薬剤師の転職で失敗する原因TOP5と解決策

OZ85_shijiwosrudansei20140321160044_TP_V
スポンサードリンク

薬剤師は国家資格です。専門性があり、地域に関係なく求められる人材であるといえるでしょう。しかし、「今より自分の求める条件や環境で仕事がしたい」と考えている方は多いはず。でも、専門的な仕事ですから、求人や転職活動には不安がつきまといますよね。

そこで今回は、薬剤師の転職を考えている方・薬剤師の転職をしたいが足踏みしてしまっている方向けに、「薬剤師の転職に失敗する原因」と「失敗しないための解決策」を解説していきます。ご紹介する解決策をしっかりおさえておくことで、不安を払拭し、転職活動をぜひとも成功させましょう。

薬剤師の転職に失敗してしまう原因TOP5と失敗しないための解決策

SAYA072155409_TP_V

1.大手→中小、中小→大手の制度の違い

原因は?

薬剤師に限らず、規模の大きい職場と小さい職場では、管理や制度といった社内の仕組みの面が大きく異なります。

大手から中小規模の職場に転職した場合、たとえば危機管理体制や規則の緩さなどがギャップに感じられるでしょう。また、その逆もあり得ます。

解決策

その職場の経営方針や規模を求める条件として明確にしておくことです。給与や勤務地、就労時間などの基本的な事項だけではなく、「自分にとってどのくらいの規模の職場が、自分の働き方に合っているか?」をハッキリさせておきましょう。

たとえば、小規模な職場だと少ない人員で店舗を回さなければ行けない場合があったり、ひとりで多様な職務に責任を負うことにもなるでしょう。最初からそういった違いを考慮に入れた職場選びが重要です。

2.ブランクを考えに入れていなかった

原因は?

薬剤師の仕事から一度離れ、再度薬剤師として転職した際には、当時働いていた頃の職場と、現在とでどのような違い・変化があるかを見落としがちです。ご自身のブランクを考慮に入れず、入職してから仕事に不安や心配を抱えてしまうことになってしまう場合があります。

解決策

資格を持っている方と言えど、ブランクがある方の場合は、社内研修制度や規則・ルールや職場の雰囲気など、「ブランクをカバーできる制度・仕組み」がきちんと整っているかを考えなければいけません。薬剤師の場合は保険制度や医薬品の勉強を継続する必要がありますから、一般的な仕事よりも社内にサポートしてもらえるような仕組みや風土があるかを重視しましょう。

3.人間関係の内情をよく知らなかった

原因は?

前職で、人間関係の問題で転職することになった方は、次の転職先は慎重になりますよね。しかし、「人の入れ替わりが激しくない」「現場の方が好印象だった」というだけでカンタンに決めることには、危険があります。

解決策

詳しい内情などを事前にリサーチし、求人案件を紹介する際に教えてくれる転職サイト・サービスが多数あります。ご自身の知り合いや同僚から事情を聴くのには限界がありますから、こういった転職の専門アドバイザーに内情を事前に伝えてもらうと言った工夫をすることで、働き始めてから「思っていたのと違う」という状況になることを防ぐことができます。

スポンサードリンク
OZ85_shijiwosrudansei20140321160044_TP_V

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH