仕事を辞めたい人が後悔しない転職の4つの注意点

仕事を辞めたい人が後悔しない転職の4つの注意点
スポンサードリンク

「仕事を辞めたい」「仕事が嫌い」と感じている状態で、今の仕事を続けるのは苦しいですよね。仕事を辛くしなくする方法や、継続できる方法を試しても、一向にモチベーションが変化せず毎日憂鬱な方も多いのではないでしょうか。

この記事を読んでいるあなたは、「今の仕事は嫌い」と感じ転職を検討しているかと思います。今回は、仕事を辞め、次の職場への転職を成功させる方法について、おすすめの転職サービスを含めてご紹介していきます。また、やめたいと考えているあなたが転職というアクションを実際に起こすために考えておくべきことについても同時に解説しています。

この記事を参考にして、新しい職場選びや働き方の見直しのためのノウハウをぜひ学んでくださいね。

「仕事が嫌い」は退職理由になるのか

「仕事が嫌い」は退職理由になるのか

「今の仕事が嫌い」「仕事を辞めたい」という理由から今の仕事を退職することは、世間でどのくらい一般的なものなのでしょうか? 仕事が単純に嫌いという理由の統計データはありませんが、通常のビジネスパーソンがどのような理由で退職・転職をしているのかを示すデータをDODAが掲載しています。

「働き方」への関心が高まり、待遇や環境の改善のために転職を考える人の割合が上昇

参考:転職理由ランキング – DODA

この統計では、「他にやりたい仕事がある」が一位、「会社の将来性が不安」が二位というように、働き方そのものへの考えによって、退職と転職に踏み込んでいることがわかります。

今の仕事が嫌い、辞めたいという感情自体はネガティブなものですが、その嫌い辞めたいという感情の根拠や原因を遡っていくと、このランキングに示されているような原因が明確にあなた自身の中にあることが分かります。

ですから、仕事を辞めたい/仕事が嫌いという理由を退職理由にすることは間違いではありません。それどころか、現状に満足せずしっかりと働き方を見つめ直す時点で、自分の働き方を本気で考える第一歩を踏み出しているといえるのではないでしょうか。

「仕事を辞めたい人」が転職すべきタイミングとすべきでないタイミング

仕事を辞めたい、仕事が嫌いという理由で退職し、新しい職場へと転職することは間違いではありません。しかし、同じ「仕事を辞めたい」「仕事が嫌い」という理由を持つ人の中でも、転職すべきタイミングとそうでないタイミングがあります。

転職すべきタイミング

転職すべきタイミング

1 人間関係に悩んでいる場合

「職場の人間関係が原因で仕事を辞めたい」と感じている人はとても多いでしょう。大抵の場合、仕事での悩みは人と人の間の関係に尽きると言っても過言ではありません。しかし、人間関係は現場にいる人との間の個別的なケースが大半です。他人からの相談や友人のアドバイスだけではどうにもできません。

人間関係は解決するのが最も難しい問題です。仕事のやり方や自分の体力・知力でどうにかなる人間関係の問題はありません。気持ちよく毎日を過ごすためには、転職を検討すべきであるといえます。

2 労働環境が悪く身体を壊している/壊しそうな場合

労働環境が悪く、身体を壊しかねない、もしくは、精神的なストレスで憂鬱である場合も転職を考えるべきでしょう。労働環境の悪さに苛まれ、身体を壊してしまうことは、あなたの人生を壊しかねません。すぐに環境を変えるべきでしょう。人間関係の問題と同じく、自分ひとりではどうしようもないケースが多いため、転職を考えましょう。

3 年数関係なく「自分には合っていない」と感じる場合

「3年までは我慢して仕事を続けるべき」「1年でもすぐに自分には合わないと思ったら辞めるべき」…世の中には様々な仕事論やキャリアに対する考え方があります。どれも、「その通り」と思わせる説得力がありますよね。

しかしよく考えてみると、職場の具体的な状況や職種・業種による違いは人それぞれで、一概に「何年までは続けるべき」とは言えないことは確かです。ここで辞めても、辞めなくても、未来のあなた自身を決めるのは自分自身であると言い換えることもできます。

あなたが思う理由でそれが「転職すべきでないタイミング」に当てはまらない場合は、「自分に合っていない」と考えて新しい環境に身を移したほうがいいでしょう。年数ではなく、「自分の求める環境かどうか」で決めていいのです。

転職すべきでないタイミング

転職すべきでないタイミング

1 業務のうち、ひとつだけ苦手な仕事がある場合

ビジネスの現場では、自分が主に担当する部署・役職の仕事をひとつだけこなすことはほとんどないでしょう。大抵の方は、雑務を含め様々な仕事を同時に行いますよね。複数の仕事のうち、あなたが苦手とするジャンルの仕事もこなす機会はたくさんありますが、「どれかひとつの仕事が苦手と感じる」場合はすぐに転職をすべきでないでしょう。

理由としては、たとえ他の職場へ転職してもやはり同じような業務が発生する可能性があるからです。転職先でも複数の業務を行い、ひとつ苦手な仕事が発生したら辞める…の繰り返しは避けたいですよね。

ただし、苦手な仕事がメインになり、何度やってもうまくいかない場合は「この仕事は、自分には合っていない」と割り切ることも重要です。自分の基準を決めておき、たとえば「何ヶ月以内に〇〇という成果が出せなければ合っていないと判断しよう」と明確にしておくことが大切です。

2 友人・知人の声だけで判断している場合

退職・転職に悩む上で、信頼できる同僚・上司、友人に相談することは大切なことです。自分を客観的に見ることができないときに、人のアドバイスを参考にすることは視野を広げるいい機会になります。

しかし、他人からのアドバイスは客観性には優れますが絶対的な事実ではありません。現場で辛さや苦しさ、悩みの原因自体を直接感じているのはあなた自身ですから、最後は自分自身で決断する必要があります。

友人・知人の意見や考えだけで退職に踏み込むのは、最終的に転職に失敗する可能性も高くなります。なぜなら、自分自身で退職理由を明確にすることが難しいために、次に見つけた職場でも同じようなストレスを抱える恐れがあるためです。

3 心身ともに「疲れている」ことだけが理由の場合

たとえば、一時的に多忙な時期が続いたり、生活習慣が乱れていたりすることが原因の場合に、一概に「仕事が嫌いだから疲れるのだ」と考えることは大変危険であるといえます。

労働環境の悪さはあくまでも一般的な労働時間や働き方と比較してみることで判断できるものです。自分自身の体調だけで「仕事が嫌い/合わない」を決めてしまうと、また同じような疲れを次の職場で感じたときに「辞めたい」と感じてしまうことになりかねません。

疲れていることが原因だと分かった場合は、今の状況で疲れやストレスを改善できる方法について対策を練ることが先決になります。

「仕事を辞めたい人」が後悔しないための転職4つの注意点

「仕事を辞めたい人」が後悔しないための転職4つの注意点

では、「仕事を辞めたい」「仕事が嫌い」と考えている方が、退職し転職活動を行う際に注意すべきポイントについてご紹介していきます。

1 「退職理由」を明確にする

「仕事を辞めたい」「仕事が嫌い」では明確な理由ではありません。転職の面接時には、「前職を退職した理由」について質問される場合がありますから、「退職理由」を明確にしておくことは転職の成功に直接影響があります。

退職理由を明確にするためには、2つの行程を踏まえておけばOKです。ひとつは「ネガティブな理由をポジティブな理由に代えること」。もうひとつは、「具体的に話すこと」です。

「人間関係での退職」を扱った当メディアコラムでは、下記のように退職理由を伝えています。

良い例

「営業活動をするにあたって、前職では時短や効率化を偏重する流れがありましたが、その中でも顧客満足度を下げずにお客様に商品を提供できるよう努めておりました。」

悪い例

あなたは営業職で売上を上げるための成約数をノルマを課せられています。その中で、あなたは顧客満足度が高い仕事をするために一人ひとりのお客様に丁寧に時間をかけ接することを心がけていたとします。しかし、時短や効率化を偏重する上司によってパワハラに近い叱りを受けていました。

人間関係が理由の転職はアリ?退職理由の伝え方・考え方

2017.06.08

2 キャリアの棚卸

「キャリアの棚卸」とは、自分自身のスキルを客観的に見て、どんな経験を積みどんなスキルを身に着けてきたか? を明確にすることです。自身のキャリアを振り返ることで、転職する志望企業への選考時の自己PRに繋げることができます。

3 次の職場に求める条件を決める

退職理由と自己PRのためのキャリアの棚卸をした後は、具体的な企業を調べていくとともに、自分が求める職場の条件を明確にする必要があります。「なんとなく」で決めてしまうと、また同じような環境の職場に行き着いてしまう場合があります。

自分の求める条件…たとえば「給与」「評価制度」「勤務時間」「勤務地」などをあらかじめ明確にしておきましょう。

4 転職エージェントで職場を探す

具体的な企業を探すのと同時に求める条件をあらかじめ明確にしておくといえど、「実際、自分にとって働きやすいのか?」を自分一人で調べることはカンタンなことではありません。そこで活用できるのが転職エージェントです。

普通の転職サイトとは異なり、転職エージェントと相談したり企業側と交渉したりしつつ、自分の求める条件の企業探しをサポートしてくれます。下記でおすすめの転職エージェントをご紹介していますので、是非参考にしてください。

後悔しない転職は事前準備が必要です

後悔しない転職は事前準備が必要です

今回は、様々な理由から「仕事を辞めたい」と考えている方に向けて、転職すべきかどうかのタイミングや、転職する場合の注意点についてご紹介してきました。

ネガティブな原因によって仕事をやめた後は、仕事をする事自体へのモチベーションが大きく下がってしまうことも珍しくありません。ですが、ここであなたが楽しく毎日仕事に向かえる方法や環境はまだまだあります。

諦めずに今回の記事を参考にして頂き、転職に成功されることを願っています。

転職を成功させるために活用すべき転職サービス

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

20代の転職活動に最適!『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/dainishinsotsu/lp/013.html?utm_source=cpa_002&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_002&nst=0&jno=494911&t=20170331192726

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

IKIKATA編集部がおすすめする転職サービスランキング

下記の記事では、今回ご紹介した転職サイト・サービス以外にもおすすめの転職サイト・サービスをランキング形式でご紹介しています。それぞれの特徴をおさえつつ、一番使いやすい転職サービスを見つけたいなら、下記の記事を参考にしてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職サイトを業界・ニーズ別にみるなら「IKIKATA Database」

IKIKATA Database

下記サイト「IKIKATA Database」では、業界別・ニーズ別にあらゆる転職サイトを特徴ごとにご紹介しています。自分の属する業界や仕事、転職先として考えている業界ごとに最適な転職サービスを見つけたいなら、下記のボタンから参考にしてください。

スポンサードリンク
仕事を辞めたい人が後悔しない転職の4つの注意点

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。