【社会人1年目必見】新入社員が抱える悩みランキングと対処法

スポンサードリンク

社会人1年目は何かと悩みが多いもの。

学生時代に考えていた理想と現実とのギャップや、失敗やミスへの恐れ…様々な要素が自分の能力の限界を感じさせ、「いっそ辞めてしまおうか…」そう思ってしまうことが多いでしょう。

現に、入社してすぐ辞めてしまう人も少なくありません。自分に合わないと感じたときに「転職」をするのも、現状維持で頑張るのもどちらも「本人の選択次第」です。どちらが”正解”ということはありません。

しかし、社会人一年目の社会人が抱えやすい悩みを知り、その対処法や思考法をあらかじめ意識しておけば、今の自分のキャリアをもっと客観的に見つめることに繋がります。また、ポジティブな気持ちが芽生えますし、シゴトにも集中力が増すでしょう。

そこで今回は、新入社員が抱える悩みをランキング形式でご紹介し、その悩みを解決する行動や考え方についても解説していきます。

「壁」にぶつかったとき、この記事を紐解いてみてくださいね。

 

新入社員が抱える悩みランキングTOP3

 

(1)人間関係の難しさ

mistake-1966448_1280

シゴトや職場に限らず、「人間関係」というものは人の大きな悩みのひとつです。しかし、プライベートと異なり、「職場での人間関係」というものは、避けたくても避けられないといった制限があります。

たとえば、あなたは必要以上に「怒る」上司に苦手意識を持っているかもしれません。もしくは、顧客とのやり取りが想像以上に難しいものであることに、悩んでいるのかもしれません。

人間関係についてすべてのパターンをおさえて対策を練るのは非現実的ですし、また、仮にそうできたところで実行に移すことはできません。しかし、「人間関係」に関する悩みには、共通して意識すべき3つのポイントがあります。

「人間関係」で意識すべき3つのポイント

1.いつでも相手に「一理ある」と考えること
2.挨拶をはじめとした基本的な礼儀を忘れないこと
3.他人の評価を真に受けすぎず、他人への悪い評価を流布しないこと

1は、対話や議論、その他のコミュニケーションすべてにおいて意識しておくべきことです。誰しもが、自分の考えに自信を持ち、知らず知らずのうちにそれを「正当化」します。

この正当化は、ある程度「自分に自信を持つ」ことや「自分の行動に責任を持つ」ために必要なことですが、行き過ぎは禁物です。なぜなら、「他人の意見を真に受けない」というクセが早い段階から思考の「型」としてしみ込んでしまうからです。どんなことを言われても、「一理あるな」と考える余裕を持とうと努力することで、いかなる状況でもそこから「学ぼう」とする意識が生まれてきます。自分を客観視する能力が必要であるといえます。

【メタ認知】自分を客観的に見て「判断力」を身につける6つの方法

2016.08.22

2は、社会人としての基礎基本と言われますが、それ以前に「人としての基本」です。そしてこの基礎基本は、人を理解するための第一歩なのです。

人は、「理解できないもの」を恐れます。そして、過剰に反応しようとします。たとえば、あなたが苦手意識を持つ上司に対して、「できる限り関わらないように…」と遠ざけているとします。そうすると、相手(苦手な上司)の考えていることが余計に理解できなくなり、自分側から「バリア」を張ってしまうことになります。そうすると、さらに「苦手意識」は増幅し、取り返しのつかないことになってしまうのです。

そうならないためには、突然「腹を割って話す」「深い話をする」といったようなハードルの高いコミュニケーションではなく、「挨拶をする」「敬った行動をする」といった礼儀から入る必要があります。

また、基本的な礼儀には、常識的な立ちふるまいも含まれます。まずは、常識的なふるまいをしっかり知り、基本的なコミュニケーションをおさえておくことが大切です。

好かれようとしなくても大丈夫。コミュニケーションが苦手な人へが実践すべき4つのこと

2016.08.03

3は、日々のシゴトの中で特に意識しておくべきポイントです。シゴトというのは、例外を除いて「誰かからそのプロセスと結果を評価される」ものです。営業ノルマにしても、新規顧客獲得数にしても、契約数にしても、あなたが属する企業あるいは組織の重要な評価指標に乗っ取って、結果が評価されます。

結果を意識して創意工夫をしたり、もっとうまくできるように相談したり…といったことは当然すべきですが、「この間の業務に関してネガティブな評価を受けた」ということをいつまでも恐れる必要はありません。”評価”は、あくまでもあなたが次回以降に改善すべきポイントと、もっと伸ばすべき「伸びしろ」をあなたが知るための情報・資料です。

また、3の後半部分「他人への悪い評価を流布しない」という部分。こちらも注意が必要です。自分以外の誰かをあなたが「評価」する。それは時と場合によって必要なことがあります。チーム作りや、特定の業務にふさわしい人を探す場合などは、こういった「能力」「実績」の部分で評価すべきときがありますよね。

しかし、そうではなく「人格」「性格」「(その人の)失敗例」を口に出して「流布」(言い広めること)すべきではないのです。自分への評価は「一理あるな」と受け止めつつ、自分はネガティブな評価を誰かにしないようにすることで、人間関係を構築する際に自分が持つ「下心」を抑えることができます。

他人への評価をうまく行いつつ、自分への評価をしっかり受け止めるためには、周囲から信頼を得るリーダーシップである「サーヴァントリーダーシップ」という考え方が役に立ちます。

「サーバントリーダーシップ」をみにつけるための10の方法

2016.07.01

 

(2)「ミス」「失敗」への恐怖

divorce-separation-marriage-breakup-split-39483

新入社員は、経験が浅く、膨大な量の「覚えるべきこと」を一つ一つ自分の業務として把握する必要があります。

しかし、一部「覚えることが得意な人」や「要領がいい人」を除いて、たいていの場合は「ミス」「失敗」をしてしまいます。失敗やミスで一度「苦しい思い」「辛い思い」をすると、職場に赴くことすらいやになったり、余計なプレッシャーを感じてしまうこともありますよね。

しかし、余計なプレッシャーはさらなる失敗やミスを誘発します。そうならないためには、「失敗」や「ミス」を避けつつ、失敗やミスから学べる部分を最大限に活かすことが必要です。

「失敗」「ミス」に関しては、IKIKATAコラムでも扱っています。ぜひ参考にしてみてください。

仕事のミスをなくせ!ロジカルにミスや失敗をなくす5つの方法

2016.07.23

大切なのは、「失敗」「ミス」を恐れないように、それを避ける方法や、活かす方法をできる限り知っておき、現場でそういったノウハウをフルに活用すること。

また、失敗やミスで感情的にたまってしまった「ストレス」をうまく解消するような工夫・ケアも必要です。

【ストレスフリーな生き方】忙しい社会人のためのストレス解消法10選!

2016.05.22
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。