実例紹介!これからの社会人に必要なパラレルキャリアの考え方とは?

スポンサードリンク

 

記事の3つのポイント

 

・「パラレルキャリア」は本業とは別の「もう1つのキャリア」
・仕事をただの収入源としてしか見ない考え方は古くなった
・自分のスキルの発揮と応用のために「パラレルキャリア」は必要である

 

「パラレルキャリア」とは?

question-mark-2123967_640

「パラレルキャリア」とは何でしょうか。辞書的な意味は…

ピーター・ドラッカーが著書『明日を支配するもの』等にて提唱しているこれからの社会での生き方のひとつ。現在の仕事以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加することを指す。(引用:Wikipedia

本業のキャリアのほかに、もう一つ別のキャリアを持つことを指します。ドラッカーは、この「パラレルキャリア」がなぜ重要かを、2つの理由で説明しています。その理由とは…

①労働寿命が伸長したから
②逆境のときに大きな意味を持つから

①は現代社会に当てはめて考えるとすぐ分かります。日本国内だけで見ても政府は「一億総活躍社会」を掲げ、女性や高齢者を含めた一人ひとりの国民が活躍できる社会を目指していますね。政策内容の是非にはここでは立ち入りませんが、社会全体として、人の一生のうち、「仕事」に携わる時間に対する価値観が変わっていることは確かでしょう。

②について、ドラッカーはこのように論じています。「第二の人生、パラレルキャリア、篤志家としての仕事をもつことは、社会においてリーダー的な役割を果たし、敬意を払われ、成功の機会をもつということである。」
今、現代社会は「働き方」という面で大きな過渡期を迎えています。もはや終身雇用制等の制度は減少していますし、一人ひとりの社会人が自らのキャリアを変化するものと捉えていかなければならないのです。

「パラレルキャリア」は、現代社会において必要なキャリアの考え方であるということは間違いないようです。

 

「パラレルキャリア」の具体例

mindmap-2123973_640

では、「パラレルキャリア」とは、具体的にどんな仕事を指すのでしょうか?ここでは、代表的な例を列挙していきます。

・地域活動
・ボランティア
・NPO活動
・クラウドソーシング

パラレルキャリアは「収入だけを目的としているわけではない」ことに注意して下さい。「副業」よりも大きな考え方なのです。ボランティアやNPOは、報酬をもらうことはありません。しかし、「スキルアップ」や「社会貢献」といった収入を目的外とした「仕事」も、「パラレルキャリア」には含まれます。

「それだけで稼げなければ、意味が無いのではないか?」という声もあるでしょう。しかしながら、企業の「CSR活動」が消費者一般の目に見える形で行われることが増えてきたり、「ソーシャルビジネス」といった考え方も広がりを見せている現代社会においては、社会人一人ひとりにも、こういった「社会的責任」があると考えることができるのではないでしょうか。

そして、そのような活動の中から、画期的な商品やサービスが生まれてくる可能性だってあるのです。仕事をただの収入源としてしか見ない考え方は、自らのキャリアを狭い範囲でしか見ていないことになります。

 

現代人に「パラレルキャリア」が必要な理由は2つある

StockSnap_CB8PFQR6E9

さて、「パラレルキャリア」について概観してきました。

では、「パラレルキャリア」という考え方が、どうして今、必要なのかを今回のコラムで提示していきます。提示内容は2つです。

①現代人には、深い専門知識と広い教養が求められているから

「T型人材」という言葉があります。このT型人材とは、「1つの専門分野+幅広い分野の教養を持つ人材」という意味です。

「多様性」「グローバル化」という言葉が叫ばれるようになって久しいです。この多様化、グルーバル化している社会においては、様々な分野の人々との「協働」が必要です。ビジネスにおいても、様々な分野の人々がチームとして協働することで、ゴール、目標への到達が可能になります。

本業だけで、この専門分野と広い教養を身に着けることは不可能では無いのですが、「パラレルキャリア」の考え方を実行に移せば、より多様化した社会の中で自らのスキルを発揮できる人材へとなれる、と考えることができるでしょう。

②アイディアやイノベーションは既存のものからできるものだから

アメリカの経営者ジェイ・エイブラハムは『アイデアのつくり方』という著書で「イノベーションとは既存の要素や、既知の事実を組み換えるだけのことだ。」と述べています。

斬新な商品やサービスに、当てはまる考えではないでしょうか?
そしてこの考え方は、社会人一人ひとりにも当てはまります。

私たち一人ひとりがあらゆる場所、自らの活動場所でスキルを磨き、社会活動を行えば、「既存の要素」や「既知の事実」のロケーションを変えていることになりますね。

あなたが持つ専門分野・得意分野は、そこでしか活かせないのではなく、活かす場所を確保していないだけなのです。

自分を活かせる場所を、最初から限定してしまうことを止める。
言葉で言うほど簡単なことではありませんが、その点を意識するだけで、自分のスキルに対する応用性に気づくことができます。

 

「意志」「責任」「プロ意識」を持つ

winter-road-arrow-74780

さて、「パラレルキャリア」には、いくつかの注意点があります。

注意点とは、「意志」「責任」「プロ意識」を、本業のみならず、「パラレルキャリア」上においてもしっかりと持つ、ということ。

「パラレル」という言葉から連想すると、どうしても「副業」という固定観念に縛られがちです。あくまでも、もう一つのキャリアであることを明確にすることが大事です。

収入の無いボランティアやNPOであれば、なおさら注意しなければなりません。

「自らの社会的価値を高めるため」に、もう一つのキャリアを築く」という観点を持ち続けることが重要です。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。