【明日から使える心理学】「ピグマリオン効果」の具体例と活用法

スポンサードリンク
明日から使える 心理学-ピグマリオン効果

「明日から使える心理学」では、日常生活やシゴトで使える心理学用語を解説しています。

今回は、「ピグマリオン効果」を解説しています。教育心理学で有名なものですが、実は仕事や生活にも密接な関わりのある効果なんです。

「ピグマリオン効果」とは?

 

ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、英: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。 別名、教師期待効果(きょうしきたいこうか)、ローゼンタール効果(ローゼンタールこうか)などとも呼ばれている。(引用:「ピグマリオン効果-Wikipedia」

 

「ピグマリオン効果」とは、「教師、指導者から期待されると実際に成果が出る」という効果のこと。1964年に米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱されたものです。

ちなみに、教師や指導者から「期待されないこと」で成果が下がることを「ゴーレム効果」と言います。

「気分だけで成果が変わることなんてないだろう」と思いがちですが、実際に人は期待をかけられることで自分の限界を超えるパフォーマンスを発揮することがあり、それが能力向上や「いい結果」をもたらす要因にもなります。

教育心理学においては広く知られているこの「ピグマリオン効果」ですが、教師でなくともこの効果を知ることには大きな意味があります。期待され、期待をかけることの効果は、シゴトにも生活にも密接に関わっているからです。

 

「ピグマリオン効果」の具体例

 

教師の態度が生徒の成績を左右する

 

「成績が優秀な生徒を集めたクラス」と「成績が悪い生徒を集めたクラス」のそれぞれの担任教師に、担任するクラスの成績を互いに下記のような「逆」の状態で伝えておきます。

「成績が優秀な生徒を集めたクラス」の担任教師へ → 「あなたのクラスの成績は悪い」

「成績が悪い生徒を集めたクラス」の担任教師へ → 「あなたのクラスの成績はいい」

すると、成績が優秀な生徒を集めたクラスの担任教師は、生徒たちに「期待していない言動、態度」をとり、「成績が悪い生徒を集めたクラス」の担任教師は、「クラスの生徒は成績がいい」ことを前提として勉強を教えました。

結果は、「成績が優秀な生徒を集めたクラス」の成績は下がり、「成績が悪い生徒を集めたクラス」の成績は向上したのです。教師が生徒に対して出した態度を生徒たちが敏感に感じ取ったことで、生徒たちのパフォーマンスに変化が生じたのです。

この結果から「人は期待されたとおりの成果を出す」ということが実証されました。

 

「ピグマリオン効果」を活用する方法

 

部下や仲間を「褒める」

 

最も簡単な活用例としては、部下や仲間などに「期待」を込めた声掛けをすることが挙げられます。すなわち、「褒める」ことです。

もちろん、間違っている部分を指摘したり、注意することは大切です。でも同時に、「褒める」ことも忘れてはいけません。「叱り一辺倒」では、望んでいる結果と真逆の結果を生んでしまう可能性があります。部下や仲間へ適切なカタチで「期待」をかけるためには、「叱り・指摘/褒める」のバランスが重要になります。

バランスを保つことで、部下や仲間の能力を最大限引き出すことが可能になるでしょう。

 

自分の環境から「ピグマリオン効果」を創る

 

自分の環境を変えることで、「ピグマリオン効果」を上手に活用することができます。

たとえば、受験勉強をしている学生の部屋に「絶対合格!」「為せば成る」という言葉を張っておくことは、ピグマリオン効果の代表的な例になります。

そのほかにも、デスクの上や部屋を整理整頓しておくことや、遅刻や夜更かしなどといった生活をしないようにすることは、「自分への期待」を強く抱くこととして有効です。

逆に、「汚いデスク、部屋」「遅刻」「寝不足」などといったことに慣れてしまうと、「自分なんてどうせ…」と自分自身を評価してしまうことに繋がるので「ゴーレム効果(期待を下げてしまい、より悪い結果を招くこと)」の原因になってしまいます。

自分が、自分自身に対して「絶対うまくいく!」と思えるような状況を自ら整えることで、「期待」によりピグマリオン効果を自分へと浸透させることができます。人は環境に左右される生き物です。その性質を逆に利用してしまうことが大切ですね。

 

「ピグマリオン効果」を扱っている記事一覧

 

参考記事:【営業や会議で役立つ】ビジネスシーンで使える心理学テクニック6選

 

ビジネスシーンで活用できる心理学テクニックをご紹介しています。

「ピグマリオン効果」の他にも、様々な心理学の効果を知りたい方におすすめです!

 

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。