【新社会人向け】あなたの3年後のためにまずロールモデルを見つけよう

スポンサードリンク

「将来が不安」「将来が見えない」「自分はずっとこのままでいいのだろうか」

社会人若手であるあなたは、日々のシゴトや生活の中で考える悩みや課題とは別に、これから自分がどのような道を歩んでいくのかが分からず、漠然とした不安を抱えてしまうこともあります。

自分の今の働く環境や生活の仕方などを振り返って、不安や心配を抱えてしまう人は結構多いもの。しかし、漠然とした不安を抱えている状態では、後ろにも退けず前にも進めませんよね。

漠然とした悩みを抱えているときは、いくら具体的なノウハウやハウツーを学んでみても、どうにもならないことがあります。そんなとき、不安を払しょくするためには、何が必要なのでしょうか。

今回は、若手の皆さんが悩みがちな「将来への不安」をどうやって払しょくするか、その方法・考え方をご紹介していきます。漠然とした悩みにさいなまれたとき、この記事に目を通してみてくださいね。

 

まずは「不安」を明確にすることが大切

woman-notebook-working-girl

「将来への不安」は、社会的地位や経済的困窮と相まって出てくる場合がほとんどです。

しかしそれ以外にも、たとえば「今の職場環境でずっと続けていくべきなのだろうか?」といったキャリアに関する悩みがありますし、「結婚や子育て」といったライフプランに関する悩みもあるでしょう。

そのような悩みは、みなが悩み、課題と感じる問題です。しかし、人それぞれ状況が違いますからいくら「お金を貯める方法」や「転職をうまく切り抜ける方法」を学んでみても、役立つかどうかはあなた自身の責任になってしまいます。

しかしそれでも、漠然とした不安を抱えるより、不安を「区別」して、ものごとを分けて考えることが重要です。

たとえば、あなたには結婚を前提に付き合っている人がおり、今のシゴトを続けるかどうかに悩んでいる20代後半の男性ビジネスパーソン。この場合は、「結婚」「子育て」といったライフステージの切り替えに繋がる「不安」と、「シゴトの環境を変えるか否か」というキャリアプランにおける「不安」に分けて考えることができますよね。

大事なのは、一度分けて考えること。

確かに、結婚について考えるときは、「シゴト」に関することも関係させて考えないといけません。しかし、考えるべき解決策や起こすべき行動は別のモノです。

まずは、自分が何に「不安」を抱いているのか、それを紙に書きだしてみましょう。大まかに分類するときには、下記のようにまとめるといいでしょう。

自分は何に不安を抱いているのかを「明確化」するリスト

・結婚・子育てに関する不安は?
・自身のキャリアに関する不安は?
・経済的なこと・貯蓄のことに関する不安は?

自分が不安に感じていることをはっきりさせることが重要です。明確化したら、次のステップです。

 

「ロールモデル」を見つける

pexels-photo-228799

「ロールモデル」という言葉をご存知でしょうか?

 

「ロールモデル」とは?

ロールモデルとは、具体的な行動技術や行動事例を模倣・学習する対象となる人材。多くの人々は無意識のうちにロールモデルを選び、その影響を受けている。「 ○○のようになりたい」という憧れは誰しもが持った経験があるだろう。 リーダーシップ開発では、より意識的にロールモデルを選び、分析したうえで学ぶことが求められる。

(引用:ロールモデルとは グロービス・マネジメント・スクール

 

要するに、ロールモデルとは自分の考え方や行動の「お手本」となる人物のこと。

ロールモデルを見つけることで、「あの人ならこうする」「彼/彼女ならここでこう考える」と、自分を客観視してものごとを考えることができます。

また、具体的な悩みに直面したときに、直接その人の行動を学んでおくことで失敗を少なくすることができます。

たとえば、「子育てとの両立を考えるために、これまでの職場からどのように条件を絞って転職をしたか?」という体験談は、これから私たちが直面する課題に対する具体的なアドバイスになりますね。

また、 「給与の高さだけで職場を選んで人生設計が変わってしまった」という失敗談を聞けば、自分はそれを反面教師として学ぶこともできます。

あなたは前のステップで、今の課題を「分けて」考える作業をしました。

この作業は、ただ不安を和らげるための作業ではなく、ロールモデルを見つける際に「この人のどの部分を見習うか?」を明確にするためのものです。

今一度、漠然とした不安を「分けて」考えてみましょう。

 

「ロールモデル」はどうすれば見つかるの?

question-mark-2123967_640

では、どのようにすれば、ロールモデルを見つけることができるのか。

ロールモデルは、歴史上の偉人を尊敬するのとは少しおもむきが異なります。

たとえば、あなたの両親や、職場の上司、その他学生時代の先輩など、あなたより先に何かを経験して、そこから何かを学んだ人を「ロールモデル」にするべきなのです。

よって、「この人のすべてが評価できる」という完璧な人を「お手本」にするべきではありません。そもそも、人それぞれできること、できないことというのは異なりますから、すべてを完璧にこなすことができる人は見つからないでしょう。

大切なのは、「この人のこの部分をマネしよう」と思えるかどうか。そして、「マネしたい」と思えるようになるためには、今の自分が抱えている課題を明確にしておくことが必要です。

たとえば、「企業ではなくフリーとして活動している方」は、あなたが悩む職場環境のことをいったん「別の視点」から捉えることができますよね。「こういう道もあるのか!」「こういうやり方があるのか!」と、実際自分がそうするかどうかはともかく、知っておくこと。それが「自分自身の選択肢を広げる」ことに繋がります。

「あなたが悩んでいることを『うまく切り抜けた人』は誰でしょうか?」

「あなたが悩むその課題を次のチャンスへと変えるために必要なことは?」

 

「ロールモデルを見つける」とは、そのような問いを自分の不安から見つけて実際に参考にすることなのです。答えは自分自身の中にありますが、そのための「お手本」はいつでも社会の誰かの中にあります。

 

自分の「生き方」は自分で創れる。しかし、自分だけでは完成しないものでもある。

StockSnap_CB8PFQR6E9

「自分がどうしようと勝手」という考え方は、現代社会では立派な一つの考え方です。

しかし、そのような自己充足感は、時として窮地に立たされたときに「不安」を呼び起こす「諸刃の剣」なのです。

あなたが、どのくらい自分の「生き方」を考えて答えを導こうとしても、ほとんど場合明確な答えができることはまれでしょう。だからこそ、「ロールモデル」を発見し、そこから自分の考え方や行動を決めていくことが大切です。

 

「生き方」を学ぶには

mindmap-2123973_640

「ロールモデルを発見する」ことはつまり、ロールモデルになる人と多く接する機会を持つことです。しかし、仕事の都合や時間の制限があります。そう簡単に「ロールモデル」が見つかる社会ではありません。

直接、自分の近くにそういった「ロールモデル」がいない場合は、ぜひIKIKATAインタビューを参考にしてください。

「ライフスタイル」 「職種」 「業種」といった観点から、多種多様な職業人の「生き方」をご紹介しています。

まずは、「ロールモデルの見つけ方」をおさえておき、漠然とした不安を払しょくする方法について熟知しておきましょう。あなたの不安も、あなた次第で答えを導くことができます。

その他、人生論や「生き方」について学ぶためのベストセラーをまとめた書籍をIKIKATA監修のもとご紹介しています。「ロールモデル」を見つける方法は、実はたくさんあるのです。

「生き方」に悩む人へおすすめする「人生を変えるための本」10選

2016.08.13

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。