新社会人がおさえておきたいよく使われるビジネスフレームワーク5選

ビジネスフレームワーク5選
スポンサードリンク

事業策定や事業戦略などには、「フレームワーク」を用いた分析が不可欠。今すぐシゴトで使わなくても、ビジネスパーソンが必ずおさえておきたいフレームワークを、今回は5つご紹介します。

よく用いられる分析手法やフレームワークを解説していきます。しっかりおさえておき、今後のキャリアに繋がる知識を知っておきましょう。知識をおさえておけば、実際に活用するときの飲み込みや理解が速くなります。その分、成長角度も上がります。

 

なぜフレームワークを知る必要があるのか

question-mark-2123967_640

実際に分析する現場にいる方以外には、こういったビジネスフレームワークを実際の実務で行う人は限られています。それではなぜ、「ビジネスフレームワーク」を知っておく必要があるのでしょうか? その理由は3つです。

「ビジネスフレームワーク」を知るべき理由

1.全体を俯瞰する視点を養うことができる
2.広い分野の情報に目が届くようになる
3.キャリアアップを考える際の指標になる

「ビジネスフレームワークを今すぐ活用したい!」という方は少ないでしょう。それでも学んでおく理由は、この3つで説明することができます。常に自分の範囲外の情報・知識をキャリアを見据えてキャッチアップする能力は、流れのはやい時代に生きるビジネスパーソンにとって必須のスキルなのです。

 

よく使われるビジネスフレームワーク5選!

mindmap-2123973_640

(1)MECE

 

MECEは和訳で「モレなく、ダブりなく」という意味です。「Mutually Exclusive and Collective Exhaustive」の頭文字を取り、「MECE(ミーシー)」と呼びます。

ビジネスに限らず、論理的思考を展開し、ものごとを考えていく際の「ぬけもれ」を防ぐ思考法をおさえておくことでロジカルシンキングの素地を作ることができます。

「MECE」では、商品開発を戦略的に考える際の「切り口」を作ることを目的にします。何事も、「ここから考える」という基準がないと考えられません。その切り口を創っていくのが、「MECE」の役割です。

具体例

Q.「ビジネス雑誌」読む人の分布をMECEに分解してください。

A.「ビジネス雑誌を読む人」は「ビジネスパーソン」「学生」「学生起業家」「起業家」「個人事業主」「経営者」というように”分解”できます。その他「ビジネスパーソン×個人事業主」も含まれます。

そして、この切り口からそれぞれの「読む人」に対する戦略を練っていくという風に、分解して得た結果からどのような打ち手を講じていくのかを考えていきます。もちろん、「モレなく、ダブりなく」ですから、あらゆる側面から分解することが重要です。

 

(2)SWOT分析

 

一般的なビジネスパーソンにおいても、自分の職場が置かれている環境を見つめる視点は重要です。この視点の有無で、将来のキャリアの考え方も変わっていきます。

「SWOT分析」では、自社の強みと弱み、競合や外部要因からの機会と脅威を分析していきます。

分析する項目は以下の4つです。

「SWOT分析」で分析する項目は?

・内部要因の強み(Strengths)
・内部要因の弱み(Weaknesses)
・外部要因の機会(Opportunities)
・外部要因の脅威(threats)

SWOT分析はIKIKATAコラムで紹介しています。活用例はコチラの記事をご覧ください

【現状を変えたいあなたに】SWOT分析を使えば「すべきこと」がわかる

2016.06.24

 

(3)3C分析

 

「3C分析」では、ビジネスプレイヤーを市場(顧客:Customer)、競合(Competitor)、自社(company)の3つを分析するフレームワークです。

3C分析の目的は、自社が事業を行うビジネス環境での成功要因(KSF)を道きだすことにあります。よって、常に変化する環境を分析するための他の方法も駆使して、分析を進めなければなりません。

3c_ikikata

 

(4)PEST分析

 

「PEST分析」は、企業の業績に影響を与えている要因を4つの視点から分析するフレームワークです。企業は社会に影響を与え、影響を受けつつ活動しています。その要因をマクロ的視点に立ち見ていく視点は、どんなビジネスパーソンにも必要なスキルになります。

「PEST分析」の4つの「外部環境要因」

・政治的環境要因(Political)
→法律、規制、税制など、企業は制御できないが大きな影響を与えるもの

・経済的環境要因(Economy)
→景気の動向(インフレ・デフレ)、投資、国家財務など。GDP成長率や為替レートの他、金利や失業率などの経済問題に関する情報から、その影響度を分析。

・社会的環境要因(Society)
→消費者のライフスタイルの変化。人口動態、教育、世間の流行を指します。

・技術的環境要因(Technology)
→ITの発展状況。製造・製品技術、広告や特許などといった影響などのことを指します。

具体例

「消費税引き上げによる企業への影響」

消費税引き上げによって、自社の商品・サービスを購入する顧客とその行動がどのように動くかを分析します。

消費税引き上げにより、自社の製品の代替となる製品(代替材)へと顧客が取られる、あるいはその逆もあり得ます。その他、提供している商品・サービスによって、消費税が与える影響には様々なものがあります。

自分のライフスタイルとも照らし合わせてみて、企業の外部からの視点を持つ際の基準としても、「PEST分析」は役立つでしょう。世の中の情報にも、自然と目が行くはずです。

 

(5)4P分析

 

「4P分析」は、マーケティングミックスとも呼ばれる、マーケティングの分析手法の一つです。4Pとは以下の4つのPで構成されます。

4Pの4つの項目

・製品(Product)
→特徴、概観、名称、ブランド、差別化、コスト

・流通(Place/Channels)
→顧客がどこで製品を見つけるか、販促方法、販売網、競争相手はどうしているか

・販促(Promotion)
→どこで宣伝するか(TV、ネット、ラジオ)、宣伝の次期、競争相手はどうしているか

・価格(Price)
→買い手にとっての製品の価値、市場での指標(その製品の値段を決める指標)、値引き戦略、競合と比較して魅力的な価格かどうか

マーケティングの基礎として大変重要な分析です。個別部門では考えないことも多く含まれています。総合的に「商品・サービス」を俯瞰するスキルを身に着ける方法として、おさえておくべきであるといえます。

 

フレームワークをおさえて、活用の下地を作る

aaron-burden-149691

今回は、ビジネスの現場で活用されることの多いフレームワークを5つご紹介しました。

ご紹介したフレームワークはどれも、「知っているだけでは役立たない」ものです。他の情報や知識と同様、使って初めて、その意味を成します。しかし、実際に使い始めるタイミングで急いで学ぶのと、あらかじめ概要や用途をおさえておき実際に活用してみるのとでは、飲み込みや理解のスピードが全く異なります。

今回ご紹介した5つのフレームワークをおさえておき、実際に活用する際の「下地」を作っておきましょう。

 

おすすめ転職サービスTOP3!

転職を検討している人に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

282da089f277e23916fc8071b26ee6be

ビズリーチの特徴

無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 現在や直近に在籍していた会社にはプロフィールが公開されないので、会社には転職活動がバレたくない方
  • ヘッドハント機能があるので、エグゼクティブ・管理職の方
  • 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch.(スウィッチ)

7a67fa99d48b15242ff903d4f8d04c30

Switch.(スウィッチ)の特徴

Switchはfacebookを活用した日本初の新感覚スカウト転職サイトです。

利用している事が他人にはばれず、企業にfacebook情報は公開されません。
面倒な会員登録もたったの1分!気軽かつ安心に利用出来るサイトとなっています。

採用が決定すると、なんとAmazonギフト券10,000円分がお祝金としてSwitchより贈呈されます!

どんな人にオススメ?

  • 20~40代のフェイスブックアカウントをお持ちの方
  • 利用している事が他人にばれたくない方
  • 小難しい手続きなしに安心して転職活動したい方

3位 リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

スポンサードリンク
ビジネスフレームワーク5選

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH