【19卒向け】就活は自己分析で9割終わり。今日からできる自己分析のやり方!

スポンサードリンク

「就活期間」…多くの人が不安や期待を抱く時期です。

もはや周囲の大人からは(全然そんなことはないのに)不安を煽られている気さえしてきます。

何を準備すればいいのかなど漠然と迷うことも多く、1人で考えていると困ってしまうことも。
そこで今回は就活の肝である「自己分析のやり方」を紹介していきます。

自己キャリアについて考える際は、「自己分析」は欠かせません。

 

自己分析とは?

question-mark-2123967_640

そもそも自己分析とは「自分を探る」作業のこと。

就活の際に行う自己分析とは、「どんなシゴトがしたいか」「どんなシゴトが自分に向いているか」「どんな会社に行きたいか」を認識・理解すること。(『コトバンク』より引用)

自分を探ることでキャリアを志向することが目的だと言えます。

自己分析のゴールは自分のファーストキャリアを認識することです。

よく勘違いされていますが、自己分析というのは就活のエントリーシートを出すまでにのみ行うというものではありません。私たちはこれまで進学でも自己分析をしてきましたし、ファーストキャリア以降も一生自己分析をしながら「自分探し」をしていくのです。

 

自己分析の必要性3つ

glenn-carstens-peters-190592

では自己分析はなぜ必要なのでしょうか?

その理由は3つあります。

 

①自分が”なにで”できているかを知れるから

自己分析は過去・現在・未来の時間軸で考えるのが一般的です(後述します)。

自分が「どの場面でどんな判断をしたか?」「その結果どうなったのか?」を考えていく。

そうすることで、「自分は何が好きで何が得意でどんな価値観があるのか?」そして「それらはどのようにしてその基準になったのか?」を再考することができます。

 

②自分の”限界”を良い意味で知れるから

自己分析にも限界があります。

経験をしていないことは当然ながら分かりません。そのため、漠然とした不安や「自分がこれを好きか嫌いかも分からない」というような壁にぶつかります。

これは自分の引き出しの限界に達したと考えていいでしょう。

それ以上考えてもそのジャンルからは何も出てきません。その部分は経験するしかないのです。

 

③自分の”次の行動”に対する当たりをつけられるから

②の段階で壁にぶつかったとしたらそこが自分の限界ですから、なにかしらのアクションを起こす必要がありますね。

その際にはその「自分の限界の壁」に合った経験をするしかありません。例えばバイト、インターン、就活イベント、OGOB訪問、ニュース記事を見る、友達・先輩に相談などなど。

 

以上3つを述べてきましたが、これらを聞いただけでも自己分析の必要性は感じて頂けたと思います!

次は、具体的な「自己分析」のやり方についてご紹介します。

 

自己分析のやり方

mindmap-2123973_640

前提条件として、「キャリアアンカー」「ロールモデル」について考えておくことが挙げられます。
詳細については自己分析のための「キャリアアンカー」とは? 見つける2つの方法をご覧下さい!
短い時間でおこなった自己分析だとしても、自己分析のゴールは次の就活に対するアクションを考えるということに設定してください。

「1自己分析に対して1アクション」を心掛けることが重要です。
さっそくやり方の詳細に入りますが、大きくわけて4ステップあります。


①自分の「性格」について考える

⇒何をするのが好き?何をするのが嫌い?
(それぞれ過去・現在の軸で考える)

②「志向性」について考える

⇒やりたいこと、やりたくないこと、できること、できないこと
(それぞれ過去・現在の軸で考える)

③人生で何を大切にしたいのか

⇒組織人(会社人)として、子供として、親として、パートナーとして、社会に対してしたいことはあるか(こういう社会になればいいな、という価値観)
(それぞれ未来軸で考える)
前提条件を含めて考えて、全く引き出しから出てこないものがあった場合、それは「経験が足りていない」ということを指します。ボス戦の前に経験値を稼ぎに行きましょう。(バイト、インターン、就活イベント、OGOB訪問、ニュース記事を見る、友達・先輩に相談などなど)
もしすらすら書けたら④へ。

④就活で大事にしたいこと(軸)

⇒条件を考える:規模(大手、ベンチャー、外資等)、エリア、福利厚生、どんな人と働きたいのか、給与、オフィス環境
④まで考えたら最後に具体的な企業まで考えさっそくアポをとって会いに行きましょう。
下記におすすめの就活サービスを記載しています。


以上です。

ここまで長々書いてきましたが、冒頭でも言った通り、自己分析は一生やるものです。

1自己分析1アクションを心掛けて、着実に前進しましょう。

おすすめ!就職・転職サービス

自己分析と並行して自分にあった企業探しも進めましょう。今回は中でもおすすめの就活サービスをご紹介します!

人事と、肉を食べる就活。『ニクリーチ』

人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる『ニクリーチ』

https://29reach.com/

『ニクリーチ』の特徴

『ニクリーチ』は、企業の人事とお肉を一緒に食べに行くことで、打ち解けた雰囲気で企業研究をすることができる画期的なサービス。

プロフィールを登録し企業から「スカウト」されることで、カンタンに話を聞きにいくことができます。

どんな人にオススメ?

・通常の就活サービス以外に、効果的な企業研究がしたい学生の方。

・外資系やベンチャー企業の人とキャリアや仕事のことについて話をしたい学生の方。

・とにかくお腹が空いている学生の方(ハングリーさはとても大切です)

最短一週間で内定!『就活ドラフト』

就活ドラフト

https://shukatsu-draft.com/lp_a8/

『就活ドラフト』の特徴

『就活ドラフト』は、最短一週間で内定を獲得できる就活サービス。

登録後、担当のキャリアコンサルタントへ希望する職種・業種を伝えることで、自らの希望に沿った提案をしてもらうことができます。また、就活ドラフトを通した選考は「特別選考」と呼ばれ、通常の選考よりも短期で結果のわかる点が特徴的です。

どんな人にオススメ?

・希望する職種や業種がある程度定まっている方。

・専門のキャリアコンサルタントに就活のサポートをしてもらいたい方。

・とにかくスピード重視で内定がほしい方。

 

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。