【勉強したくない?】勉強にやる気を出すための5つの方法

スポンサードリンク

「勉強しなくてはいけない」

そうわかっていながらも、なかなか”やる気を出す”ことができない人はいませんか?

学生に限らず、社会人の方でも様々な理由で勉強をしなくてはいけない方も多いでしょう。特に、「生涯学習」や「教養」が重視されるようになっている現代においては誰しもが「学び」を続けなければならないのかもしれません。

しかし、「勉強したくない」という気持ちや、「なかなか勉強にやる気が起きない」という気持ちになってしまうことは、よくあることですよね。

そこで今回は、勉強にやる気を出すための考え方、方法を紹介していきます。取り組まなければいけない「勉強」ができるようになるためには、何よりも「やる気」が必要です。

 

勉強する意味は?

question-mark-background-1909040_640

その前に”勉強する意味”を問うてみましょう。

現在学生の方や中高生の皆さんは、試験や受験、進路や就職先のために勉強をしているでしょう。また、社会人の方なら、ビジネス上で必要な知識や、資格を取得するための勉強をしているでしょう。

目先の目的のために一生懸命になる姿勢はとても重要です。「焦り」「不安」といった気持ちもありますが、そういった動機も「勉強」という行為に結び付けばいい結果を生むことができるといえます。

しかし、受験や進路、あるいは資格の取得のためといった「目先の目的」と、「最終目標」を混同してはいけません。

「勉強する目的は?」「勉強することでどんな人物になりたいか?」 そういった最終到達点を考えながら、学び続けることが大切です。

「そんなことわかってるよ!」という方もいいと思われますが、これは油断すると忘れてしまうことです。「明日の試験のために!」という気持ちが、ともすればあなたの勉強に対する姿勢を「悪い方向に」変えてしまう可能性もあります。

「勉強することで、どんな人物になりたいか?」「何をなしえたいのか?」ということを考えることを前提に、「勉強へのやる気」を出す方法を実践していきましょう。

 

勉強のやる気を出すための5つの方法!

luis-llerena-16146

(1)わからないところは飛ばす

 

やる気がでないときの原因の一つとして、取り組もうとしている勉強が難しい、頭をすごく使う問題である、といった「難易度」が挙げられます。

たとえば、(1)~(4)までの計算問題があるとします。その中で(3)だけがとても難しく、頭を使う問題である場合、(3)を抜かして問題に取り組みます。

完璧主義的な勉強をしていると、「テキストの端から端まで問題をこなさなくてはいけない!」と少々気負ってしまう場面がありますが、そのような考え方を捨てるだけで、勉強に対する気負いがなくなり、取り組みやすくなるでしょう。

 

(2)とりあえず「5分」

 

わからないところを飛ばすだけでは、もともとないやる気を引き出すことが難しい場合があります。

その場合は、「とにかく5分」だけ、勉強に取り組んでみてください。勉強にやる気がおきないときはたいてい、「そもそもまだ取り組んでいない場合」がほとんどです。

5分経っても集中できないときは、集中力が切れる環境に身を置いてしまっているのかもしれません。その場合は下記のコラムも参考にしてください。

参考記事:【集中力がない人】あなたが集中できない5つの原因と解決策!

 

(3)時間を区切る

 

経営学者のP.F.ドラッカーは、著書『プロフェッショナルの条件』ダイヤモンド社 において、このように述べています。

私の観察によれば、成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。

この言葉は、仕事だけではなく「勉強」にも当てはめて考えることができます。「どんな勉強をするか?」「どういう風に勉強するか?」ではなく、「この時間内でどんな勉強ができるか?」を考えるのです。

要するに、まず最初に時間を区切ってから、その時間でどんな勉強ができるのかを考えていきます。

「やる気」は、「終わり」が見えてくることででてくるものであるといえます。先の見えない長い時間を仮定するよりも、明確にした「時間」の中で勉強したほうがパフォーマンスは上がるのです。

 

(4)ライバルを意識する

 

「成績が同じくらいの人」「同じ目標を持っている人」を意識して勉強しましょう。

ライバルを意識するいちばん効率的な方法は、ライバルと約束してしまうこと。たとえば、「明日は6時間○○の勉強に充てる。」と宣言してしまって、できなかった場合は何らかのペナルティを課すなどの工夫です。

そういったゲーム化してしまう方法で、やる気を向上させるのです。

 

(5)目標から逆算する

 

たとえば、「試験までの期間」などといったような明確な目的を、「まだ○日残っている」とやんわり考えるのではなく、「一日に○時間勉強するとして、あと何日と数時間しか残っていない!」とリミットを設けることです。

それ以外にも、たとえば「一日2時間勉強するためには、何をやめるべきか?」を考えるなど、目標から逆算することが大切です。

目標からさかのぼって具体的な勉強時間や内容を考えることで、先行きが透明になります。さきほども述べたように「やる気」は「終わり」が見えることで向上します。

 

勉強のやる気は小さな積み重ねから!

boards-glasses-smartphone-phone-75652

今回は、勉強するための方法を5つご紹介しました。

どれも簡単に実践できることです。勉強する際のやる気は、小さな方法の積み重ねで向上させることができます。

「勉強が苦手」という人は、そもそも「取り組んでいない」ことが原因かもしれません。まずは、やる気を出すための方法を実践してみてください。勉強の楽しさは、「やる気」を出すことで得ることができます。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。