文系フリーランス 黒田悠介氏「mustの部分、社会的にやらなくてはいけないことはなんだろうねというところからキャリアを考えなくてはならない」

IKIKATA 黒田悠介
スポンサードリンク

 

今回は、「文系フリーランス」「ディスカッションパートナー」など、様々な肩書を持つフリーランス、黒田さんのIKIKATA。

Webマーケティングベンチャーから独立、そして転職を経て「フリーランス」へ転向。それまでのキャリアと、これからの展望、そして「文系」のフリーランスとしての考え方はどのようなものなのでしょうか?

働き方の多様化している今こそ必見の黒田さんの”生き方””考え方”に迫ります。

 

具体的な業務

 

現在は、10社のコンサルティング契約をしています。大半は「ディスカッションパートナー」としての仕事ですが、開発会社のビジネス顧問の仕事もあります。また、サービスの利用者にインタビューをして、インサイトを発見し、それをサービスの改善に生かすということもやっています。

 

—契約している会社での主な役割はどのようなものですか?

 

基本的には、新規事業の立ち上げですね。だいたい3か月~半年の期間で立ち上げに携わります。「どんなことをやろうか?」と考えるところから、サービスのローンチまでしますね。

 

—様々な企業の事業立ち上げに、ゼロベースから関わっていくということですね。

 

その会社が新規事業を作ったことがあるのは10年以上前で、もはやそういうことができる人が社内にいない、みたいな案件もありますから、その事業をサポートする、ということもしています。

 

 

今の仕事に就いた経緯・キッカケ

 

学生時代から企業でのキャリア形成まで

中高と化学部に所属したり、東大でも2年生まで理系の人間でした。ですが、「すぐ役立つ学問がしたい」当時は考えていまして。そこで、「量子や素粒子の振る舞い」よりも「人のふるまい」に興味を持って3年生から心理学を専攻することにしたんです。

そこで、行動心理学や認知心理学をシゴトに活かしたいな、と思うようになって、マーケティングを勉強し始めたんですよね。「人はどういう風にモノを買うのか」とか、「商品・サービスのファンはどうつくのか?」とか、そういうことを学んでいました。

その後、1社目でWebマーケティング事業の立ち上げ段階にジョインして仕事をするうちにその可能性を強く感じました。そこで2社目はWebマーケティングを専門でやっているベンチャーに転職。その後、26歳のときに起業してWebマーケティングのコンサルティング事業を立ち上げました。

起業して会社を経営して気づいたのが、「お金があっても人がいないと何もできない」ということ。そのような「自分の会社で辛かったこと」を他のベンチャー企業経営においても解決したいという思いがあり、成長企業と人材の最適なマッチングを実現できる「スローガン株式会社」に転職(自分の会社は譲渡)。

そこではキャリアカウンセリングやセミナー講師などをしていました。

 

 

「文系フリーランス」を”当たり前に”

フリーランスになったのは、2015年の8月です。

フリーランスになった理由はそもそも、「自由になりたかった」とか、そういう理由ではないんですよ。ただ単純に、フリーランスというものが食べていけるのかどうかを試したかったんです。

たとえば、最近はベンチャー企業に就職したり、起業したりといった選択肢を選ぶ人が増えてきていますけど、「フリーランスになる」という選択肢は当たり前ではありませんよね。

私自身、ベンチャーの社員として働いたり起業したりする経験はありましたが「フリーランス」になったことは今まで無かったので。アウトプットに明確な形があるデザイナーやエンジニアと違って、ディレクションやクリエイティビティで食べていける土壌が、果たして現代社会にあるのかどうかということが凄く気になったんですよ。

実は、「文系」のフリーランス、つまりライターやセミナー講師、フォトグラファーや翻訳家をしている方々は社会にたくさんいらっしゃるんですよね。ですから、もっとフリーランスがすべての人の選択肢になればいいな、と思っています。

自らでフリーランスを体感して、「個々人が働きたいと思っていること」で働くことができる土壌の形成を早めることはできるのかな、と考えていますね。

 

1985年5月28日生まれ。2008年に東京大学文学部行動文化学科心理学専修課程卒業後、マーケティング企業の株式会社ドゥ・ハウスに入社。半年間はマーケティングリサーチに従事し、その後2年間は新規事業のバズマーケティング支援サービス「モラタメ」にてナショナルクライアントのマーケティングを支援。 その後2010年、株式会社サイバーマーケティングに転職し、子会社を2012年に設立、代表取締役社長に就任。企業の予約システム等のマーケティングシステム開発・導入、マーケティングコンサルティングを行った。 ベンチャー経営者として抱いた問題意識から代表を退任し2013年にグロースヒューマンキャピタルを標榜するスローガン株式会社へ入社。エンジニアチームのマネージャーやコンサルティングチームのリーダーを務める傍ら、企業向けの採用コンサルティングや学生向けのキャリアコンサルティング、セミナー講師や司会を務める。 キャリアについて思索する中で、フリーランスという働き方に興味を持ち退職。現在は、新規事業立ち上げやITベンチャー起業の経験、心理学のバックグラウンドを活かし「インサイトハッカー」を標榜するフリーランスとして活動中。実際の仕事はインサイトハッカー(ユーザーインタビュアー)、ビジネス顧問、新規事業ディスカッションパートナー、デザイン思考による事業創造ファシリテーション、社内研修セミナー講師。常時6~8社と契約中。

黒田悠介(くろだ・ゆうすけ)1985年5月28日生まれ。2008年に東京大学文学部行動文化学科心理学専修課程卒業後、マーケティング企業の株式会社ドゥ・ハウスに入社。半年間はマーケティングリサーチに従事し、その後2年間は新規事業のバズマーケティング支援サービス「モラタメ」にてナショナルクライアントのマーケティングを支援。その後2010年、株式会社サイバーマーケティングに転職し、子会社を2012年に設立、代表取締役社長に就任。企業の予約システム等のマーケティングシステム開発・導入、マーケティングコンサルティングを行った。ベンチャー経営者として抱いた問題意識から代表を退任し2013年にグロースヒューマンキャピタルを標榜するスローガン株式会社へ入社。エンジニアチームのマネージャーやコンサルティングチームのリーダーを務める傍ら、企業向けの採用コンサルティングや学生向けのキャリアコンサルティング、セミナー講師や司会を務める。キャリアについて思索する中で、フリーランスという働き方に興味を持ち退職。現在は、新規事業立ち上げやITベンチャー起業の経験、心理学のバックグラウンドを活かし「インサイトハッカー」を標榜するフリーランスとして活動中。実際の仕事はインサイトハッカー(ユーザーインタビュアー)、ビジネス顧問、新規事業ディスカッションパートナー、デザイン思考による事業創造ファシリテーション、社内研修セミナー講師。常時6~8社と契約中。個人ではメディア「文系フリーランスって食べていけるの?」を運営。

 

 

仕事で工夫していること・考えていること(職業観・ポリシー)

 

「今の自分は何がしたいのか?」を考える

私はシゴトをするということに関して、そのときどきに「今、何がしたいのか?」を考えることはあるのですが、長期的なキャリアプランを考えることには意味はないと思っています。

どこかを目指すためにマラソンをする、というよりは、その場その場を全力でやってその結果、「将来」へとたどり着くような感じですね。

 

—数年前までは、個人のキャリアに関して、「先を見据えろ」「20年後に君は何をしたいのか?」という考え方が主流でした。しかし数年でそれが変化して、「今を生きろ!」みたいな流れになってきていますよね。

 

「一社に長年ずっと勤める」ということ、悪い言い方をすると会社に寄りかかることが「いいこと」であるとは言われなくなってきました。働き方に関する選択肢が増えてくる中で、個人で働き方の選択ができるようになってきましたね。

私の場合、考え方として「小さい山を登頂して、その隣に大きな山がある。今度はじゃあそっちに登ってみようか。」という感じなんですよ。ですから、自分が来年何をしているかは分かりません。シナリオは考えていますが「どの選択肢を選ぶのか」というのは、まだ決めていません。

 

「パートナー」としての関係

フリーランスでよくありがちなのが、契約している会社と「師弟関係」のようになってしまうということです。そうではなくて、「パートナー」としてあり続けるようにする、ということを意識しています。過干渉にならず、過剰な提供をしない。そういった、距離感や緊張関係を大切にしたい。

何でもしてあげたい、協力したいという気持ちはありますが、「長い関係」を保つために、一線を引いて「目的達成のために最善の行動をする」ことを意識しています。

 

「相手の言うことをうのみにしない」

人が言葉として表現できるのは、あくまでも大きな無意識の中の一部です。

よって、商品・サービスに関して「どういったニーズがあるのか?」を知りたいときまずは、クライアントもユーザーに対しても「洞察する」ことから始めます。

「共感して、洞察する」そのためには「相手の言うことをそのままうのみにしない」ことに注意したうえで行動し、解決策を考えるようにしています。たとえば、それでクライアントの本当の課題や、ユーザーのインサイトが見つかりますから、重要なことです。

 

フル稼働しない

「自分に高い価値を付けていこう」と考えるのは、フリーランスにとって必要なことです。フル稼働で働いていると、「次の仕事のタネ」を蒔けなくなってしまうんですよね。何か月後のシゴトをするための準備ができない。

フリーランスに限らず、会社でもそうで、一人でできることは限られてくる。そこで最良のチームを作っていくことに焦点を当てることを考える必要があると思っています。

 

—異能集団を集めて、そこで「今」以外のシゴトにも繋げていく、ということでしょうか。

 

そうですね、それが「チームランス」という考え方です。シゴトの案件で、「この件はあの人がいいな」と思ったときは、自分がその案件から抜けてしまうことがあるくらいなので(笑)

お金で信頼を得ることはできなくて、そういったチームランスの側面から自分たちの価値を高めていく、ということがとても重要だと思います。

 

黒田さんのような職種・業種を目指すために必要なスキル

 

—フリーランスとして活躍するにあたっては、どのようなスキルが必要ですか?

 

「経営者感覚」

個人事業主なので、やはり「経営者感覚」があったほうがいいですね。たとえば、交渉力やマーケティング、金銭感覚などのことです。自分を「商品」とみなした場合のマーケティング的な観点や、「どこに自分の価値があるのか?」「それを人にどのように見てもらえるのか?」という発想ができる人が、案件を取って仕事ができるフリーランスだと思います。

 

自分の価値を伝える

マーケティングと営業は別々のものです。向こうから仕事に関する問い合わせがきて、仕事についての打ち合わせがあるとき、まずは「自分の価値」をしっかり伝える。

「何でもできます」ではクライアントに刺さらないんですよね。たとえば僕なら、「商品・サービスが実際に実現可能なところまで持っていけるようなヒアリングはだれにも負けません」という風に、自分の価値をしっかりと伝えていくことが重要ですね。

それ以外でも、たとえば「お金の話」は最初にする。後から「ムリ」となったときにそれまでにした話は、すべて無駄になってしまいますから、まずは、「この案件に関してはおいくらです」ということをきちんと伝えます。

 

時間の切り分け

—時間管理や、スケジュール管理がフリーランスはより重要になると思うのですがその点はどうされていますか?

 

僕の場合、時間管理はあまりしていません。今の仕事柄、たとえば「2時間のミーティングが今日のシゴト」のような感じですので。

でも、「ライティングをする日」であるとか、「本を読む日」はカレンダーに書いておくということをしています。自分が集中できる状況を意図的に作ることができればシゴトがはかどります。「時間を切り分ける」のは凄く大事なことですね。

 

—シゴトとプライベート、という分け方ではないのですね。

 

読書や情報のインプットもシゴトの一つと考えているので、もともとシゴトとプライベートを分けるという考え方をしていません。自分で空き時間をコントロールして計画的にやるべきことをやる、という感じです。

 

黒田さんのような職種・業種を目指す方々へのメッセージ

 

—学生に向けてメッセージをお願いします

「must軸」から始める

—キャリアプランを考えて、「成長したい」という学生の方はとても多いですよね。「10年後、20年後を見据えた成長欲求」に関しては、どう考えていますか?

 

僕はもともと「成長」という言葉があまり好きではなくて。なぜかというと、どうしても「成長する」という考え方だけでキャリアをみてしまうと、「この人はどっちを向いて歩いていくのかな?」という風に思うんですね。

確かに、「成長したい」という考え方で上を向いていることには変わりないのですがそれが「1次元上」でしか見えてこないんです。たとえば、「やりたいことをやって、成長したい」場合は実際のところ本人が本当に「やりたい」と思っていることはほとんどなくて。人から借りてきた言葉で、「やりたいこと」を説明する人が多いんです。

キャリアの考え方に「can,will,must」の3つの軸というものがあります。「can」はできること。「will」はやりたいこと、そして、「must」はやるべきこと。

学生は経験がないので、canやwillの部分はほとんどないんですよ。そうなると、やはり「must」の部分、「社会的にやらなくてはいけないことはなんだろうね」というところからキャリアを考えなくてはならないと考えています。

そのうえで、課題意識をもって、解決できる手段として「何がしたいか」=「will」 を導き出す。まずは「must」軸からキャリアを考え始める必要があると思います。

 

—フリーランスを目指すビジネスパーソンへのメッセージをお願いします。

フリーランスは「一人乗りのボート」

フリーランスのいいところは「自分が主体的になれる」という点です。

フリーランスは、「自分一人乗りのボート」に例えることができます。波の影響を大きく受けますが、主体的な自分がいれば氷山(リスク)を避けることができますし、どんな波が来ているかもわかる。最悪、自分で海に飛び込んで泳ぐこともできます。

 

—明日からできることなどのアドバイスをお願いします。

 

「働き方」や「既存の事業」はすべて自分の先人が作ったものなので、それを当たり前だと思う必要もありませんし、自分の未来を考える際に、現状や過去に縛られる必要もありません。それよりも「自分の未来をどうしたいのか?」を考えてシゴトをするほうがいい。

ですから、モデルケースやロールモデルに固執しすぎない、過去のものを参考にし過ぎないという考え方が重要です。外部環境に自らを合わせていくだけではなくて、外部環境を自ら作っていくという考え方でフリーランスを目指していくべきだと思います。

 

—ありがとうございました!

 

<掲載リンク 黒田さんの諸活動について>

Facebookページ

Mediumブログ「文系フリーランスって食べていけるの?

 

 

スポンサードリンク
IKIKATA 黒田悠介

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH