常的にしている習慣」には無駄な作業や行動が含まれているのかもしれません。シゴトでいつもしていることや、プライベートで無意識にしていることの中にも「もっと短縮できること」や「省くことができるもの」があるかもしれないのです。

自分の生活を見直してみて、多くの時間を費やしていることの中に「余計に時間を使っていること」がないかを、確認してみましょう。

たとえば、シゴト帰りの帰宅ラッシュを避ける方法を考えたり、混んでいる時間帯にスーパーへ買い物に行かないようにしたりといった細やかな工夫も大切です。

 

(5)失敗や反省に時間をかけ過ぎない

 

「今日の反省」を習慣的におこなう人も多いでしょう。今日うまくいったこと、失敗したこと、改善したいことなどを、一日の終わりシゴトから帰ってきて見直すことは、継続的なスキルアップのためには大切なことです。

しかし、そういった反省と「いつまでも失敗をくよくよ悩む」のは別のことです。そしてそういった行動は自分が想像している以上に時間を浪費してしまっている場合があります。

そうならないためには、「ストレスを解消する」のが良いでしょう。いつまでも悩んでいても状況は変わりません。それなら、自分が活用できる時間をめいいっぱい楽しみ、大切にするべきではないでしょうか。

参考記事:【ストレスフリーな生き方】忙しい社会人のためのストレス解消法10選!

 

「時間」に区切りを入れて、時間を”創る”

aaron-burden-149691

時間管理というと、リマインダーやスケジュール管理を思い浮かべがちですよね。そういった仕組みづくりや習慣は大切ですが、それとはまた異なる「時間の区切り方」が時間管理の中では大切です。

時間を区切ることで、今まで確保できていなかった時間を”創る”ことができるようになります。

今回ご紹介した5つの方法はすべて、「時間」を意識的に活用するための方法です。自分で「自らの時間をどのように活用するべきなのか?」を考えて実行できることこそ、「自分のために時間を使うこと」と言えるのではないでしょうか?

忙しさの中に飲み込まれずに、今の時間を一生懸命意識的に楽しむためには、地道な「時間管理」が大切です。ぜひ、実践してみてくださいね。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。