【今すぐできる】仕事の集中力を高める5つの方法

スポンサードリンク

集中力は誰でも身に着けたいスキルの一つ。

学習や読書、仕事などあらゆる「集中しなければならないとき」に集中できることは、もはや一つのスキルといえます。なぜなら、集中力を自分で発揮できることでパフォーマンスを上げることは、なにごとに関しても有効な「効率化」の手段だからです。

好きなことや得意なことには集中できるけど、学習や仕事に集中できない…という方や、集中できるまでに時間がかかるという方は、集中するための方法やテクニックをしらないために損をしています。

そこで今回は、いますぐ実践できる「集中力を高める方法」を5つご紹介します。すぐに実践して、パフォーマンス向上に努めましょう!

 

集中力を高める5つの方法

 

(1)デッドラインテクニック

時間を区切って集中する

時間を区切って集中する

作業をする前に、「制限時間を設ける」方法です。

タイマーをセットし、制限時間を自ら設けて作業に取り組みます。この方法は、人のクセを逆に利用してしまう方法として最も効果のあるものです。

(2)デスクを整理する

邪魔なものを置かない

邪魔なものを置かない

作業をする机やデスクに何もおかないくらいにしておく方法です。視界から、作業道具や本以外のものを取り除くことで集中できます。

集中しようとするときは、誘惑に負けないように作業場所を変える方法もありますが、今すぐ集中したい場合は、まず目の前の机の上に何も置かないようにしてみましょう。

(3)短期目標を定める

短期目標を作業ごとに決める

短期目標を作業ごとに決める

集中しておこなうことに対して、「短期目標」を定める方法です。

読書に例えるならば、数百ページの本をすべて読み終えることを「長期目標」とします。その目標だけだと、今日一日や、時間を決めた数時間といった短い区切りで集中することが面倒になってしまいます。

「一日に何ページ読む」「今日はここまで終わらせる」というように、あらかじめどこまで集中するかを決めておくことが大切です。

(4)ご褒美を用意する

自分の好きなものをご褒美にする

自分の好きなものをご褒美にする

目標とは別に、自分にとって「ご褒美」になるようなものを準備しておくといいでしょう。

たとえば、「この作業後にケーキを食べる」「音楽を聴く」といった簡単な事柄で結構です。あまり高尚なご褒美は入りません。必要なタイミングで集中力を発揮するためには、単純に感情を動かされる「好きなもの、こと」をご褒美として設定するのが最も簡単です。

(5)導入の音楽を聴く

集中するまでの間に聴く

集中するまでの間に聴く

作業中に音楽を聴くかどうかは、人それぞれ分かれるところです。しかし、集中するための「入口」で、集中用の音楽を聴き、その曲を入口にして集中力を増していく方法があります。

何をするかにもよりますが、集中したらパッと音楽を止めて、目の前の作業に集中する。音楽を聴ける環境は限られますが、「いつもこの曲で集中し始める」という曲を一つ決めておくとなお便利です。

 

集中力は社会人の基礎である

B&W Man In Fashion Jaket Straightening Tie

今回は、集中力を高める5つの方法をご紹介しました。

集中力は、意識しないうちに時間を忘れて…という状況で発揮されているものではなく、「自発的に作る」ものです。今回ご紹介した方法を読書や学習、仕事に効果的に生かして、パフォーマンスの向上を目指しましょう。

集中力を自発的に高めるスキルは、社会人にとって必須のものです!

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。