すぐ実践!「発言力」をみにつけるための3つの方法!

スポンサードリンク

そもそも「発言力」の辞書的な意味は…

発言によって、人を動かしたり従わせたりするなどの影響力。(引用:コトバンク

「自らの意見を伝えること」はすなわち、「発言力」を発揮することです。

会議や話し合いの場においては、自分の意見や提案、解決策などをしっかりと仲間やメンバーに伝えることが重要です。そして、そのためには「発言力」を鍛えて実践できるようにならなければなりませんね。

「強気な発言」や「キツイ言い方」「大きい声」といった力任せの方法をとることを「発言力」ととらえている(ようにみえる)人もいますが、当然それは「間違った方法」です。

また、「一対一なら普通に話せるのに、会議では発言できない…」と悩んでいる方は、発言力を適切にみにつける方法を実践することが重要です。

「発言力」をしっかりと発揮し、活躍できるようになることは、自らのキャリアを形成していく上でも必ず必要な要素です。

今回は、「発言力」を向上させる方法を3つご紹介していきます。

どの方法もすぐに実践できる内容です。

 

「発言力」を鍛える3つの方法

 

(1)「文章を書く」

glenn-carstens-peters-190592

「発言力」を鍛える方法1つ目は、ずばり「文章を書く」

拍子抜けするようなことかもしれませんが、とても重要です。

ブログTwitterFacebook日記読書ノートなどなんでもよいのですが、「毎日文章を書く」ということを継続してみてください。

その際「誰かに読まれるつもりで書く」ことを心掛けてくださいね。

発言力はまず話す内容が論理的になっていないといけません。しかし、友人との会話のような「くだけた会話」だけでは、「発言力」の向上に繋がることはほとんどありません。

「発言力」を本当の意味で向上させる第一歩は、自分の考えや思いを「具体的」「論理的」に表現するスキルを磨くことです。まずは、カンタンな日記帳やブログから始めてはいかがでしょうか。

おすすめグッズ:アピカ 1年自由日記 横書き B6 D112

 

 

(2)「質問する」

question-mark-2123966_1280

「発言力」を向上させる2つ目の方法は「質問をする」

これも一見簡単なように見えますが、実はけっこう難しいものです。

講演会やセミナーなどで質疑応答の時間は必ずあるものですが、あなたは手を挙げますか?積極的に質問をしているでしょうか?

話を聞きながら、いつでも「疑問点」を意識的に探すように心がけることが重要です。

また、質問をする際は、相手に伝わるように質問する項目を具体的に数で表すことが重要になってきます。

「3つの質問があるのですが、1つ目は~」と質問項目で区切ることで相手の話を「要約」し、「疑問点を洗い出す」プロセスを瞬時にやってのけたことになります。

この「質問をする」スキルを意識することで、自らの意見を要約して的確に伝えることと、論理的に抜け目のない発言をすばやく行うことができるようになります。

質問する力を高めることは、仕事の生産性を高め、成果を上げることに繋がります。質問力を向上させるための参考資料や図書を手にとるのも一つの方法です。

おすすめ本:最高の結果を引き出す質問力 その問い方が、脳を変える!

しかし、本やセミナー、インターネットで調べた情報を知っただけで満足せず、実際に実践することこそが大切です。

 

(3)「数字を意識する」

pexels-photo-94654

3つ目の方法は、「数字を意識する」ことです。

さきほど、「質問をする」という方法で、質問項目を具体的に数で表すというお話をしました。これと関連してきます。

売上や集客数など、もともと数値を指標としているものであれば、自然に「前年比で売上が~%増加した」「昨年度と比較して○人集客数が増えた」というような表し方をします。

しかし、例えば面接で「自分にはリーダーシップがある!」とアピールするとき、なかなか数字を根拠にしてリーダーシップの話をしようとは思いませんよね。

通常は「私は高校、大学と部活で部長をやっており、リーダーシップがあります!」というでしょう。

しかしこれだけでは、あなたのイメージはまだまだ抽象的です。「私はこれまで3回、チームを率いて全国大会に出場しました。50名の部員と週に一度は必ずコミュニケーションを取り、チームの士気向上に努めました。よって、リーダーシップには自信があります!」というべきです。

「何を何回やって、どんな結果が導かれるか?」を具体的に数字で伝えること。上記のリーダーシップの例は極端な例ですが、「普段意識していない部分」に数字の根拠を持ってくることで、あなたの発言内容は「説得力」を持ちます。

提案する意見や解決策にも、「数字を意識する」ことを心掛けることで、より建設的な「発言」が可能になります。

また、数字を意識することと関連して、話す相手に具体的な内容を伝えるためには、プレゼンをする時のように話すことも大切です。わかりやすく伝えるための技術を身につけることで、あなたの発言はより聞きやすく中身のこもったものになるでしょう。

【テクニック】プレゼン直前に確認しておきたい4つのポイント

2016.07.03

 

記事の3つのポイント

 

・発言を「具体的」「論理的」にするために「文章を書く」
・「要約」し「疑問点を洗い出す」ために「質問する」
・数字を発言内容に組み入れて、発言に「説得力」を持たせる。

 

おすすめ転職サービスTOP3!

転職を検討している人に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

282da089f277e23916fc8071b26ee6be

ビズリーチの特徴

無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 現在や直近に在籍していた会社にはプロフィールが公開されないので、会社には転職活動がバレたくない方
  • ヘッドハント機能があるので、エグゼクティブ・管理職の方
  • 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch.(スウィッチ)

7a67fa99d48b15242ff903d4f8d04c30

Switch.(スウィッチ)の特徴

Switchはfacebookを活用した日本初の新感覚スカウト転職サイトです。

利用している事が他人にはばれず、企業にfacebook情報は公開されません。
面倒な会員登録もたったの1分!気軽かつ安心に利用出来るサイトとなっています。

採用が決定すると、なんとAmazonギフト券10,000円分がお祝金としてSwitchより贈呈されます!

どんな人にオススメ?

  • 20~40代のフェイスブックアカウントをお持ちの方
  • 利用している事が他人にばれたくない方
  • 小難しい手続きなしに安心して転職活動したい方

3位 リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。