悔しいときの対処法!感情に流されず生きるバネにするためのコツ

悔しいときの対処法!感情に流されず生きるバネにするためのコツ
スポンサードリンク

「悔しい」と感じるときは、生きている以上たくさんあります。しかし、悔しいときに何をすべきかどうかについて、正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?

それもそのはず、悔しい思いはいっときの感情の爆発のようなもので、時間が経てば忘れてしまうことが多いからです。

しかし、悔しい思いを抱いたということは「自分に足りないこと」「自分が克服したいこと」があったということ。忘れてしまってはもったいないことも多いはずです。

そこで今回は、悔しいときの原因やきっかけを解説しながら、悔しい感情を抱いたときの対処法を解説していきます。

この記事を読むことで悔しい感情に流されずに、悔しさをバネに成長する方法を知ることができます。ぜひ参考にしてください。

Contens

悔しい感情を抱く原因・きっかけとは?

悔しい感情を抱く原因・きっかけとは?

 

悔しいという感情を感じるのは、具体的にどのようなことが原因なのでしょうか、また、どんなことをきっかけにして起こる感情なのでしょうか?

悔しい思いは誰もが感じたことのあるものですが、その原因やきっかけについてはあまり深掘りして考えたことがない人が大半でしょう。

ここで、どんなときに悔しいと思うのか、その根拠をチェックしてみましょう。

 

1 恋愛|失恋や浮気、ケンカなど

恋愛は感情的な結びつきが重要になることがらです。そのため、失恋や浮気、恋人とのケンカでは、「悔しい」と思うことがたくさんあります。

このうち、ケンカであればお互いに話し合ったり、理解し合ったりする機会がありますが、失恋や浮気の場合は、そう簡単に行かないことも多いです。

浮気や失恋などにどう対処することができるのかも、悔しさを上手にコントロールすることができるかにかかっていると言えるでしょう。

 

2 理不尽|不当な扱いを受けたとき

仕事で上司から理不尽な叱責を受けたときや、自分のせいではないことを自分のせいにされたときなど、不当な扱いを受けたときも、悔しさを感じます。

悔しいという気持ちは、本来自分が被るべきではない被害を被ったときの「理不尽さ」を原因として出てくる感情です。

 

3 未熟さ|自分の能力や経験が少ない

たとえば、仕事で失敗したときや、できると思っていたことができなかったとき。自分の能力のなさや経験の少なさに怒りを覚えるとともに、やり場のない悔しさを感じることがあります。

「なんでこんなこともできないんだ」と感じ、自分の未熟さに不満を抱くときも「悔しいとき」に当てはまるでしょう。

 

4 劣等感|他人と比べたとき

「〇〇と比べて自分は大したことがない」と他人と比べて劣等感を感じたときも、悔しい感情が湧いてきます。劣等感は、自分の自尊心の裏返しでもあります。

自分の理想状態と現実とのギャップを、他人の立場や能力を見て再確認した結果、悔しさが出てくるのです。

 

5 後悔|過去を振り返って悲しい気持ちになったよき

過去を振り返ったときに自分の失敗やミスを思い出すことも「悔しい感情」を抱く原因になります。「あのときこうしていれば」という後悔は必ずついて回るのです。


ここまで、悔しいと思う原因ときっかけをご紹介してきました。ときには、上記でご紹介したことが2つ同時に原因となったり、複雑に絡み合って大きな悔しさを感じることもあります。

悔しさの全体像をざっくり把握してきましたが、悔しさを上手にコントロールするためには、「悔しい」という感情をより深く知ることが大切になります。

下記では「悔しい」という感情のそもそもの意味について深掘りして解説していきます。

 

そもそも、悔しいとはどういう意味なのか?

そもそも、悔しいとはどういう意味なのか?

 

そもそも、「悔しい」という感情はどういう意味を持つのでしょうか?

当たり前に湧いてくる感情だからこそ、それに振り回されないように知識として知っておくことが大切になります。

 

悔しいの意味

「悔しい」とは、失敗や恥ずかしいことを経験したあとに、それを忘れることができないときの感情です。また、「悔やまれる」という言葉があるように、後悔のニュアンスで使われることもあります。

( 形 ) [文] シク くや・し

①失敗や恥辱を経験して,あきらめたり忘れたりできないさま。 「一点の差で負けて-・い」 「あんなやつにばかにされて-・い」

②自分のした行為を後悔するさま。悔やまれる。 「かなし妹をいづち行かめと山菅のそがひに寝しく今し-・しも/万葉集 3577」 〔上二段動詞「悔ゆ」の形容詞形。① は近世以降の用法〕 → くちおしい

引用:悔しい – Weblio辞書

本来は自分の過去の行動について後悔することを指す言葉ですが、過去のことだけではなく、他人と比べたときの「このままでは自分はあの人に負けたままだ」という感情も、悔しいに入ります。

「過去に努力していなかったことで、現状が理想とかけ離れている」と感じているからこそ、「悔しい」という感情を抱くのです。

 

悔しいの同義語

「悔しい」という言葉には、ほかに様々な同義語があります。悔しいを言い換えるなら、「口惜しい」「無念」などの言葉が代わりの言葉になるでしょう。

悔しいという気持ちが、「心残りである」ということを示す言葉であることがおわかりいただけると思います。

つまり「これまでの自分を振り返って後悔している」という意味と取ることができますね。

 

反省と後悔の違い

後悔と同じような言葉には「反省」という言葉があります。この反省という言葉は、後悔の感情を自分でコントロールするためのキーワードになります。

後悔と反省には、下記のように違いがあります。

  • 後悔→過去のことを振り返り悔やむこと
  • 反省→過去の自分の行動を振り返り、その可否を考えること

後悔自体は、終りがありません。過去のことをずっと振り返り続け、まっているのはさらなる後悔のみです。しかし、反省は後悔と同じように過去を振り返りますが、同時に過去の自分の行動を分析しています。

未来に向けて過去をどのように活かすかを考えることは、後悔の感情をコントロールするうえでとても重要なことになります。

 

悔しい思いを抱く効果・メリット

悔しい思いを抱く効果・メリット

 

後悔はしても切りがなく、反省することで前に進むことができることを解説しました。しかし、「悔しい感情」を抱くこと自体は、悪いことばかりではありません。

悔しいと思う原因を深掘りしていき、それが何をきっかけにして起こるのかを知る。そのうえで、悔しい思いをコントロールする手法を学ぶことには、下記のようなメリットがあります。

 

1 悔しい気持ちをバネにすることができる

よく言われることですが、悔しい気持ちをさらなるやる気に変換することができれば、大きな力になります。

悔しい気持ちは、「自分は過去にこうしていればよかった」という後悔を生む原因になりますが、同時に過去を具体的に振り返るきっかけを与えてくれるのです。

そのエネルギーを反省に使うことで、過去の自分の改善点を見つけるとともに、今後の自分を変えるためのバネにすることができます。

 

2 経験・スキルアップに繋げることができる

過去を振り返る動機づけになる「悔しい」という気持ちは、過去の自分のどんな点が悪く、反省すべき点なのかを分析するエネルギーになります。

仕事における経験量を増やしたり、スキルアップしたりすることを目的に仕事を頑張っている人はたくさんいるでしょう。

そんな方は、悔しい気持ちを経験・スキルアップに活用するべきです。

 

3 精神力や忍耐力が強化される

過去の自分の悪かった点を振り返るだけでは、精神力や忍耐力を鍛えることには繋がりません。しかし、過去を振り返らな帰れば過去の自分について知ることもできません。

過去の自分について知り、その中から反省をおこなうことで、精神力や忍耐力といった「嫌なことに立ち向かう訓練」をすることができます。

 

4 問題解決能力が自然と身につく

過去の自分について振り返り、改善点を洗い出す作業は、地道ですが必ず効果があるものです。

すでに結果が示されていることから原因や問題点を出し、次の課題に活かすことは、そのまま問題解決力の向上に結びつきます。

また、仕事で失敗やミスをしてしまったときにも、過去の自分を反省する動機が必要になりますが、悔しい気持ちをコントロールすることで、適切なタイミングで振り返りをおこなうことができるのです。

 

5 物事に対して熱心に取り組むことができる

過去の自分を見つめ直し、今後の自分がやるべきことがはっきり見えていると、そうでない場合よりも熱心に様々なことに取り組む動機が生まれます。

もちろん、ただ後悔していたりするだけでは、物事へのやる気を失ってしまうことに繋がります。しかし、後悔の次に反省をしさえすれば、自分を変えるために何が必要かがわかるでしょう。


ここまで、悔しい気持ちを抱くことの効果・メリットをご紹介してきました。悔しい気持ちが公開につながるだけでは、悪循環に陥ってしまいます。

しかし一方で、それを自分の改善につなげられるようにコントロールすれば、人一倍成長できるチャンスがあるといえます。

では、悔しい気持ちを克服するためには、何が必要なのか、その具体的な方法について見ていきましょう。

 

悔しい気持ちを克服するための対処法|悔しいときにどうするべきか?

悔しい気持ちを克服するための対処法|悔しいときにどうするべきか?

 

「悔しい」と感じる気持ちを整理し、今後の自分の反省に活かすためには何が必要なのでしょうか? ここでは、今すぐ実践できることに絞って対処法をご紹介していきます。

ご自身でできることから始めてみましょう。

 

1 「悔しい感情」を自分自身で受け止める

最初にやるべきことは、「悔しい」と感じる自分自身が抱く様々な思いを、一度自分で受け入れることです。

綺麗事に聞こえるかもしれませんが、そうではありません。一度、何が原因で悔しい思いを抱いているのかを、自分で理解することで頭の中を整理することができるのです。

たとえば、仕事における失敗やミスに悔しい思いを抱いている場合、あなたは失敗したことを「仕方なかったことだ」と正当化するのではなく、「ありのまま」受け止めてみましょう。

そうすることで、余計な考えが排除され、次のステップに移ることができます。

 

2 「悔しい」と感じる原因を紙に書き出す

次にやるべきことは、「なぜ悔しいと感じているのか?」その理由を紙に書き出すことです。紙ではなく、スマホのメモ帳やスケジュール帳などでも構いません。

何か悔しいと感じることがあれば、まずはそれをそのまま自分で受け止めます。受け止めたら、次に悔しい原因を書き出すのです。

たとえば、「こんな凡ミスをしてしまう自分がダサい」「失敗して〇〇さんに迷惑をかけてしまった」「取引先に対したことのないやつだと思われたかもしれない」…そういった言葉でOKです。

 

3 解決するための方法を設定する

悔しいと思う原因を書き出したら、自然と自分で解決できることが見えてきます。

たとえば、「同じような凡ミスをしないためにはどうするべきか?」「〇〇さんに迷惑をかけたけど、それをどう埋め合わせるべきか?」…そういった具体的な解決策を、さらに書き出します。

これだけで、悔しい気持ちを解決策へと落とし込むことができます。

 

4 ストレス発散に集中すること

具体的に実行すべき解決策がわかったら、あとはあなた自身に残っている「悔しい気持ち」を発散することに集中します。

趣味に没頭するのでもよし、一日休暇を取ってゆったり過ごすのでも良いでしょう。とにかく、悔しい気持ちが解消されるように、ストレス発散法を試してみることが大切です。

 

悔しい気持ちを感じているときにやってはいけないこと

悔しい気持ちを感じているときにやってはいけないこと

 

次に、悔しい気持ちを抱いているときにやってはいけないことを整理しておきましょう。つい無意識にうちにやってしまうこともあるので、意識しておくことが大切です。

 

1 八つ当たり

家族や友人、恋人など、悔しい気持ちとは関係ない人に八つ当たりしてしまうのは辞めましょう。もし、八つ当たりしてしまいそうになっているなら、距離を置いて話さないようにしておきます。

八つ当たりできる相手がそばにいると、冷静に考えられなくなることがあります。「悔しい気持ちを抱いているな」と客観的に考え、つい近しい人に甘えてしまわないようにしましょう。

 

2 「どうせ無理」と後ろ向きになる

悔しい気持ちは、すぐに終わりのない後悔に繋がります。後悔しないように、自分を律することが大切になります。

後悔しないように自分を律するためには、「どうせ自分なんて」といった、自己否定を絶対にしないことが大切になります。

 

3 不平不満や愚痴

何か悔しい気持ちを抱くと、まず最初にしたくなるのが「不平不満」「愚痴」を誰かに言うことです。

ストレス発散のために不平不満や愚痴を共有することは大切ですが、一番最初にやるべきことではありません。せっかく悔しい気持ちを克服するチャンスが消えてしまいます。

 

4 自己正当化

無理やり悔しい気持ちを抑え込むのはNGです。

悔しい気持ちを抑え込もうとすると、「自分は悪くない」「周りの状況的に仕方がなかった」などの自己正当化が始まります。

正当化するよりも前に、悔しい原因を受け入れ紙に書き出すことに集中しましょう。

 

まとめ|悔しい気持ちは自分自身でコントロールできる

まとめ|悔しい気持ちは自分自身でコントロールできる

今回は、「悔しいとき」が訪れる原因ときっかけのほか、悔しい感情がもたらす効果とメリット、そして、悔しい感情をコントロールし克服するための方法をご紹介しました。

悔しい感情はどうしても湧いてくるものですが、上手に付き合いコントロールすることで、人一倍成長できるチャンスがあるということでもあります。

ぜひ、今回の記事を参考にしていただき、悔しい気持ちをバネに自己成長を続けていってくださいね。

 

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

 

ここでは、今の職場や待遇、働き方に不満を抱いている方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

転職活動というと、下記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

  1. 「失業リスクがある」
  2. 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」
  3. 「転職すると給料が下がる」
  4. 「新しい環境に慣れるのが大変そう」

しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

 

1 転職活動に失業リスクはない!

転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。

一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。しかし、それは”間違い”です。

大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

引用:年代別の転職回数と採用実態 – リクナビNEXT

20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。

つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。

ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。

 

理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」

人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18.6%)が「減る」(4.0%)を大きく上回っている。

引用:中途採用調査 – リクルートワークス

つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に活発に採用活動が行われていることを示しています。

 

理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」

転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

しかし、その点についても心配いりません。今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

  • 求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する
  • 面接を1次〜3次まで突破する
  • 給与条件や入社日を人事側と調整する
  • 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう

これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

でも今は、「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

そのため、転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。

以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

 

おすすめ転職エージェントは下記記事でご紹介しています。活用法や利用の流れも解説しているので、「転職エージェントを選びたい」という方はぜひ参考にしましょう。

 

また、「自分で求人を探したい」「自分のペースで求人を見てみたい」という方は、こちらの「転職サイトランキング」を参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる

転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

これまで得てきた経験を活かすには、「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。

「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。

あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。

もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。

業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、兄弟サイト「IKIKATA Database」のTOPページで掲載しています。

どんな経験・キャリアであっても、それを評価してくれる職場は必ず存在します。

もちろん、経験・スキルによって大幅に求人の見つかりやすさや条件は変化しますが、「今の職場に不満を感じている」のであれば、転職活動を始めてみるべきですよね。

 

3 転職しても給料は下がらない

「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか?

それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

 

年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

また、実際に今のあなたの職種・業種の求人が一般的にどの程度の年収なのかを調べることも大切です。そんな方は転職サイトに登録し、職種/業種の条件から求人を探してみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる

転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。

それはなぜかといいますと、転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。

あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか?

実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

スポンサードリンク
悔しいときの対処法!感情に流されず生きるバネにするためのコツ

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。