【まとめ】社会人が知っておきたい5つの社会問題

スポンサードリンク

社会の流れはすさまじく、少しでも情報収集を怠っているとすぐ取り残されてしまうのが現代社会。

世の中のビジネスパーソンは、日々の業務をこなしながらも社会の動向をしっかり見ておく必要がありますが、刻々と変化する社会の波に乗ることはそれほど簡単なことではありません。

自分のキャリア選択(就職、転職)やキャリアアップを考えるときも、社会の動向を把握しておかないと思わぬデメリットが発生する場合があります。しかし、ただ流れている情報をながめているだけでは、社会の動向をしっかり見据えることはできません。

そこで今回は、社会に生きるビジネスパーソンが押さえておきたい社会問題を、5つに厳選してご紹介します。この記事を参照にして、情報収集をしてみてください。この記事は、その「ポータル」的な役目です。

 

そもそも、社会の動向を知る意味は?

question-mark-2123967_640

5つの社会問題をご紹介する前に、そもそも論として「社会の動向を知る意味」を少しだけ説明します。

「いくら社会の問題を知っていたところで、具体的なシゴトには役立たないのではないか?」 そう思う方もいるでしょう。そして、その疑問は半分当たっています。

しかし、半分は「ハズレ」なのです。あなたがたとえば将来「転職」を考えるとします。その際に、「給与」「企業の成長性」「必要なスキル」などを考慮して転職するかどうかを考えますね。

そんなときに、それら考慮する基準 「給与」「企業の成長性」「必要なスキル」を自分の周囲の状況や「思い込み」だけで判断することは、当然ながら危険なことです。

自分の身の回りの環境や、自分が転職するメリットを考えるときでさえ、それを決めている根本は「社会の動向」にあります。ですから、情報収集をして、自分に影響のある社会問題をしっかりとらえておかなくてはならないのです。

 

知っておくべき社会問題5選!

では、今回の主旨である5つの社会問題をご紹介します。

 

(1)待機児童問題

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

 

○概要

多様な社会問題が織り交ざる「複合的問題」である

待機児童問題とは、認可保育所に入れない子どもが増加している問題です。「厚生労働省保育所入所待機児童数(平成 26 年 10 月)」によると、”平成26年4月の待機児童数21,371人から、21,813人増加した。”とあり、その問題は解決に向かうどころか、様々な社会的要因が積み重なって、いまだ解決の兆しは見えません。

待機児童問題は”「保育園落ちた日本死ね」と投稿した匿名ブログ”が政局がらみで取り上げられ、メディアでもその関心度が増してきている問題。しかしそもそも、待機児童問題は最近起こった問題ではありません。

また、待機児童がゼロの地域もあり、こちらは人口の一極集中の問題と絡んできます。また、保育士の労働環境の悪さ、という問題や、女性の社会進出という観点もあることから、「複合的な問題」ということができるでしょう。それに加えて、待機児童問題は、地方と首都圏でまったくその様相が異なる点にも留意しておくべきでしょう。

○問題から何を学ぶべきか?

複合的問題を考えることで、自分と社会のかかわりを見出す

ワークライフバランスや雇用形態、働き方など、私たちの社会生活に著しい影響を及ぼす問題であるのが「待機児童問題」です。子どもを持つ家庭が、今後の社会でどう考え行動していくべきかの示唆は、こういった複合的な社会問題を考えることで与えられるでしょう。

あなたがもし、将来のキャリアのために「待機児童」の多い地域に身を置く場合のことや、子どもの教育をどのようにしていくべきかといった将来のことを考えるうえで、大変重要な問題です。

「人口集中」「ワークライフバランス」「女性の社会進出」といったことがらが織り交ぜあう複合的問題を考えることで、自らのキャリアと「社会」とのかかわりも、見えてくるかもしれません。

○参考記事

待機児童は、いろんな問題が絡み合った結果だ。-地域経済ラボラトリ

厚生労働省-保育所入所待機児童数(平成26年10月)

「保育園落ちた日本死ね」待機児童問題を解決する、ある大胆な提案-現代ビジネス

 

(2)テロリズム

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

 

○概要

日本の動向と国際状況

2015年11月、フランスのパリでISによるテロが発生し、130人が巻き込まれてなくなりました。また、2016年に入ってからも、トルコの首都でテロが相次ぎ、多大な被害が発生しています。そういった国際状況のもとで、日本の安倍政権は「安保法制」を成立させ、政治問題としてメディアでも活発な議論が交わされました。

ISは、中東の国々(イラン、イラク、シリアなどの国々)に拠点を置く「イスラミック・ステート」と呼ばれるイスラム原理主義過激派組織。テロやITを利用した活動やその組織形態などで、「9.11テロ」を起こしたといわれる「アルカイダ」と呼ばれる過激派とはその組織を異にしています。

ISの他にも、様々な組織がおり、遠く離れた日本では複雑化する問題についていけなくなっている。それを危惧している専門家やジャーナリストも多くいます。

○問題から何を学ぶべきか?

表面ではなく、根本をとらえる

テロリズムは人の恐怖をあおる最悪な手段です。しかし、イスラム教全体がそういった組織であるとの間違った認識を持っている人も、少なくないのではないでしょうか。

イスラム教は、経典「コーラン(クルアーン)」を最重要視する一神教。開祖はムハンマドという預言者です。「アッラー」という唯一神を信仰しているとされますが、「アッラー」はアラビア語で「神」つまり、ユダヤ教の「ヤハウェ」、キリスト教の「ゴッド」と同じ存在を指します。

上記の説明は、イスラム教の基礎知識です。これは「テロリズム」を考えるための事前情報のごく一部であり、その他にも知らなければならない情報がたくさんあります。たとえば、中東社会がこれほどまで問題を抱えている思想的背景やイスラム教の「ジハード(聖戦)」の意味などの宗教的観点、その他、LGBTなどを代表とした「多様性」というトピックの国際社会における浸透や、日本国内における「アンチテロリズム」の動きや、緊急時の体制などを知る必要もあります。

こういった「具体的情報」を基礎とした問題意識が、キャリアを考えるうえでも役に立ちます。グローバル化が浸透してもはや久しい現代社会において、あなた個人のキャリア選択すらも国際的な観点が必要になってきます。

国内にとどまる、世界を目指すにかかわらず、こういった多様な文化・宗教・思想の存在をしっかり認識し、それをもとに自分の決断ができるようになる必要があります。

○参考記事

ISが犯行声明 パリ同時テロはどんなテロだったのか?-Yahoo!ニュース

トルコ イスタンブール 自爆テロか4人死亡-NHK NEWS WEB

○参考文献

池内恵『イスラーム国の衝撃』2015年、文春新書

 

(3)メディアと広告

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

 

○概要

バイラルメディアが話題になるネット社会

「バイラルメディア」とは…

「バイラルメディア」とはFacebookやTwitterなどのSNSの情報拡散力を利用して、インパクト・話題性のある動画や画像を中心とした記事に、短期間で爆発的なトラフィックを集めることを目的としたブログメディアを指す。(引用:マイナビニュース)

あなたが「ネットでみた!読んだ!」というときの話題は、たいていがこの「バイラルメディア」というものの情報でしょう。話題性のある記事や動画をサイト内に掲載し、莫大なトラフィック(流入してくる量のこと)を得る。そしてその分、掲載してある広告の収入が得られる。これを利益とするのが、バイラルメディアです。

SNS(Facebook,Twitterなどのサービス)による拡散(シェアやRT)で、話題性のある記事がまたたく間に広がっていく。2015年はメディアが乱立した時代でもあり、私たちの「情報収集」はより過密しているものとなりました。

有名なバイラルメディアでいえば「BuzzFeed(バズフィード)」が最も有名です。このメディアでは、話題性を的確につかむためにデータサイエンティストを配しています。もはや、影響力のあるメディアはTVや新聞ではないのかもしれません。

○問題から何を学べるか?

メディアの情報に右往左往されない情報リテラシー

一見問題として受け取ることが難しいメディアの動向ですが、ビジネスパーソンにとっては最も関係があるように思える問題ではないでしょうか?

上記「バイラルメディア」という言葉も、マーケティングの用語の一つ。会社の自社WEBサイト「オウンドメディア」の構築や、インターネットによる効果的な広告や販売が重要視されてくる世の中では、そういったビジネス的な観点からメディアを考える必要があります。

しかしそれ以上に重要なことは、「情報の受け手」としての私たち一人ひとりのことです。私たちは、IT技術が進展し、国際状況も目まぐるしく変わる現代社会に生きている以上、「すぐに情報が届く」環境に慣れ過ぎてしまっています。そうしますと、上記「バイラルメディア」の情報に右往左往させられてしまう危険性もあるのです。

大量の情報に流されずに、自分の意志や考えをもって自分のことを考える必要がある現代のビジネスパーソンにとっては、情報を目的的に理解し解釈する「情報リテラシー」のスキルが重要です。メディアとのかかわり方や、情報とのかかわり方を考えながら、自分の将来やキャリアを考えなければなりませんね。

○参考記事

バイラルメディアとは?~今知っておきたい!要注目のマーケティング・キーワード~-SMMLab

爆発的人気を博したバイラルメディアに陰り、一方で伝統メディアは記事のバイラル化に拍車-THE HUFFINGTON POST

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。