若手ビジネスパーソンの「仕事効率化」-3つの実践的思考

スポンサードリンク

「シゴト効率化」…あなたは意識的にタスクへと向き合っているでしょうか?

日々、積み重なるシゴトを効率的にうまくこなしていくことは、キャリア形成において最も重要なことであるといっても過言ではありません。なぜなら、私たちは日々積み重なるタスクにどのように対処するかということを通して、自分のスキルを磨いていくからです。

どんな業界、職種/業種においても、すべてのビジネスパーソンは「0からのスタート」です。学生や若手ビジネスパーソンには経験がない分、意識的なシゴト効率化を実践しておくことが重要です。

成長し、活躍するためのカギ「シゴト効率化」。今回は、若手ビジネスパーソンが実践するべき3つの「シゴト効率化」のための実践的思考をご紹介します。

 

今回のゴール

・シゴト効率化にホントウに必要なのは思考法であることを知る
・「時間」「モチベーション」「意味」の3つからシゴト効率化の実践的思考を知る
・シゴト効率化のサービス・アプリが「三日坊主」にならないような思考を持つ

 

ホントウのシゴト効率化は「思考法」にあり!

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

シゴト効率化というと、「リマインダー」や「Todoリスト作成」、またはスマホアプリの使用などの「ソフト面」が主ですよね。しかし本当に重要なのは、タスクに対する「考え方」、すなわち「実践的思考」なのです。

たとえ使いやすいサービスやアプリをダウンロードしてみても、それらシゴト効率化のためのツールを使うこと自体が三日坊主では、元も子もありません。

ということはつまり、これから紹介する「実践的思考」を先に身につけてしまえば、それら便利なサービスやアプリを効果的に活用することにもつながります。

キーワードは、(1)「時間」思考 (2)「モチベーション」思考 (3)「意味」思考 の3つです。

 

(1)「時間」思考

「制限時間を設ける」

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

日々のタスクの忙しさに気をとられてしまうとイチバン忘れがちなのが、「時間」です。時間を忘れてしまうほど集中できるということはとても良いことのように覚えてしまいますが、実はそうではありません。

なぜなら、「時間を忘れてしまう」ことで「必要のない方法」をとっているかもしれないからです。あなたが日常的にこなすデスクワークも、実はもっと効率よく終わらせることができるかもしれません。

「時間」を意識に上らせ、いつでも時間を気にすること。そして、それでもなお「時間に余裕を持てる」思考が重要です。そのためには、いつも行っているタスク、新しく取り組むシゴトに取り組む前に、「制限時間」を決めておきましょう。

そうすると、日常的に反復しているシゴト、タスクに関して意識的な時間配分ができるようになります。「昨日は30分と決めて実質終わったのが45分…時間内に終わらせるための方法は何か?」 この思考ができるようになれば「時間」思考は完成します。

 

(2)「モチベーション」思考

「仲間と競い、モチベーションを構築する」

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

ルーチン化したタスクをこなすことは、人にとって苦痛の1つになります。飽きてきますし、ないがしろになってしまうこともしばしば。また、新しいシゴトに取り組む場合においても、「本来やりたくない」という風に思ってしまうことは、若手ならなおさらあるのではないでしょうか?

そんなときは、「モチベーション」の構築を先にしておくべきです。モチベーションを向上させるために最も効果的なのは、「他人と比べる」という思考。シゴトは本来、同僚や仲間、チームと協働してあらかじめ設定したゴールや成果物を目指すものです。よって、仲間やチームの他の人々とシゴトの早さを比べたり、能力を比べたりすることは一見問題のある行為に見えます。

しかし、そうではありません。自分と同じ内容のシゴトやタスクをこなすうえで「同じ土俵で競うこと」には大きな意味があります。

たとえば、マラソンで自分と同じ能力の人が後ろを走っている場合、単独で走るときよりも速いタイムを出すことができるように、「同じゴールに向かって競う仲間」がいることはモチベーション構築のために一役買うのです。

 

(3)「意味」思考

「『その先』を観て、1つ1つのタスク/シゴトに意味を持たせる」

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

自分が今取り組むシゴトの中で積み重なるタスクのほとんどは、「あまり意味のないもの」に感じるのは当然です。「これ、本当に自分がする意味があるのか?」「手間だけかかって全然面白くないな…」 そう感じてしまうのは当たり前です。

特に、若手のうちは経験を積む必要があるため、場合によっては「自分の想像していたシゴト」とは似ても似つかないタスクを背負わされることもあります。

ここで必要なのが、日々積み重なるタスクの1つ1つに「明確な意味」を持たせる思考です。

明確な意味を持たせる思考で役立つストーリーがあります。キャリアカウンセリングで有名なたとえ話「4人のレンガ職人」です。以下、引用してみましょう。

旅人が広場でレンガを積んでいる職人たちにたずねました。

「そこで何をやっているのですか」

職人A:見ての通り、レンガを積んでいるんだ。
職人B:大きな建物を作っているんだ。
職人C:歴史に残る立派な大聖堂を作っているんだ。
職人D:みんなが集まって幸せな気持ちになれる場所を作っているんだ。

引用:JAVADA情報マガジン4月号 キャリアに関する研究者からの提言【キャリアナウ】

 

シゴトやタスクは同じでも、今そのシゴトに取り組んでいる「意味づけ」さえしっかりしていれば、1つ1つのシゴトが限りなく大きなゴールを目指していることに気がつくことができますね。

このたとえ話には、たくさんの解釈があります。しかしタスクやシゴトに対して「明確な意味」を持たせるという意味で重要なのは、B~Dさんは「シゴトの先を観ている」ということです。

今取り組んでいるシゴトにどの程度の「ビジョン」「目的意識」を設定するかは、誰かに決められてすることではありません。そのシゴトに取り組む全員で「ビジョン」「目的意識」を共有することが重要です。

その当事者の一人として、「このシゴトには、どんな意味があるのか?」「このタスクをこなすことでもたらされることは何なのか?」を考える。それが「意味」思考です。

 

まとめ:ツールやソフトの前に3つの実践的思考を!

今回は、3つのキーワード(1)「時間」思考 (2)「モチベーション」思考 (3)「意味」思考 からシゴト効率化のための実践的思考を紹介しました。

冒頭で述べたように、世の中にはシゴト効率化、タスクをすばやくこなすサービスやアプリがたくさんあります。私たちはソフト面においてとても恵まれているといえるのではないでしょうか。

しかし、若手ビジネスパーソンにとって必要なのはサービスやアプリをインストールすることではなく、タスクやシゴトへ向き合うための「思考法」なのです。

(1)~(3)の実践を経て、あなたのキャリア形成が「効率化」されることを願っています。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。