【情報収集の重要性】情報を知識に変える思考法2つ

スポンサードリンク

情報収集…就活やビジネスパーソンのキャリア形成において、「情報を集めること」は最重要課題といっても過言ではありませんね。

しかし、ただやみくもに様々なサイトを眺めていたり、目的や目標がないまま好きなことを調べたりするだけでは、自分の知識として活用するための情報を集めたことにはなりません。得た情報を「知識」に変えて、具体的な自分の仕事や生活に生かすためには、既存の思考法を用いた情報収集が最適です。

今回は、「情報収集をして、得た情報を知識にするための思考法」を2つ紹介します。

紹介する思考法を用いれば、情報社会の波を乗り越え社会で活躍できる人材になること間違いありません。

 

「情報」と「知識」の違い

情報と知識の違いを明確にしておこう!

情報と知識の違いを明確にしておこう!

 

ビジネスや日常においては、「情報」と「知識」は同じもののように扱われていますが、実はその内容はまったく異なるものです。

情報:物または人について提供されるまたは知らされる内容。

知識:経験または教育を通して獲得される情報と技術;あるテーマの理論的もしくは実践的理解。
(引用:SEO Japan

情報は、「事実」のかたまりです。たとえば、統計データや官公庁に提出する書類の説明、辞書や百科事典は「情報」です。

対して「知識」とは、情報を経験によって分析した結果、完成するものです。

ただ情報だけを多く持っていても結局それを実践することはできなければ知識と呼ぶことはできない。これは当然のことです。あなたの周りで活躍している人たちも、「行動に次ぐ行動」を繰り返し、得た情報をもとに動いているからこそ、「知識」が身についていくのです。

では、情報を知識にするために必要なことを紹介していきます。

情報を知識にするために必要な2つのこと

(1):有言実行

「退路を断たれた!」そんなときが一番いいパフォーマンスを発揮できる

「退路を断たれた!」そんなときが一番いいパフォーマンスを発揮できる

「有言実行」。言葉の通り、「言ったことをやる」という思考を指します。一度言ってしまった以上、後戻りはできないという言い方で用いることもありますね。

人は、確かな可能性が見えるまで行動を起こしたくないものです。しかし、そんなことを言っていてはいつまでも行動に移すことはできません。調べたら、即行動。この循環がスキルアップに繋がります。

たとえば、あなたが学生でレポートを書くとします。そのとき、ネットや文献を調べてから書き始めます。提出まで時間があると、「しっかりとこれ(ネット・文献)を読んでから書き始めよう」と思いがち。しかし、そこですぐに書き始めましょう。

また、たとえばあなたが新規事業の立ち上げを任されたとします。現状分析やセグメントの設定など、するべきことはたくさんあります。「分析をしっかりしてから商品・サービスを考えよう」と思いがちです。しかしそこで、分析しながら内容を考えてみましょう。

このように、「今の時点では不可能だ」と思うことをあえてやってみる。もちろんそんな「有言実行」の仕方は時には挫折を伴います。成功しないこともたくさんあります。しかし、そこであえて行動を起こした人は、他の人よりも格段に「知識量」が増えていきます。

(2):情報を繋ぎ合わせる

情報を繋ぎ、経験として「知識化」する

情報を繋ぎ、経験として「知識化」する

情報を繋ぎ合わせることで、情報は知識になります。なぜなら、情報を繋ぎ合わせるという行為は、「経験」になるからです。

ここで、「情報がプラットフォームになる」と語る、マイクロアド代表取締役の渡辺健太郎さんの言葉を引用してみましょう。

情報を自ら集めるというよりは、さまざまなパートナーと協業して集まった情報をつなげていきます。これからは、多次元の情報を知り、それらをうまくつなぎあわせられる人や会社の価値が高まっていきます。(引用:CNET JAPAN

マーケティングの世界に関わらず、この「情報を繋げていく」ことが、人の価値を高めていくことであると渡辺氏は述べていますね。「価値」こそが知識になるのです。

事業拡大のみならず、この「情報を繋げる」ことは、私たち一人ひとりが行うべきことです。「この情報で何ができるか?」「明日の自分を変える要因はあるか?」ということを、情報を得ながら絶えず考えていきましょう。

もし、それで何も思い浮かばなかったら、その情報は「知識」に値しない情報であると判断することもできます。

世の中で光る人材になるための情報収集を!

「有言実行」と「情報の繋ぎ合わせ」…この2つの思考法をもとに情報収集をしましょう。

情報を集めているとき、この意識の違いがあるだけで、学びの効率や知識量の増え方に格段の違いがあります。世の中で活躍している方々はこの2つに関して桁違いのスキルを持っています。

社会で一目置かれる存在になるために、明日から実践していきましょう。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。