「自己ブランディング」第2弾!-実践できる2つの方法と注意するポイント-

スポンサードリンク

 

————————————————————————

IKIKATAコラム:肩書ではなく「自己ブランディング」が重要!明日からできる2つのこと では自己ブランディングの方法として、2つの方法をご紹介しました。①「専門分野を深く考えること」②「お金にならないことをする」の2つでした。

今回も明日から実践できる方法をご紹介する点では同じですが、今回は「自己ブランディング」の方法をより身近な例でご紹介します。前回のコラムとあわせて読んでみてくださいね!

————————————————————————-

「自分に自信が持てない」「他人と比較して劣等感を感じる…」

社会で活躍するうえで、そのような自信のなさや劣等感は最大の敵です。しかし、そう簡単に「自分は自分だ!」と割り切れるのなら苦労はしません
よね…。

そんな状況を脱却するには、「自己ブランディング」が役に立ちます。

自己ブランディングを実践することは、自分に自信が持てるようになるだけではありません。自分のキャリアや将来を考えるにあたっても絶大な効果があるのです。

今回は、「自己ブランディングとは何なのか?」を説明し、そのあとに、「自己ブランディング」の方法を2つご紹介します。加えて、自己ブランディングの際に気をつけておきたいポイントも説明しています。

これを実践すれば、ブランドもののバッグや時計の何百倍もの価値を、自分に見出すことができますよ!

 

 

自己ブランディングとは何か?

自己ブランディングを一言で表すと、「自分の社会的な認知度を高めること」

現代社会にこれからコミットしていく学生の方々、はたまた社会人の方々には、この自己ブランディングが必須となります。

一昔前の日本社会においては、「会社>個人」という考えが一般的でした。しかし、「起業」といった働き方や「クラウドソーシング」「フリーランス」など、個人のスキルを活かした働き方が労働のマーケットを広げていくというのが、これからの社会です。

そんな社会状況の中では、私たち一人ひとりが、自らの「ブランド」をいかに外部に発信していくかが、カギとなります。

簡単にいえば、「自分に自信を持つ根拠づけ」とも言えますね。

 

自己ブランディングの方法①:「興味があること」を発信する!

IKIKATAコラムでは何度も取り扱っている話題ですが、SNSを活用することが最も効果があります。

自分の興味がある分野について自分が考えていること、思っていることを発信していくことが重要です。たとえば、ニュース記事を読んで、それをシェアしながら「意見」を添えてみる。

ちなみに、私もこんな感じでフェイスブックで記事を自分でレコメンドしています。

こんな感じでシェア!

こんな感じでシェア!

 

自己ブランディングの方法②:ボランティアをする!

「なんでボランティアなの?」って思う方も多いと思います。

しかし、お金を稼ぐことを抜きにして、それでもなお一生懸命できる何かを見つけることは、キャリア形成においても重要な効果があります。

「自分はどんなことが好きなのか?」
「自分自身が最も楽しい環境は何なのか?」

その過程で、いろんな方と知り合えることもメリットの1つ。また、何よりもボランティア活動をすることで、「自分はなぜ社会から認知されたいのだろう?」という問いかけのヒントが見つかります。

ボランティアといっても、何も大きなイベントに赴く必要はありません。自分の中で、「無償でもやりがいがある!」と思えるものを見つけることが重要なのです。

ボランティアで自分のブランドを磨く

ボランティアで自分のブランドを磨く

 

気をつけよう!間違った「自己ブランディング」のやり方

さて、2つの「自己ブランディング」の2つの方法をご紹介してきました。

これらを実践すれば、「自己ブランディング」の基本を身に着けることができます。しかし、自己ブランディングはある程度「注意しながら」やらないと、自己ブランディングどころか、疎まれたり嫌われたりする原因になってしまうかも?

ということで、注意したいポイントも2つ、ご紹介しておきます。

 

(1)宣伝のしすぎや連続投稿などの「やりすぎ」を控えること

なにごともそうなのですが、自己ブランディングは自分のためにやることである以上、人に迷惑をかけない裁量が重要です。

誘いたいイベントや、アピールしたいことがあるとしても、フィードやタイムラインに一気に投稿を乗せてみたり、同じことを何度も言ったりすることは避けましょう。

(2)自然体でやること

自己ブランディングをしよう!と意気込むと、ついつい余計な力が入ってしまい傍目で見ているほかの人に、「無理しているな…」と思われてしまいます。

これではブランディングどころではありませんね。「自然体で、なおかつ効果的に。」難しいことではありますが、ブランド品だって押し売りされるのと好きで買うのとでは違います。それと同じです。

「自己ブランディング」を適切に行うことも大事です。

「自己ブランディング」を適切に行うことも大事です。

 

まとめ

自己ブランディングの方法、いかがでしたでしょうか?

個人のスキルを活かすためにはまず「スキル」を身に着けないといけませんが、その前に「自己ブランディング」の方法を知っておき実践することで、その後のスキルアップをより目に見えるカタチで表現することができます。

ぜひ、実践してみてくださいね!

なお、自己ブランディングについての詳しい解説自己ブランディングと「肩書」の違いについては、冒頭でご紹介したコラムで説明しています。そちらも併せて参照してみてください。

 

この記事の3つのポイント!

・自己ブランディングは社会から求められている
・2つの方法を実践する
・自己ブランディングで自分のスキルを目に見えるカタチにする

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。