速読術って必要?メリットとデメリットを考える

速読のメリット&デメリット
スポンサードリンク

速読術は、本を早く読む技術。自己研鑽、スキルアップのために本を読むビジネスパーソンは多いと思います。そういう方々にとって、速読術はぜひ身につけたい技術の一つといえるでしょう。

しかし、速読術は本当に役立つのでしょうか?今回は、速読術を覚えることのメリットとデメリットを考えていきます。速読術を学ぶ前に、ビジネスパーソンにとって速読術にはどんな効果があるのかを明確にすることで、読書は初めて有効な情報収集の手段になりうるのです。

速読術のメリットは、ズバリ「早く読めること」

pexels-photo-46274

速読術のメリットとは何か? それはズバリ、「早く読める」ことです。

「なんだ、そんなの当然だ」という声が聞こえてきます。その通りです。しかし、よく考えてみると、人が一生に読める本の冊数はイメージよりも少ないものです。

たとえば、1週間に1冊のペースで読書をするビジネスパーソンの場合を考えてみます。

20歳から1日1冊読んでいくと1ヶ月で4冊。

年間で48冊。

80歳まで生きると仮定すると、残りの60年間欠かさず読み続けても、わずか「2880冊」

近所の図書館の本すら、一生かけても読み終えることはできません。対して、人が一生のうち得なければならない情報量や、得られる情報量は格段に増えていきます。

雑多な情報をどの程度でシャットアウトしつつ、本から重要なことを学ぶことができるかは、ビジネスパーソンにとって重要な課題ではないでしょうか。

速読ができるだけで、一生に読むことのできる冊数が劇的に増える。

速読術は、ビジネスパーソンの良質な情報収集のために必要なことであると考えることができます。

速読術のデメリットは、ズバリ「読みすぎで時間の無駄が増えること」

books-education-school-literature-48126

対して、速読術の最大のデメリットは、「無駄な情報が増えること」です。

先ほど、良質な情報収集のために速読術が必要であると述べました。しかし、良質かどうかは、本の内容によるのもまた、事実です。付け焼刃的な自己啓発書をいくら読み込んでも、実際にアウトプットすることがなければ本棚の肥やしになってしまうだけ…ともいえますよね。

また、情報社会では人が得る情報量は格段に増えていますから、情報の取捨選択も重要なこと。そんな中、ただやみくもに速読術を身に着けたとしても、余分な情報を自分に取り入れてしまうだけになってしまう可能性もあります。

やみくもに余分な情報を取り入れないようにするためには、読む本を厳選することが大事です。

たとえば、書評や要約サービスを活用し、読み始める本を厳選してしまえば、良質な本に限って読書をすることができます。

一冊10分で読める! 本の要約サービス【フライヤー】

 

また、IKIKATAでも、「生き方」を学ぶための名著を10冊ご紹介しています。

「生き方」に悩む人へおすすめする「生き方の本」10選

2016.08.13

無駄な情報を自身に入れることに敏感になりつつ、速読術や便利なサービスを活用することがビジネスパーソンの読書には必要であるといえるのではないでしょうか。

まとめ -メリット・デメリットを理解して健全な読書を-

pexels-photo-256541

今回は、速読術のメリット・デメリットについて見ていき、ビジネスパーソンが速読によって読書をする意味はあるのかどうか、について考えてきました。

結論を整理すると、下記のようになります。

メリットは、良質な情報源である「本」を効率的に読めること。デメリットは、良質でない本を読んでしまうと「時間の無駄」になってしまうことです。

デメリットを防ぐためには、要約サービスや書評を活用して、「良質な本」に限定して読書をしていくという対策をご紹介いたしました。

情報社会においても、まだまだ本の力は絶大です。だからこそ、読むべき本は厳選し、自分の身になる本を効率的に読み進めていきたいですね。

おすすめ転職サービスTOP3!

転職を検討している人に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

282da089f277e23916fc8071b26ee6be

ビズリーチの特徴

無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 現在や直近に在籍していた会社にはプロフィールが公開されないので、会社には転職活動がバレたくない方
  • ヘッドハント機能があるので、エグゼクティブ・管理職の方
  • 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch.(スウィッチ)

7a67fa99d48b15242ff903d4f8d04c30

Switch.(スウィッチ)の特徴

Switchはfacebookを活用した日本初の新感覚スカウト転職サイトです。

利用している事が他人にはばれず、企業にfacebook情報は公開されません。
面倒な会員登録もたったの1分!気軽かつ安心に利用出来るサイトとなっています。

採用が決定すると、なんとAmazonギフト券10,000円分がお祝金としてSwitchより贈呈されます!

どんな人にオススメ?

  • 20~40代のフェイスブックアカウントをお持ちの方
  • 利用している事が他人にばれたくない方
  • 小難しい手続きなしに安心して転職活動したい方

3位 リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

スポンサードリンク
速読のメリット&デメリット

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH