信頼できる人に共通する5つの特徴とは?

スポンサードリンク

「信頼感のある人」「安心して仕事を任せられる人」あなたの周りにもきっといることでしょう。信頼感のある人は、必ず結果を出し仕事ができる人と評価されることが多いものです。ビジネス・仕事は信頼感がキーであるともいえるからこそ、日々の仕事の中で信頼感を社内・社外で構築できる人物になることが重要であるといえます。

今回は、信頼感のある人、信頼を得ることができている人に共通する特徴をご紹介し、信頼感のある人になるための考え方を解説していきます。この記事を読むことで、あなたのキャリアに役立つ「信頼を得るためのノウハウ」を知ることができます。

信頼は仕事をする上で最も大切な要素である

hand-the-hand-gesture-stick-39393

冒頭でも述べたように、信頼感があることは仕事をする上で必須事項であるといえます。その理由とは、まさに仕事が何によって成り立っているかを考えれば明瞭です。

仕事とは、どんな職種・業種であれ、「誰かに何かを提供しその対価をもらう」ことで成立します。それは、お客様・クライアント・上司・部下、どんな関係性であってもそうです。あなたは、仕事をすることで何らかの成果を出し、その成果に見合った評価を受けることで様々な役割や業務をまた新たに受けていくのです。

たとえば、カンタンな例としては「仕事の期限を守る」といった基本的なことも「信頼」を得るためには必要なことです。期限内に仕事を終わらせることができなければ、様々な関係者に迷惑がかかり、本来出せるはずだった利益を逃すことになるかもしれません。

仕事を任せる人と、任せられる人。仕事を担当している人と、進捗管理を行う管理者。その立場は違えど、どれも「信頼感」を得ることで安心して仕事をすることができるのです。

仕事には、どんなものであれ「信頼感」と信頼に足る能力が必要なのです。

信頼感のある人の5つの特徴とは?

信頼感のある人は、ただ単に「信頼できそうだ」という見た目の雰囲気だけではなく、実際に信頼を得るに足る具体的な特徴を持っています。裏を返すと、その要素を知り、日々の仕事の中で実践していくことで、信頼を積み重ねることができるということでもあります。では、信頼感のある人に共通する5つの特徴について見ていきましょう。

1 ウソをつかないこと

truth-257160_640

信頼感のある人は、ウソをつきません。

人間は誰しも「ウソ」をついてしまう心の弱さを持っています。また、自分ではウソをついていると考えていなくても、いつの間にか「ウソ」をついてしまっているということもあります。

信頼を得る人は、自分がウソをついていないかを自分自身で明確にしています。だからこそ、仕事に関して、また、プライベートに関しても人に誤解や偽りの情報を与えることがありません。関わる人に「あの人がいうことは間違いない」と一目置かれる状況を作るためには、ウソをつかないことが最も近道であるといえるでしょう。

2 約束・ルール・期限を遵守すること

time-273857_640

信頼感のある人は、約束・ルール・期限を遵守します。

口頭で交わした約束や、一度決めたルールや期限を遵守することで、関わる人に自ずと信頼感を持ってもらうことができます。

約束を遵守するためには、「無理な要求・依頼」を元から否定し現実的なタスクに落とし込むことが必要不可欠です。そのためには、自分の限界を明確にしておくことが重要でしょう。

また、期限を守ることも、信頼感を得るためには大切です。「完璧主義者が良くない」とよく言われるのは、仕事の成果に対してクオリティを求めるあまり、期限や締め切りをないがしろにしてしまうといったことがあるからです。決められた期間の中で、最大限の質を求めることが必要です。

3 一貫性を持つこと

the-sun-470317_640

信頼感のある人は、行動・考え方に一貫性を持っています。

一度決めたことに対して、後からブレブレな態度や行動を取ってしまうと、その場しのぎをしているだけの人とみなされてしまいます。後から間違いに気づいたときにすぐ方針を修正することは大切ですが、一度決めたことはぶらさない意思と論理的思考力を持つことこそ、信頼感を得るためには必要なことでしょう。

4 気持ちに余裕を持つこと

coffee-563797_640

信頼感のある人は、概して気持ちに余裕を持っています。

いくら論理的な思考力をもっていて、技術や管理能力があるとしても、気持ちに余裕がなければ信頼感を得ることができません。切迫した状況のときに、余裕を持って冷静に物事に当たれることは、部下や関係者から着実に物事を進める人と評価されることに繋がります。

5 結果にこだわること

mindmap-2123973_640

信頼感のある人は、プロセスはもとより、結果を第一に大切にしています。

仕事に限らず、どんな物事にも「プロセス」と「結果」があります。仕事においては、結果をよりよいものにするためにプロセスを見直す効率化の作業が必要です。効率化が叫ばれるのも、結果を志向しているからにほかなりません。

しかし、効率化を追い求めたり、プロセスを重視したりするあまり、目的と手段を混同してしまうこともあります。自分は今本当に結果を求める行動ができているかを明確にすることができれば、プロセスばかりに目を光らせ、逆説的に非効率なことをしてしまう、という信頼感を失う行動を回避することができるでしょう。

信頼感を得ることで仕事の成果・評価も上がる

pexels-photo

今回は、信頼を得るために、「信頼感のある人」の特徴を5つご紹介し、信頼感を得るために必要な考え方・行動を解説してきました。

信頼感は一朝一夕に得られるものではなく、日常的な行動の中で、周りの人の評価とともに醸成されるものです。もちろん、周りの人からの評価だけではなく、実際の仕事のクオリティも向上していきます。

信頼感を得て、仕事で最大限の結果を出せるように、今回ご紹介した5つの特徴を踏まえた行動・考え方をしていきましょう。

 

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。