Office アイム 代表 森川あやこ氏 女優業からセミナー講師へ ニーズに応えるために必要なこと

image18
スポンサードリンク

 

今回は女優業から様々なキャリアを経て現在講師として活躍されている森川さんのIKIKATA。

講師業、そして女性の活躍に関して、その考え方に迫ります。

 

具体的な業務

 

「Office アイム」という会社の代表をしています。

Office アイムはお客様のご要望に合わせた内容でセミナー・講演等を実施する会社です。

講演は「贈りたい・届けたい・Happy」という考え方で行っていて、難しい内容じゃなくて分かりやすいものを目指しています。Happyを感じるのに難しい理論は必要ないですよね。

単にノウハウを伝えることだけでなく、参加実践型講座で受講者様自身に考えて頂き、気づきを促し、行動へと結びつけることのできるよう工夫しています。

実際、受講者の皆様に講座中実践してもらうんですよ!

例えば、相手を喜ばす言葉・リアクションだったり、呼ばれて振り向く時の表情とか。

 

—すごく面白いですね!詳細をお聞きしてもよろしいでしょうか。

建築業なんかの強面の方でよくあるのが、若い部下の方が話しかけづらいということなんです。

そういったことを解消して離職を防ぐために、講座の中で実践しています。

講座中にやると部下の方が後々に上司の方の表情等を指摘できるようになっていくんですよね。

だから「分かる」だけではなく今日から「できる」ようになる講座を目指しています。

 

—講演の対象年齢は?

高校生から90歳くらいまで幅広く行っています。基本はコミュニケーションを軸にした講演ですが。

講演のネタもその年代に合わせたものを扱っていて、そのために日頃から色んな年代に関する情報をインプットするようにしています。

 

 

今の仕事に就いた経緯・キッカケ

 

(1) 女優業から人材業界へ

 

高校生の時、TVドラマの映画化記念オーディションでグランプリを受賞させて頂いてから女優業をやっていました。

でも覚悟もないうちに選ばれてしまったこともあって、女優業は途中で辞めてしまったんですよね。

当時は「自分には向いてないんじゃないかな」と思っていたのですが、今考えればプロとしての自覚もなかったし仕事を楽しむ工夫もしていなかったなと思います。

帰りに寄り道して買い食いをするということの楽しさにそれがなくなってから気づいたんです。

17~19歳でちょっと社会が分かってきたんですね。

それから嫌がらせとか色んなことがあって正直社会は怖いな、と思いました。

でもそれも「自分が周りと上手く関係を築けていなかったからこうなったんだろうな」と気づいて。

それもあり「人とうまく関係を築くにはどうすればいいんだろう」と思って人材業界に入ることにしたんです。

 

その会社では就職情報誌の原稿を作るシゴトをしていました。

当時はシゴトができなくて残業時間の長い「頑張っている風」の社員でした。

その会社も体調を崩したせいですぐに転職してしまって、次は人材派遣業の会社に入りました。

そこでもシゴトが全くできなくて。先輩とうまく関係を築けなくて資料を隠されてしまったりだとか(笑)

 

(2) 結婚、子育て、復職へ

 

シゴトは楽しかったのですが、その後結婚して会社を辞めて、子供も生まれたので子育てをしていました。

 

—その後復職されていますが、そのキッカケは?

当時いた会社は内勤の女性が出産してからもそのままいれる環境ではなく、また夫も専業主婦でいてもらいたいと言う人だったので家にいました。

辞めざるを得ない形で仕事を辞めたので、元々は働く気はなかったんですが、あるキッカケがあってその気持ちが変わったんです。

というのも、子育ては当初は忙しかったんですけど、慣れてくると、(家の中が)がらーんとして”1人”を強く感じるようになってしまって。

人間、時間ができると、人の嫌な所が見えてくるし、夫のこともイライラしだしたりするんですよね。

そんなとき友達と電話をしていて「自分の世界を持った方がいいよ」というアドバイスをもらったんです。

最初それを言われたときはショックで。正直「大きなお世話だ!」って思いました。

でも「なんでショックだったんだろう」「自分には何ができるんだろう」ということをよく考えて。

そんな時に新聞を見たらたまたまコールセンターのパートの求人があって、人前に出ない仕事がいいなと思っていたこともあってコールセンターの仕事を始めました。

 

—復職して苦労はありましたか?

クレームを処理したりすることもあったので、最初は大変だったのですが、慣れてくるようになってからだんだんクレームをもらわなくなってきたんです。

そこから他の人と自分を見比べて、仕事のやり方を意識的に工夫するようになっていきました。パートながら現場に提案するようにもなって。

提案したりすると、意見を拾ってくれる会社だったので。

 

(3) 転職、起業へ

 

その後、コールセンターの仕事で得たスキル・知識を活かして研修会社にインストラクターとして転職をしました。

最初のころは個人で研修講師をやっていたのですが、仕事にも慣れてきて油が乗ってきた矢先に、自分の行かせてもらっていたお客様のところに継続して行けなくなってしまいまして。すごくショックでした。

そんなことがあった頃から講師としてSNSを積極的に使い始めるようになっていて、交流会等も自主開催していたんですけど、そこで会った方に「仕事がなくなったんだ」という話をしたら、「仕事がないなら自分でつくっちゃいなよ」と言われて。

そこから自分の経験や強み等を整理していって個人で仕事をするようになりました。

 

—声をかけられて起業、という感じなんですね。

そうですね。最初は前の会社に居ながら個人で仕事を取っていたんですが。

個人での活動が2,3年続いた辺りで会社から「個人的にセミナーをやってもらっては困る」と言われたので、会社を立てることになりました。

中長期的な目途があったわけではないのですが、「とりあえずやってみよう」という感じでしたね。

 

 

 

12957158_1080156355383531_89053946_n

森川あやこ(もりかわ・あやこ) Officeアイム代表 スマイル幸師® 兵庫県生まれ、大阪府吹田市在住。高校在学中17歳の時に当時大人気だったTVドラマの映画化記念オーディションで78000人の応募者の中からグランプリとフォトジェニック賞をW受賞した元女優。神戸市交通局、神戸市営地下鉄全線開通記念キャンペーンガールとしてもポスターや記念イベント業務等で活躍。
その後、人材関連業界勤務を経験。結婚出産、就業ブランクを越え社会復帰したアルバイト先である大手コールセンターで電話オペレーターの中から応対品質、顧客解約阻止率のベストスコアをおさめ、「顔の見えない電話の世界での声だけでのファンづくり」にも成功する。その経験とノウハウを活かし大手研修会社所属企業研修講師として接客力アップ、管理者育成、応対品質向上、営業力・販売力向上、クレーム対応力アップ研修等を担当。現在はOfficeアイムの代表として「笑顔」「コミュニケーション」「表現力アップ」「チームワーク」に関わる講座・講演・研修を全国各地で開催する。参加した人が元気に笑顔に幸せになれる「わかる」だけではなく今日から「できる」ようになる参加型講演が好評を得ており、講演エージェント最大手の登録講師約8000人の講師の中からビジネス講演部門では人気講師ランキングで著名人が名を連ねる中、2011年より3年連続で人気講師ベスト10入りを果たしている。著書に『愛されるリーダーのための簡単コミュニケーション術』創芸社 がある。

 

 

 

仕事で工夫していること・考えていること(職業観・ポリシー)

 

(1)自分ならでは

 

プロの講師は年間2000人増えているので、競合が多いんですよね。

だから「自分ならでは」という部分を大切にしています。

私の主なお客様である建築、製造業の方々は男性なので、自分の「女性の部分」を強めに出すようにしていたり。

名刺もあえてピンクの色にしていますし。

 

(2)短時間で人間関係を構築する

 

主催者様やオーディエンスの皆様が聴きやすいように、短時間で人間関係を構築するということも大切にしています。

 

—短時間でとなると難しいイメージがあります。

壁を壊すのは良くなくて、「溶かしてほぐす」というイメージでやっています。

「春の日差しがやってきた」というイメージをもって接する、みたいな。

距離感には気を付けますが、よそよそしくならないようにもしています。

できる限り事前に主催者様やオーディエンスの皆様情報収集をしておくんです。

あえて会話のキャッチボールをして相手にも話してもらう。

 

(3)キーワードを仕込む

 

自分がブームをつくることを意識しています。

SNS等で流行りそうなキーワード・テーマを発信していって、関連した仕事の依頼が舞い込むように仕込んでいます。

「流行りそうなキーワード」を選別することは難しいですが、芸能界に以前いたこともあってひとよりはそこに敏感なのかもしれません。

講師は講演を手配する方に選ばれなければいけないわけですから。

「これからはこれが必要だ」ということを売っていく作業は大切なんですよね。

 

 

森川さんのような職種・業種を目指すために必要なスキル

 

(1)相手が聴きたい話をする

 

講師になるのは簡単で誰でもできるんですが、(講師を)選んで頂く方や聴いてくれる方がいなければならない。

だから自分がしたい話をするのではなく、「集まってくれる方にどんな話をするべきか」を考えなくてはいけませんよね。

一昔前の講師だと、「自分の経験談」を話していたのですが、今の一般的な講師は「集まってくれる方に対してどれだけ役に立てるか」を考えて話します。

相手のことを考えて自分の引き出しから話せる部分を出していくんです。

 

(2)すぐに答える

 

今は時代の速度が早く、色んなことがすぐに変わりますよね。

だから聞かれたことはすぐに答えるし、相談された仕事をやるかやらないかの判断もできるだけ早くします。

考える時間が長い人は向いてないかもしれないですね。

すぐやる、すぐ作る、というのが大切。

私は「完成よりも可能性」と言っていて、いつも心がけています。

 

—パーフェクトっていくら準備してもあり得ないですもんね。

修正と調整することを後からすれば良いわけですからね。

答えを出すまでの時間が長いとニーズがなくなってしまうかもしれないですから。

 

(3)気持ちの切り替え

 

意外だと思うんですけど、講師にはメンタルが弱い人が多いし、人見知りの人も多いんですよね。

でも、気持ちを切り替えるのは早い人がほとんどですね。

毎回が新しい挑戦ですからね。 反省はしても長く落ち込まないということが大切ですね。

自分のことを信じれないといけませんよね。

そういう意味ではナルシストでなければいけないかもしれません(笑)

 

(4)柔軟な対応

 

事前に聞いていた情報と当日の状況が違うなんてことはしょっちゅうあるんです。

「新入社員だと聞いていたのに社会人経験5年以上の人しかいない」場合なんかもありますし、マイクが使えないとか、資料がないとか。

そういった場面でも自分のパフォーマンスを出せるか、ということは大切です。

出たとこ勝負を楽しむことができる人は講師に向いていますよね。

 

 

森川さんのような職種・業種を目指す方々へのメッセージ

 

講師は誰でもできるので、是非なってほしいです!

自分の強みがあって人の役に立ちたいという方だったら誰でもなれます!

 

—仕事を両立したい主婦の方にもメッセージをお願い致します。

仕事を辞めてしまう方で一番多いのが、「家族・子育ての心配」なんですけど、そんな方も自分にできそうなことを書き出してみて、実際にやってみると、別の可能性が見つけ出せるはずです。

私も仕事に復帰して本当に良かったと思っています。

もしかしたら周囲に反対されるかもしれませんが、逆に復帰したことで周囲と良い関係になれることもあるんです。

私自身、「こんなに仕事大変だったんだな」って夫のことをより理解できるようになったり、夫からアドバイスしてもらったりしていますし。

「家族はハンデではなく、チーム」だと思うと心強くなるんです。

応援団が後ろについてると思ってチャレンジして頂きたいです。

普段はこういう質問を頂いた際には、主婦の方に「自分の居場所づくり」をするといいですよ、ということをアドバイスさせて頂いています。

子どもを産むという経験は、子育てで時間のない中で家事をやったりすることでもあるので、「短い時間で効率良く物事を進める」という能力が身に付くことになります。

それを活用することは企業・社会にとっても良いことですよね!

 

—ありがとうございました!

スポンサードリンク
image18

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH