おせっかいな人の特徴と心理・対処法!職場や友達にいませんか?

おせっかいな人の特徴と心理・対処法!職場や友達にいませんか?
スポンサードリンク

「おせっかい」はちょっとくらいなら受け入れることができますが、何度も同じことを繰り返されたり、許容範囲を超えるようなことをされたりすると、途端に嫌な気持ちになりますよね。

人間関係がある程度広がってくると、どうしてもおせっかいに困ってしまうタイミングが出てきます。そういうとき、おせっかいを辞めてもらうために何をするべきなのでしょうか?

また、どこまでがおせっかいになるのか、その基準が分からず「辞めて」とも言えない場合もあります。このとき、何を基準に迷惑なおせっかいであると判断すればよいのでしょうか?

人間関係で嫌な思いをすることができる限り少なくなるように、おせっかいな人の特徴と対処法を学んでおきましょう。

おせっかい(お節介)の意味とは?

おせっかい(お節介)の意味とは?

 

「あの人はおせっかいが多い」などと使われる「おせっかい(お節介)」という言葉ですが、実際のところどういう意味なのでしょうか?

よく使う言葉こそ、よく意味を知らずに使ってしまっていることがあります。おせっかいな人の特徴を見ていく前に、言葉の意味をチェックしておきましょう。

 

おせっかいの意味とは

おせっかいとは、「人のためにやろうとしている行為のうち、返って迷惑になるような余計な世話をやくこと」です。また、そういう人やさまを表す言葉でもあります。

 

おせっかいと世話焼きの違い

おせっかいと世話焼きはよく混同されている言葉ですが、正確な意味は異なります。

おせっかいには「買って迷惑になるような世話焼き」という意味がありますが、世話焼きは「相手のためになろうとする行為」を指します。

つまり、世話焼きは迷惑という意味合いが含まれていませんが、おせっかいと言う場合には「迷惑」という意味が含まれているのです。

 

気づかず陥ってしまう迷惑行為・うざい行為が「おせっかい」である

ただし、世話焼きであっても人によっては「迷惑」「うざい」と感じられるようなおせっかいになる可能性もあります。

そのため、人の面倒を見ることが好きな人や、人のためになることをすることが好きな人でも、行動によっては「おせっかいな人」と思われてしまうことがあります。

 

おせっかいの類語

さて、おせっかいの意味について見てきましたが、ここでおせっかいに似ている言葉を見ておきましょう。意味を掴むのが難しい言葉なので、類語のニュアンスを知っておくと理解しやすいです。

差し出がましい

「差し出がましいですが…」などに使う言葉ですが、おせっかいと似た意味を持ちます。「でしゃばっていてすみません」「余計なことを言うようですみません」というニュアンスです。

つまり、おせっかいであると分かっているが相手に何らかの行為をするときに使います。

押し付けがましい

おせっかいは、良かれと思って他人に何かをした結果、それが相手にとって迷惑になってしまう世話焼きのことです。

押し付けがましいとは、「押し付けがましいですが、〇〇すると良いのではないでしょうか?」などと用いる言葉で、「あなたの価値観と自分の価値観の違いは分かっているけど、あえてアドバイスします」というニュアンスがある言葉です。

良かれと思ってやった結果相手に迷惑をかけるかもしれない行為ですよ、ということを示す言葉として使われます。


ここまで、おせっかいの意味を詳しく見てきました。単なる世話焼きとは異なり、「相手の貯めを思ってやったけど、結局相手に迷惑をかけてしまう行為」が、おせっかいになります。

では、そういったおせっかいをしてしまう人には、どんな特徴があるのでしょうか?

 

おせっかいな人の性格と特徴

おせっかいな人の性格と特徴

 

おせっかいな人とは、どのような性格の持ち主であり、どのような特徴がある人物なのか?

それを知ることで、あなたがおせっかいを受けたときにどう対処すべきかがよりはっきりと分かるようになります。

 

1 人助けを善意でおこなう心の持ち主

おせっかいな人は、人助けを善意で行なう心の持ち主です。人助けをしたい、困っている人がいたら助けたいという気持ちがあるからこそ、余計なことまでしてしまいます。

人が善意で人を助けるケースには2種類があります。心の底から相手の力になりたい場合と、相手を助けることによる見返りを求めている場合です。

どちらの場合でも人助けには代わりありませんが、見返りを求めている人は余計なことまでしてしまいがちであることが多いです。

なぜなら、相手の気持ちよりも「自分は相手に何ができるか?」を先に考えるためです。相手が欲していること以上のことをしてしまう結果、相手に迷惑をかけてしまうことになります。

 

2 他人に期待していない/信頼できないという心理

他人に期待していない/信頼できていない人は、他人の行動につい口出ししてしまいたくなり、結果として余計なお世話が増えることになります。

たとえば、チーム全員で仕事を進めている場合でも、おせっかいな人が担当していない業務まで必要上に指摘してきたり、業務分担の枠を超えて手伝ったりすることが多いです。

そういった行為は、ひとえに他人を信用していないことが原因であり、そうすることによってさらに独りよがりになっていくという悪循環が生まれます。

 

3 物事を自分で仕切る能力がある

リーダーシップが強かったり、周りに合わせず率先して物事に取り組むリーダータイプの方は、おせっかいと言われることが多いです。

物事を自分で仕切る能力があるということは、チームで物事を進めたり、目標と計画を立てて人を動かす能力に長けているということでもあります。

そのため、そういったリーダータイプのもとで動くことをよく思わない人に「おせっかいだな」と思われてしまうことがあります。

ただ、この場合のおせっかいは、本来の意味でのおせっかいとは少々異なります。リーダーとして人を動かすためには、余計かもしれないことでもあえてつっこむ行動が必要です。

 

4 コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高いと、それだけ人と接点を作る量が増えます。つまり、世話を焼く相手が増えるということでもあります。

コミュニケーション能力が高い人同士で支え合う場合には、お互いのことを「おせっかいだ」と感じることはありません。

しかし、人との距離感が近すぎて性格的に合わないなどと思われ、「おせっかいな人だ」と思われてしまうことも多くなります。

人と人との関係を適切に保つのはケースバイケースでむずかしいため、正確の組み合わせによってはおせっかいと思われてしまうタイプでしょう。

 

5 他人のことを詮索したり考えたりするのが好き/得意である

自分には関係のないことでも、手伝えることやサポートできることがあれば力を貸す。それは本当に素晴らしいことですよね。

しかし、必要以上に他人のことを詮索したり、口出ししたりしてしまう人は、おせっかいな人と評価されてしまうことがあります。

 

6 主観的な視点で行動する

「自分だったらこうされたら嬉しい」から、相手にも同じようなことをする、という考え方で行動していると、一見助けているつもりでも相手からは感謝されず、むしろ迷惑がられることがあります。

これも線引きがむずかしい部分ではありますが、自分だけの視点で世話を焼いていると、他人から見て自分の行動がどう見えているのかがわからなくなることも多いです。


ここまで、おせっかいな人の特徴をご紹介してきました。上記に当てはまるすべての人がおせっかいだと思われるわけではありませんが、こういった共通点があることも事前に抑えておきましょう。

自分も必要以上に相手におせっかいを焼いてしまわないように、工夫するうえでも活用できるポイントです。

では次に、おせっかいを受けているときの対処法をご紹介していきます。

 

おせっかいを受けているときの対処法・解決策

おせっかいを受けているときの対処法・解決策

 

おせっかいは、決して相手が悪気を持っていないということを抑えておきましょう。そのうえで、その行為が自分にとって迷惑であるということをできる限り伝えます。

そうすることで、人間関係を良好に保ちながら、おせっかいに対処することができます。

しかし、本当に迷惑なときははっきりと伝えることも大切です。その時時の状況を見て、本当に迷惑だと感じたら毅然とした対応を取ることも必要になります。

 

1 同じ土俵に乗らない

事あるごとにおせっかいを焼いてくることに、イライラしてしまう人はとても多いと思います。

しかし、よく考えてみると、そのおせっかいにイライラすること自体を止めてしまえば、それほど気にするまでのことでもないことも多いのではないでしょうか?

おせっかいをされると「自分が必要以上に下に見られている気がする」という感情が出てきます。しかし、本来そうではなく相手は善意でやっているんだと思えば、それほど苦痛ではなくなります。

一歩引いて、同じ土俵に乗らないようにすることが、上手に付き合うコツです。

 

2 おせっかいをされるシチュエーションを避ける

特定の状況のときだけおせっかいをされるときがほとんどだと思います。おせっかい焼きな人の得意なことを一緒にやっていると、途端におせっかいな人になる…ということも多いでしょう。

そこでおすすめなのは、少しずつ距離を取りおせっかいをされるシチュエーション自体をできる限り避けることです。

対抗意識を燃やしておせっかいをされないように張り合うのではなく、そういったそもそものシチュエーションを回避することも、おせっかいな人と上手に付き合うコツになります。

 

3 相手に対して直接正直に話す

おせっかいだけど信頼できる人、おせっかいだけど頼りになる人。人はそう簡単に割り切れる関係性だけではないと思います。

相手のことを信頼しているなら、「こういうことは止めてほしい」と正直に伝えることも一つの方法ではないでしょうか?

仲が良いことで逆に言えなくなることや、信頼しあっているからこそ言えないことはたくさんあると思いますが、相手が善意でやっていることなら、行動を改めてくれるはずです。

 

4 おせっかいを後から断る

おせっかいな人は、先程も解説したとおり善意で行動しています。それが裏目に出てしまい、返って迷惑になってしまっていることがほとんどです。

つまり、おせっかいをされる前に「大丈夫」「必要ないよ」と断るのではなく、一度おせっかいを受け入れた後に「次からは大丈夫だよ」「次からは自分でやるよ」とやんわりと断りを入れておきましょう。

相手の思いを踏みにじることなく、感謝していることも伝えられるため、人間関係に傷がつくことがありません。

 

5 自分から依頼/お願い事をする

おせっかいな人に、後から世話を焼かれたくないというときは、むしろ自分から何かを依頼してみるのも良いでしょう。

途中で邪魔されたくないことや、余計な口出しをされたくないシチュエーションでは、すべてをシャットアウトするのではなく、世話を焼いてくれる人に何かを任せてしまうのです。

善意でやってくれているため、実際にサポートしてくれるのは嬉しいことですし、想定外の割り込みがないためあなた自身もストレスを溜めることがありません。

 

6 自分のミスや失敗を改善する

おせっかいな人は、あなたが何らかのミスや失敗をしたり、何か不足していることがあるときに世話を焼いてくれます。

それが嫌だと感じるのであれば、おせっかいな人に自分のミスや失敗を悟られることのないように、自分自身のミスや失敗を無くすことを考えましょう。

自分はおせっかいだと思っていても、実はその人に助けられているということも結構あります。まずは、自分の落ち度をなくしたあとから、おせっかいな人に対処しても遅くありません。

 

まとめ|おせっかいな人にはやんわりとした断りを入れる

まとめ|おせっかいな人にはやんわりとした断りを入れる

今回は、おせっかいの意味と、おせっかいな人の特徴、そしておせっかいを受けているときの対処法について解説してきました。

どんな職場でも、おせっかいな人というのは存在します。しかし、おせっかいと感じる基準は人それぞれなので、一概に「迷惑な人だ」と片付けるのはNGです。

「善意でやってくれているのは分かるが、これは迷惑だから止めてほしい」…信頼関係を作りつつ正直に話せるように、伝え方を工夫していきましょう。

 

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

 

ここでは、今の職場や待遇、働き方に不満を抱いている方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

転職活動というと、下記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

  1. 「失業リスクがある」
  2. 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」
  3. 「転職すると給料が下がる」
  4. 「新しい環境に慣れるのが大変そう」

しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

 

1 転職活動に失業リスクはない!

転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。

一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。しかし、それは”間違い”です。

大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

引用:年代別の転職回数と採用実態 – リクナビNEXT

20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。

つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。

ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。

 

理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」

人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18.6%)が「減る」(4.0%)を大きく上回っている。

引用:中途採用調査 – リクルートワークス

つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に活発に採用活動が行われていることを示しています。

 

理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」

転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

しかし、その点についても心配いりません。今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

  • 求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する
  • 面接を1次〜3次まで突破する
  • 給与条件や入社日を人事側と調整する
  • 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう

これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

でも今は、「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

そのため、転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。

以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

 

おすすめ転職エージェントは下記記事でご紹介しています。活用法や利用の流れも解説しているので、「転職エージェントを選びたい」という方はぜひ参考にしましょう。

 

また、「自分で求人を探したい」「自分のペースで求人を見てみたい」という方は、こちらの「転職サイトランキング」を参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる

転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

これまで得てきた経験を活かすには、「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。

「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。

あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。

もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。

業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、兄弟サイト「IKIKATA Database」のTOPページで掲載しています。

どんな経験・キャリアであっても、それを評価してくれる職場は必ず存在します。

もちろん、経験・スキルによって大幅に求人の見つかりやすさや条件は変化しますが、「今の職場に不満を感じている」のであれば、転職活動を始めてみるべきですよね。

 

3 転職しても給料は下がらない

「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか?

それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

 

年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

また、実際に今のあなたの職種・業種の求人が一般的にどの程度の年収なのかを調べることも大切です。そんな方は転職サイトに登録し、職種/業種の条件から求人を探してみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる

転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。

それはなぜかといいますと、転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。

あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか?

実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

スポンサードリンク
おせっかいな人の特徴と心理・対処法!職場や友達にいませんか?

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。