【頭が働かない】「頭がぼーっとする状態」の原因と改善方法

スポンサードリンク

頭が働かない状態を抜け出す方法

 

頭が働かない状態を改善し、シゴトのパフォーマンスを上げる方法は、どのようなものがあるでしょうか?今回は、様々な観点から、「ぼーっとする状態」を脱却するための方法をご紹介します。

 

(1)マイクロナップ

20140601-P6010043_TP_V

「マイクロナップ」とは、目を閉じて数分休むこと。ただこれだけなのですが、視界をシャットダウンして、頭を休ませるだけで、一度思考のスイッチをOFFにすることができます。

特に、「二度寝」や電車の中で眠ってしまう、ウトウトしてしまうビジネスパーソンは、この「マイクロナップ」をぜひ実践してみましょう。

会議の前や、ミスや集中力が切れてるな…と感じたときに1分ほど実践してみましょう。目をつぶる前と後で、頭のさえ方が全然違うことが分かるはずです。

 

(2)「朝型人間」を目指す生活

new-lake-1373369_640

朝が弱い、もしくは、「夜のほうが色々はかどる」という方は結構多いですよね。もちろん、それで翌日に差支えがなければそれも選択肢の一つ。しかし、朝方にできる限り活動することができれば、それだけ一日の中でできることは増えます。

朝はその日の予定が入る前なので、「制限された時間内に何かをする」という意識が芽生えます。よって、”制限時間以内に何かをする”=”なるべく効率的に時間を使おうとする”という風に、自分の意識を持っていくことができるのです。

作家の佐藤優氏は、ショートスリーパーであることで知られています。なんと、深夜の12時~2時に就寝し朝の5時には起床。その後午前中を使って執筆活動に専念するとのこと(参考:『読書の技法』佐藤優著)

佐藤氏は作家の中でも特殊な例ですが、作家でなくても「朝にすることを決めて、有意義に使う」と決めておくことは重要なことでしょう。たとえば読書や朝ごはんの調理など、やるべきこと、したいことを決めておき「朝方人間」を目指してみると頭を良く働かせる習慣が身につくでしょう。

「早起き」のメリットとコツをご紹介!朝の目覚め術とは?

2016.04.30

また、睡眠の改善には寝具の見直しや、睡眠サプリの導入(飲み過ぎはNG)もおすすめです。

 

おすすめ寝具ショップ 『VENUS BED』

download

日本最大級のベッド専門店。ベッドとマットレス、6,000通りの組み合わせであなた好みの寝心地を選べる!

 

おすすめグッズ めざましカーテン mornin’』

31SgVUj6DYL

なんと朝起きたらカーテンを自動で開けてくれるグッズです!これで寝すぎることもなくなるかも?

 

おすすめ睡眠薬 『ドリエル』

381_large

やはり睡眠薬と言えばドリエルですね。効き目は抜群ですが、取りすぎはNGです。

 

(3)カフェインを早めに摂取する&糖分を取る

tea-153336_640

「眠気」に対して、カフェインが効いてくるのは時間差があります。

たとえば、カフェインを取る筆頭格としては当然、「コーヒー」ですが、そのホットコーヒーでも10分~15分と、効果が出てくるまでは時間がかかります。

ですので、シゴトに入る前に、まず一息入れるなどの工夫が必要です。ただし、飲みすぎは禁物です。コーヒーブレイクの時間を取るのがいいでしょう。

また、脳のエネルギー補給として、甘いものをこまめにとることも大切です。たとえば、チョコの原料であるカカオには、疲労回復の効果のある成分が含まれているといわれています。その加工品であるチョコレートにも、同様の効果が期待できます。

職場、デスクの上、バッグの中などに甘いものを忍ばせておくことも重要なことの一つといえるでしょう。

 

(4)ストレスフリーになる

beach-689419_640

身体的な症状として、「頭が働かない状態」を改善することも大切ですが、精神的なストレスや悩みに対して、「自分がどうふるまうか」ということにも配慮する必要があります。

【ストレスフリーな生き方】忙しい社会人のためのストレス解消法10選!

2016.05.22

「悩んでいることがあって、シゴトに手がつかない」

人は感情的な生き物ですから、どれだけロジカルな解決策やクリエイティビティを発揮していても、そういった感情の浮き沈みに対処するのは、難しいもの。

ですが、それをクリアしさえすれば、「頭がぼーっとしている状態」を”自分自身”で意識することができるようになります。感情の落ち着きがなければ、効率的に自分自身の状態を測ることもできません。

 

心身両面から、「頭が働かない状態」をクリアする

 

今回は、カフェインや甘いもの、生活習慣から精神的なことがらなど、様々な面から「頭が働かなくなる状態」を脱却するための方法を説明しました。

何よりも大事なのは、「あ、今頭働いていないな…」と自覚できること。そのためには、いつも自分自身のパフォーマンスを振り返る「余裕」も必要になるでしょう。

今回ご紹介した方法とともに、「自分自身のパフォーマンス」に関しても、日ごろから意識しておくことが大切です。

仕事がなかなか上手くいかない…? 転職すべき人とは?

仕事がなかなか上手くいかない...? 転職すべき人とは?

「頭が働くなる状態」は、今回ご紹介した方法を実践することで改善することができます。

しかし、頭がはっきりしていても仕事がなかなか上手くいかない、楽しく働くことが出来ていない状況が続いている場合は、仕事がなかなか上手くいかない原因がほかにあると考えれます。

そのひとつが「今の仕事が自分に合っていない」というケース。この場合、自分自身のパフォーマンスを最大限発揮できない環境に身を置いていることになります。

転職サイト大手の「リクナビ」が調査した「転職理由の本音ランキング」では

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

参考:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10 – リクナビNEXT

と、上位3つの転職理由のうち、1位と3位が「人間関係の悩み」を原因として退職しています。悩みの主たる原因は人間関係にあることが多い以上、転職も自分自身の生活や仕事の仕方を見直す上で重要な選択肢のひとつといえるでしょう。

下記では、転職者におすすめの「転職サービス」をご紹介しています。また、ランキング形式でもご紹介していますので、転職者の方はぜひ下記を参考にしてくださいね。

オススメの「転職サービスランキングTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。